ギョリュウバイの花言葉は結婚したばかりの人に贈りたい言葉

誕生日にギョリュウバイ(御柳梅・魚柳梅)の花を贈ったり、誕生日プレゼントにギョリュウバイの花を添えようと考えているなら、「ギョリュウバイの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、ギョリュウバイの花言葉は2語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、ギョリュウバイの花言葉以外にも、ギョリュウバイの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、ギョリュウバイの花の色や花の品種、ギョリュウバイの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「ギョリュウバイの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

ギョリュウバイの花言葉

ギョリュウバイの花言葉は2種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

【1】ギョリュウバイの花言葉蜜月
【2】ギョリュウバイの花言葉濃厚な愛

ギョリュウバイの花言葉は、結婚したばかりの人に贈ると良い言葉

ギョリュウバイの花言葉の「蜜月」とは、結婚して間もない頃という意味です。結婚して間もない頃は、同じく「濃厚な愛」という花言葉も適しており、新婚向けの人への贈りたい花言葉です。

ギョリュウバイ以外の花言葉を調べたい場合

ギョリュウバイの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからギョリュウバイの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

ギョリュウバイという植物について

ギョリュウバイという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

レプトスペルマム属という生物分類に属しているギョリュウバイ

ギョリュウバイの画像 By Sid Mosdell

ギョリュウバイは、レプトスペルマム属の植物なので、単にレプトスペルマムと呼ばれることもある植物。

オーストラリアやニュージーランドが原産の花で、ニュージーランドの国花としても知られています。オーストラリアやニュージーランドでは、蜂がギョリュウバイの花の蜜を吸うことが知られており、ハチミツの蜜源になっている花です。

誕生花としてのギョリュウバイ

ギョリュウバイは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてギョリュウバイの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、ギョリュウバイ以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のギョリュウバイ以外の誕生花を調べてください。

ギョリュウバイの英語と名前の由来

ギョリュウバイの英語とその英語の由来、またギョリュウバイの和名とその和名の由来をご紹介致します。

ギョリュウバイは英語でManuka。その言葉の由来とは?

ギョリュウバイのことを、マオリ語(ニュージーランドのマオリ族が使う言語)でManuka(マヌカ)と呼んでいたのが、英語名の由来です。

ギョリュウバイの和名は、御柳梅(ぎょりゅうばい)。その言葉の由来とは?

ギョリュウバイは漢字で書くと御柳梅です。見た目が御柳(檉柳)という植物に似ており、また、花がのようなのでこの和名になったのが由来です。ちなみに、魚柳梅と書く場合もあります。

ギョリュウバイの花の色や形や開花時期

ギョリュウバイの花の画像 By Forest and Kim Starr

ギョリュウバイの花は、その名の如く、ウメの花に似ています。花の色は、赤色やピンク色や白色など。開花時期は種類によりますが、2月~5月頃です。

ギョリュウバイの概要

名称ギョリュウバイ
学名Leptospermum scoparium
和名ギョリュウバイ(魚柳梅・御柳梅)
その他の名前Manuka(マヌカ)、TeaTree(ティーツリー)、レプトスペルマム
科名フトモモ科
属名レプトスペルマム属
分類庭木、花木
原産地オーストラリア、ニュージーランド、タスマニア
丈(高さ)30cm~4m程度
やや弱い
強い
栽培難易度やや初級者向け
開花時期2~5月頃(種類による)

※このギョリュウバイの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする