ブーゲンビリアの花言葉は是非恋人に向けて贈りたい言葉

誕生日にブーゲンビリアの花を贈ったり、誕生日プレゼントにブーゲンビリアの花を添えようと考えているなら、「ブーゲンビリアの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、ブーゲンビリアの花言葉は3語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、ブーゲンビリアの花言葉以外にも、ブーゲンビリアの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、ブーゲンビリアの花の色や花の品種、ブーゲンビリアの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「ブーゲンビリアの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

ブーゲンビリアの花言葉

ブーゲンビリアの花言葉は3種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

ブーゲンビリアの花言葉は、恋人に贈るのにピッタリな言葉

【1】ブーゲンビリアの花言葉情熱
【2】ブーゲンビリアの花言葉熱心
【3】ブーゲンビリアの花言葉あなたしか見えない

ブーゲンビリアの花言葉は、「情熱」「熱心」「あなたしか見えない」です。

鮮やかな花色や咲き方、太陽のもとに咲くことなどから由来しています。

どれも恋人に是非贈りたい言葉ばかりです。贈ると必ず喜んでくれるでしょう。

ブーゲンビリア以外の花言葉を調べたい場合

ブーゲンビリアの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからブーゲンビリアの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

ブーゲンビリアという植物について

ブーゲンビリアという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

ブーゲンビリア属という生物分類に属しているブーゲンビリア

ブーゲンビリアの画像 Bymauroguanandi

ブーゲンビリアはオシロイバナ科の熱帯性の低木で、中南米の熱帯に生息しています。

熱帯性の植物なので、暑さに強く、日光を好みます。熱帯地方では普通に生息していたり、生け垣や、壁面、棚作りやアーチに使われます。

つる性で赤やピンクを主に、鮮やかな色の苞を咲かせ、(中心にある筒のようなものが花です。)棘があることから、上品さを感じられますが、香りはありません。

ブーゲンビリアは花が落ちてしまい、少ない葉になってしまいますが、栽培の仕方や気温によっては年に数回、または通年を通して花が咲きます。

誕生日の花としてのブーゲンビリア

ブーゲンビリアは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてブーゲンビリアの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、ブーゲンビリア以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のブーゲンビリア以外の誕生花を調べてください。

ブーゲンビリアの英語と名前の由来

ブーゲンビリアの英語とその英語の由来、またブーゲンビリアの和名とその和名の由来をご紹介致します。

ブーゲンビリアは英語でBougainvillea。その言葉の由来とは?

由来は2つあります。1つはフランス人の航海者、探検家、Louis Antoine de Bougainvilleがブラジルで、ブーゲンビリアの花を発見したことにちなんでつけられたこと、また同乗していたPhilibert Commerçonが、艦長のLouis Antoine de Bougainvilleの名前をつけたということ。このことからBougainvilleaの名前になりました。

ブーゲンビリアの和名は、筏葛(いかだかずら)。その言葉の由来とは?

苞を筏に見立てて、中心の筒の花を船頭に例えたことから、筏葛(いかだかずら)となりました。はつる性植物のためです。

ブーゲンビリアの種類について

ブーゲンビリアの中で、有名な品種は以下の通りです。

グラブラ

ブーゲンビリア・グラブラの画像 ByJames St. John

ブラジル原産の園芸品種の1つです。棘が太く、葉につやがあります。サンデリアナという種が全体にがっつり花が咲くので、人気があります。

スペクラビリス

ブーゲンビリア・スペクタビリスの画像 ByJoão Medeiros

曲がった棘がつき、見た目はグラブラに似ています。

バッティアナ

ブーゲンビリア・バッティアナの画像 ByForest and Kim Starr

グラブラとペルビアナという交配種で、苞が大きいです。

ガーデン・ブーケンビリア

木立性で鉢植えに向きます。

ブーケンビリア・ブライダルブーケ

八重咲きの種で、色は外から、薄いピンク、白、緑と変化していきます。名前の通りブライダルブーケにピッタリです。

ブーケンビリア・ピンクレディ

こちらもプライダルブーケに似ていますが、ピンクが少し強いので、よりグラデーションを感じられます。

ブーケンビリア・ブライダルピンク

ブライダルブーケに共通する、ピンクと白のコントラストが特徴です。

ブーゲンビリアの花の色や形や開花時期

ブーゲンビリアの花の画像 Bydigital cat

花に見える部分は苞で、赤色やピンク、黄色、白、紫などの薄い質感の苞がつきます。花は中心の筒状とされていますが、こちらも萼とされています。品種によっては、八重咲きや斑入りもあります。開花時期は5月~10月ですが、栽培条件により複数回咲くものや、通年咲く場合もあります。

ブーゲンビリアの概要

名称ブーゲンビリア
学名Bougainvillea
和名筏葛(いかだかずら)
その他の名前ブーゲンビレア
科名オシロイバナ科
属名ブーゲンビリア属
分類熱帯植物
原産地中南米
丈(高さ)50cm~3m
強い
やや弱い
栽培難易度やや初級者向け
開花時期5月~10月

※このブーゲンビリアの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする