ミソハギの花言葉は、悲しき意味の2つの言葉

誕生日にミソハギの花を贈ったり、誕生日プレゼントにミソハギの花を添えようと考えているなら、「ミソハギの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、ミソハギの花言葉は2語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、ミソハギの花言葉以外にも、ミソハギの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、ミソハギの花の色や花の品種、ミソハギの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「ミソハギの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

禊萩(ミソハギ)の花言葉

ミソハギの花言葉は2種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

ミソハギの花言葉は、悲しい言葉

【1】ミソハギの花言葉悲哀
【2】ミソハギの花言葉慈悲

ミソハギの花言葉は、「悲哀」と「慈悲」の2つの花言葉です。

お盆に献花する花として、亡くなった人を偲ぶ気持ちを表した花言葉なので、悲しみに溢れた花言葉ばかりです。そのため、人に贈る花言葉としては避けた方が良いでしょう。

ミソハギ以外の花言葉を調べたい場合

ミソハギの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからミソハギの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

ミソハギという植物について

ミソハギという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

ミソハギ属という生物分類に属しているミソハギ

ミソハギの画像 Byt-mizo

ミソハギは、湖や田んぼや小川沿いなど比較的湿った所で見かける機会の多い植物

古くから伝わる風習に関連があり、例えば厄払いの禊(みそぎ)に使われたり、玄関の前にミソハギを置いて先祖を迎える催事などに使ってきました。お盆の花として認知されており、精霊棚の飾りに用いられます。

誕生日の花としてのミソハギ

ミソハギは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてミソハギの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、ミソハギ以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のミソハギ以外の誕生花を調べてください。

ミソハギの英語と名前の由来

ミソハギの英語とその英語の由来、またミソハギの和名とその和名の由来をご紹介致します。

ミソハギは英語でRuth Stripe。その言葉の由来とは?

ミソハギの英語表記はRuth Stripeですが、この表現はあまり使われておらず、学名のLythrum ancepsと呼ばれる方が多いです。

Lythrumとはミソハギ属を指すのですが、元々は、ミソハギの花の色をギリシャ語で血を意味するLythronに例えたのが由来です。※ancepsは、ミソハギの茎から真横に咲く花の見た目を指した言葉です。

ミソハギの和名は、禊萩(みそはぎ)。その言葉の由来とは?

昔、ミソハギは厄払いの禊によく使われていました。そのため、禊萩(みそはぎ)という風に呼ばれるようになりました。

ミソハギの花の色や形や開花時期

ミソハギの花の画像 Bydacheket

ミソハギの花は、ピンク色(濃い紅紅色のようにも見える)の花。1cm程度の大きさの花が、穂状になって咲きます。開花時期は7月~9月になります。

ミソハギの概要

名称ミソハギ
学名Lythrum anceps
和名禊萩(みそはぎ)
その他の名前盆花(ボンバナ)、精霊花(ショウリョウバナ)
科名ミソハギ科
属名ミソハギ属
分類草花
原産地日本、朝鮮半島
丈(高さ)1m~2m程度
強い
強い
栽培難易度初級者向け
開花時期7月~9月

※ミソハギのページは情報サイト誕プレ調べによるものです。

シェアする