サラサドウダンの花言葉はこれからの未来を表した前向きな言葉

誕生日にサラサドウダンの花を贈ったり、誕生日プレゼントにサラサドウダンの花を添えようと考えているなら、「サラサドウダンの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、サラサドウダンの花言葉は2語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、サラサドウダンの花言葉以外にも、サラサドウダンの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、サラサドウダンの花の色や花の品種、サラサドウダンの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「サラサドウダンの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

サラサドウダンの花言葉

サラサドウダンの花言葉は2種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

サラサドウダンの花言葉は、明るい言葉です

【1】サラサドウダンの花言葉喜びあふれ
【2】サラサドウダンの花言葉明るい未来

サラサドウダンの花言葉は「喜びあふれ」「明るい未来」です。

例えば進学や就職をして新しい環境が待っている人に贈ると喜んでもらえる言葉でしょう。

結婚、出産をした人にも贈ると良い言葉です。

サラサドウダン以外の花言葉を調べたい場合

サラサドウダンの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからサラサドウダンの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

サラサドウダンという植物について

サラサドウダンという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

ドウダンツツジ属という生物分類に属しているサラサドウダン

ドウダンツツジの画像 ByJoe Mabel

サラサドウダンはツツジ科の樹木で、サラサドウダンツツジとも言います。北海道南部、本州の近畿地方以東、四国を原産とし、成長しても5mほどの大きさで、5cmほどの葉に小さな毛がつきます。

花は夏を感じさせる淡い黄色とピンク色のグラデーションで、実がなっているように、膨らんで下向きに咲かせます。そして秋には紅葉するので、春の暮れ~秋にかけて鑑賞して楽しめます。

誕生日の花としてのサラサドウダン

サラサドウダンは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてサラサドウダンの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、サラサドウダン以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のサラサドウダン以外の誕生花を調べてください。

サラサドウダンの英語と名前の由来

サラサドウダンの英語とその英語の由来、またサラサドウダンの和名とその和名の由来をご紹介致します。

サラサドウダンは英語でFurin tsutsuji。その言葉の由来とは?

サラサドウダンの別名は風鈴躑躅(ふうりんつつじ)と言い、それを英名にしたFurin tsutsujiが英名となりました。

サラサドウダンの和名は、更紗灯台(さらさどうだん)。その言葉の由来とは?

花の形がドウダンツツジに似ていて、花の模様がインドの文様染めの更紗というのに似ていることから、更紗灯台(さらさどうだん)となりました。

サラサドウダンの種類について

サラサドウダンの中で、有名な品種は以下の通りです。

ドウダンツツジ

ドウダンツツジはこちらを参考に御覧ください。

ベニサラサドウダン

ベニサラサドウダンの画像

ベニサラサドウダンツツジともいい、サラサドウダンより花の赤みが強く、高地に生息しています。

サラサドウダンの花の色や形や開花時期

サラサドウダンの花の画像 ByJoe Mabel

花の先に赤色、下部に淡い黄色のグラデーションで、膨らんだ花を下向きにたくさん咲かせます。開花時期は4月~5月頃です。

サラサドウダンの概要

名称サラサドウダン
学名Enkianthus campanulatus
和名更紗灯台(さらさどうだん)
その他の名前風鈴躑躅(ふうりんつつじ)
科名ツツジ科
属名ドウダンツツジ属
分類落葉低木
原産地北海道南部、本州(近畿地方以東)、四国
丈(高さ)2m~5m
弱い
強い
栽培難易度初級者向け
開花時期4月~5月

※このサラサドウダンの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする