紅花(ベニバナ)の花言葉は大切な人向けの3つの言葉

誕生日に紅花の花を贈ったり、誕生日プレゼントに紅花の花を添えようと考えているなら、「紅花の花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、紅花の花言葉は3語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、紅花の花言葉以外にも、紅花の花について詳しい情報を掲載しています。つまり、紅花の花の色や花の品種、紅花の英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「紅花の花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

紅花(ベニバナ)の花言葉

紅花の花言葉は3種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

紅花の花言葉は、大切な人に贈りたい言葉

【1】紅花の花言葉包容力
【2】紅花の花言葉特別な人
【3】紅花の花言葉愛する力

紅花の花言葉は3つありますが、「特別な人」という花言葉が、彼氏や彼女などの大切な人に贈りたい花言葉です。非常に使いやすい良い言葉なので、この花言葉を贈られた人は間違いなく喜ぶでしょう。

また、「愛する力」や「包容力」といった花言葉も大切な相手にこそ贈ると良い素敵な花言葉です。

紅花以外の花言葉を調べたい場合

紅花の花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクから紅花の花言葉以外の花言葉を調べることができます。

紅花という植物について

紅花という植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

ベニバナ属という生物分類に属している紅花

紅花畑の画像 By Steve Corey

紅花とは、山形県の県花

紅花は様々なものに利用されています。養命酒などには生薬として利用されていたり、サラダ油として紅花油が利用されていたり、口紅の染料にも利用されたりします。

誕生日の花としての紅花

紅花は、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えて紅花の花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、紅花以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日の紅花以外の誕生花を調べてください。

紅花の英語と名前の由来

紅花の英語とその英語の由来、また紅花の和名とその和名の由来をご紹介致します。

紅花は英語でSafflower(サフラワー)。その言葉の由来とは?

今も昔もサフランは高級品です。そのため、昔は、その代用として紅花が使われていました。そのことから、 saffron(サフラン)の代わりのflower(花)ということで、safflowerという英名になりました。

ちなみに、日本では紅花から採れた油を紅花油と言いますが、海外ではSafflower oil(サフラワー油)と言います。

紅花の和名は、紅花(べにばな)。その言葉の由来とは?

紅花の花は咲き始めは黄色ですが、次第に紅色っぽい色に変化していきます。染料としてこの紅色が使われていたため、紅花という名前になりました。

紅花の花の色や形や開花時期

紅花(ベニバナ)の画像 By CGWF

紅花の花は、枝先に咲きます。色は最初は鮮やかな黄色で、次第にオレンジ色や紅色に変わります。開花時期は6月~7月です。

紅花の概要

名称ベニバナ
学名Carthamus tinctorius
和名紅花(ベニバナ)
その他の名前末摘花(スエツムハナ)、呉藍(クレノアイ)
科名キク科
属名ベニバナ属
分類草花
原産地エジプト
丈(高さ)1m程度
強い
普通
栽培難易度初級者向け
開花時期6~7月頃

※この紅花の花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする