旧友やお世話になっている人に贈りたい金柑の花言葉

誕生日に金柑の花を贈ったり、誕生日プレゼントに金柑の花を添えようと考えているなら、「金柑の花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、金柑の花言葉は2語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、金柑の花言葉以外にも、金柑の花について詳しい情報を掲載しています。つまり、金柑の花の色や花の品種、金柑の英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「金柑の花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

金柑(きんかん)の花言葉

金柑の花言葉は2種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

金柑の花言葉は、感謝の花言葉

【1】金柑の花言葉思い出
【2】金柑の花言葉感謝

金柑の花言葉は、金柑の花が日本に広まったのは後述する清の難破した船を日本が助けたことに由来し「感謝」の意味を持ち、また金柑は砂糖漬けなどにして食べたりするので、甘いものが好きだった子供時代を思い出し「思い出」といった意味を持ちます。

久しぶりに会った旧友やお世話になっている人に、金柑と一緒に贈るのがピッタリな花言葉と言えるでしょう。

金柑以外の花言葉を調べたい場合

金柑の花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクから金柑の花言葉以外の花言葉を調べることができます。

金柑という植物について

金柑という植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

キンカン属という生物分類に属している金柑

金柑の画像 ByTesla Aldrich

金柑は中国原産のミカン科の植物です。

日本では1828年、清の船が日本で難破した際に助けたお礼として金柑の砂糖漬けが贈られ、その種を撒いたことが広まった始まりです。

金柑の果実は2~3cmほどと蜜柑より小さいですが、柑橘類で最も栽培が簡単で皮ごと食べれるのが特徴です。

酸味が強い中に甘みがあり、ビタミンが豊富で風邪予防にもなりますし、生だと酸っぱい方には砂糖漬け、ジャム、砂糖煮、金柑の甘露煮、はちみつ漬け、マーマレードなど色々アレンジして食べることも出来ます。1月~3月頃が収穫時期でこの頃によく流通しており、おせち料理にも用いられます。宮崎県や鹿児島県が有名な山地です。

誕生日の花としての金柑

金柑は、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えて金柑の花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、金柑以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日の金柑以外の誕生花を調べてください。

金柑の英語と名前の由来

金柑の英語とその英語の由来、また金柑の和名とその和名の由来をご紹介致します。

金柑は英語でkumquat。その言葉の由来とは?

金柑を広東語で読むと「カムクァト」と呼びます。その呼び名を英語で読んだkumquatが英名となりました。

金柑の和名は、金柑(きんかん)。その言葉の由来とは?

その名の通り果実が金色の柑橘類(かんきつるい)から頭文字を取り、金柑(きんかん)となりました。

金柑の花の色や形や開花時期

金柑の花の画像 Bymiheco

金柑の花は5月頃、7月~8月、10月と年に3回咲きます。夏が最も開花時期で4~5日咲いては10日後にまた咲く、といったことを3~4回繰り返します。花は2~3cmほどで5弁花の白色です。

金柑の概要

名称金柑
学名Fortunella
和名金柑(きんかん)
その他の名前金橘(きんきつ)
科名ミカン科
属名キンカン属
分類果樹
原産地中国
丈(高さ)2m以上
強い
普通
栽培難易度初級者向け
開花時期5月、7月~8月、10月

※この金柑の花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする