白粉花(オシロイバナ)の花言葉は臆病な意味の言葉

誕生日にオシロイバナの花を贈ったり、誕生日プレゼントにオシロイバナの花を添えようと考えているなら、「オシロイバナの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、オシロイバナの花言葉は3語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、オシロイバナの花言葉以外にも、オシロイバナの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、オシロイバナの花の色や花の品種、オシロイバナの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「オシロイバナの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

白粉花(オシロイバナ)の花言葉

オシロイバナの花言葉は3種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

オシロイバナの花言葉は、臆病な言葉

【1】オシロイバナの花言葉臆病
【2】オシロイバナの花言葉内気
【3】オシロイバナの花言葉小心

オシロイバナの花言葉は「臆病」と「内気」と「小心」という言葉です。

オシロイバナは夕方に咲き、翌朝に閉じてしまいます。この様子が人目を避けているように見えるので、「臆病」や「内気」や「小心」のような控えめな言葉が生まれました。

人に贈る花言葉としては適していないので、オシロイバナの花を贈る時は花言葉に気をつけましょう。

オシロイバナ以外の花言葉を調べたい場合

オシロイバナの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからオシロイバナの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

オシロイバナという植物について

オシロイバナという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

オシロイバナ属という生物分類に属しているオシロイバナ

オシロイバナの画像 ByLeonora Enking

オシロイバナは、微かな芳香がする花を咲かせる植物。日本には江戸時代に伝わり、観賞用として人気があります。

日中は完全に開花せず、夕方頃に花が咲くという特徴があります。ちなみに、よく似た花に夕化粧(ゆうげしょう)という花がありますが、別の花なので間違えないようにしましょう。

また、オシロイバナは黒い実を実らせます。その実を割ると白い粉が出てくるのですが、この粉は、現在のファンデーションに当たる白粉(おしろい)として使われていました。現代でもパウダーの代わりや遊びに使われることがあります。

そんなオシロイバナですが、毒があることが知られています。毒は、草や根や種にあるのですが、嘔吐や下痢を引き起こすので口にはしないよう注意して下さい。

誕生日の花としてのオシロイバナ

オシロイバナは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてオシロイバナの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、オシロイバナ以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のオシロイバナ以外の誕生花を調べてください。

オシロイバナの英語と名前の由来

オシロイバナの英語とその英語の由来、またオシロイバナの和名とその和名の由来をご紹介致します。

オシロイバナは英語でmarvel of Peru。その言葉の由来とは?

オシロイバナは、ペルーなどの南米が原産の植物。オシロイバナは1本の茎からたくさんの花色の花が咲き、それをmarvel of Peru(ペルーの驚異)と例えたのが英名の語源です。

オシロイバナの和名は、白粉花(おしろいばな)。その言葉の由来とは?

オシロイバナの果実を割ると、白い粉がでてきます。その粉が白粉(おしろい)に使われたことから、白粉花(おしろいばな)と呼ばれるようになりました。

オシロイバナの花の色や形や開花時期(季節)

オシロイバナの花の画像 ByDenis Bourez

オシロイバナは、3cm程の色とりどりの花を咲かせます。花の色は、赤色、オレンジ色、黄色、ピンク色、白色など。花びらに見える部分は、正確には萼に当たります。開花時期は、6月~10月なので梅雨~秋の花だと言えるでしょう。

オシロイバナの概要

名称オシロイバナ
学名Mirabilis jalapa
和名白粉花(おしろいばな)
その他の名前フォーオクロック
科名オシロイバナ科
属名オシロイバナ属
分類草花
原産地ペルーなど
丈(高さ)30cm~100cm
強い
普通
栽培難易度やや初級者向け
開花時期6月~10月

※このオシロイバナの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする