【7/26生まれ必見】7月26日の誕生花は全部で5種類

日光の日として有名な7月26日の誕生花はマダガスカルジャスミン、ニガヨモギ、ハルシャギク、ブーゲンビリア、ピンク色のラークスパーの5種類です。誕生花は国や地域によって異なりますが、日本における一般的な7月26日の誕生花をご紹介しています。このページでは、マダガスカルジャスミン、ニガヨモギ、ハルシャギク、ブーゲンビリア、ピンク色のラークスパーがどのような花なのか、そして誕生日プレゼントとして適しているのかを情報サイト誕プレが考察した結果を記載しています。また、7月26日のそれぞれの誕生花における花言葉やより詳しい花の情報が書かれたページへのリンクもありますので、気になる花があればご覧下さい。

【7月26日の誕生花】マダガスカルジャスミン

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

マダガスカルジャスミンの花の画像 ByForest and Kim Starr

7月26日の誕生花の1つは、マダガスカルジャスミンです。

毒を持っていますが、観賞用として人気があったり、持っている花言葉も白い花から清楚ですので悪くはありませんよ。

※マダガスカルジャスミンに関する詳しい内容は、マダガスカルジャスミンの花言葉のページをご覧下さい。

【7月26日の誕生花】ニガヨモギ

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

ニガヨモギの花の画像 ByEttore Balocchi

7月26日の誕生花の1つは、ニガヨモギです。

ヨモギに似たニガヨモギはお酒などとしても飲まれます。花は道端に生えてそうな印象です。ただ、花言葉が良くないので誕生花としてはおすすめできません。

※ニガヨモギに関する詳しい内容は、ニガヨモギの花言葉もページをご覧下さい。

【7月26日の誕生花】ハルシャギク

情報サイト誕プレおすすめ度★★★☆☆ (5段階評価中3[普通])

ハルシャギクの花の画像 ByVivek Yadav

7月26日の誕生花の1つは、ハルシャギクです。

春から夏にかけてハルシャギクは咲きます。花言葉も花姿同様、陽気で明るい意味を持っており、誕生花には向いていると言えます。

※ハルシャギクに関する詳しい内容は、ハルシャギクの花言葉のページをご覧下さい。

【7月26日の誕生花】ブーゲンビリア

情報サイト誕プレおすすめ度★★★★★ (5段階評価中5[素晴らしい])

ブーゲンビリアの花の画像 Bydigital cat

7月26日の誕生花の1つは、ブーゲンビリアです。

花色、品種も多く、カップル、夫婦間の誕生花に非常に向いているブーゲンビリアは見た目から、特に男性から女性へが良いといえます。花束で贈りましょう。

※ブーゲンビリアに関する詳しい内容は、ブーゲンビリアの花言葉のページをご覧下さい

【7月26日の誕生花】ラークスパー(ピンク色の花限定)

情報サイト誕プレおすすめ度★★★★☆ (5段階評価中4[良い])

ピンク色のラークスパーの画像

 

7月26日の誕生花の1つは、ラークスパーです。

花束だと綺麗で明るい意味を持っているラークスパーですが、開花時期は6月遅くても7月上旬です。

※ラークスパーに関する詳しい内容は、ラークスパーの花言葉のページをご覧下さい

情報サイト誕プレが7月26日の誕生花が誕生日プレゼントに合う花なのか評価した結果

7月26日の誕生花の中には、プレゼント用の花が存在します

花束ならブーゲンビリア、切り花、鉢植えならハルシャギクがおすすめといえます。

※7月26日以外の誕生花は、365日の誕生花の一覧をご覧下さい。

情報サイト誕プレおすすめ度について

7/26の全ての誕生花には、「情報サイト誕プレおすすめ度」という星5つ~星1つの5段階で評価された表があります。この評価は、以下の要因をもとに算出した内容になります。

  • 花の見た目…「見栄えが良い花なのか、見栄えが良くない花なのか」を評価の要因にしています。花束として贈ることができる花は気軽に贈れるため評価は高く、鉢植えの場合は評価は低めにしています。
  • 開花時期…「7月26日が花の開花時期に含まれているか」を鉢植えの場合は評価の要因にしています。花束として贈ることができる花の場合は、ハウス栽培をしている花であれば開花時期については考慮していません。
  • 花言葉…「その花が持つ花言葉が良い意味なのか、悪い意味なのか」を評価の要因にしています。

シェアする