【打ち間違いページ】ケマンソウの花言葉

誕生日にケマンソウの花を贈るのであれば、「ケマンソウの花言葉」を知った上でケマンソウを贈るべきです。そして同時に、ケマンソウの品種や花の情報なども詳しく調べるべきです。情報サイト誕プレでは、誕生日に贈る花として、ケマンソウがおすすめなのかをこのページでご紹介します。

「華鬘草(ケマンソウ)の花言葉」を知る前に、ケマンソウという花の流通名を知ろう!

ケマンソウという花の名前は、正式名称です。しかし、ケマンソウという名前は、花屋で最も使われている流通名ではありません。

日本においては、ケマンソウという名前は、どういうわけかあまり使われていません。情報サイト誕プレの考察では、ケマンソウを漢字で書いた時に華鬘草という漢字が、常用漢字ではないからだと思います。

また、ケマンソウという名前の由来は、華鬘(ケマン)という寺院などで花を飾るための装飾品に見立てて付けられたのですが、ほとんどの日本人は華鬘(ケマン)について知らないためだとも考えられます。

そのため、正式名称のケマンソウではなく、花の見た目重視でより親近感が湧く名前の流通名が使われるようになったのです。

ケマンソウという文字を打ち間違えてこのページに来た方も、ケマンソウという花の名前で記憶している方も、この機会にケマンソウの一般名称を学びましょう。

ケマンソウの花言葉は、以下のリンク先をご覧下さい。

ケマンソウの流通名は、鯛釣草(タイツリソウ)と言います。そのため、ケマンソウの花言葉を知りたい場合、一般名称の鯛釣草の花言葉のページをご覧下さい。

シェアする