綿(コットン)の花言葉は、能力を評価する時に贈る言葉

誕生日に綿の花を贈ったり、誕生日プレゼントに綿の花を添えようと考えているなら、「綿の花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、綿の花言葉は4語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、綿の花言葉以外にも、綿の花について詳しい情報を掲載しています。つまり、綿の花の色や花の品種、綿の英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「綿の花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

綿(ワタ)の花言葉

綿の花言葉は4種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

【1】綿の花言葉優秀
【2】綿の花言葉偉大
【3】綿の花言葉有用
【4】綿の実の花言葉有益

綿自体の花言葉は、能力を評価する言葉

綿の花言葉は、「優秀」や「偉大」や「有用」という言葉です。綿という植物が、衣類として私達の生活を支えているため、綿に敬意を払い作られたのが、これらの綿の花言葉なのです。

「優秀」や「偉大」や「有用」という言葉は、優秀な上司や部下に贈る言葉として良い言葉です。能力を評価しているという気持ちを、花言葉に変えて贈ると良いでしょう。

※綿の花言葉は、綿自体に共通している言葉と、綿の実に対する花言葉が分かれていますが、共に綿の能力を花言葉として表現した言葉だと言えます。

綿の実の花言葉

綿の実が弾けてできる衣類の素材の綿は、我々の生活に、莫大な恩恵を与えてきました。この綿の有用性を表現した言葉、つまり「有益」という言葉が、綿の実の花言葉です。

「有益」という言葉は良い意味の言葉なので、「仕事上、有益な関係でいてくれてありがとう」などの言葉と共に、取引先や仕事関係者に贈る花言葉として良いと思います。

綿以外の花言葉を調べたい場合

綿の花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクから綿の花言葉以外の花言葉を調べることができます。

綿という植物について

綿という植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

ワタ属という生物分類に属している綿

綿の画像 ByDavid Stanley

綿とは、世界中の人達にとって馴染み深い植物です。綿から取れる綿(コットン)は、衣類や布団の原料に使われています。きっと、あなたの洋服にも、綿の繊維が使われているでしょう。

綿は平安時代に日本に伝わり、栽培されるようになりました。綿をどのように採取するか知らない人も多いと思いますが、9月~10月頃に果実を実らせ、その果実が破裂することによって綿が得られます。その光景が、上の画像。つまり、そのまま綿が採取できるのです。

綿の色は白色が一般的ですが、中には茶色、青色、緑色のものもあります。肌触りが良く、柔らかく通気性があるため、人間にとって掛け替えのない植物が綿なのです。

ちなみに、綿が弾けた物をコットンボールと呼びます。このコットンボールは、花と共に、観賞用としても使われます。

誕生日の花としての綿

綿は、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えて綿の花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、綿以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日の綿以外の誕生花を調べてください。

綿の英語と名前の由来

綿の英語とその英語の由来、また綿の和名とその和名の由来をご紹介致します。

綿は英語でcotton。その言葉の由来とは?

綿は、アラブ人がインドからヨーロッパに輸出したのが始まり。アラビア語で綿花を意味するqutunがフランスに伝わり、英語ではcottonに変わったのが綿の英語の由来です。

綿の和名は、綿(わた)。その言葉の由来とは?

腸のことを、「はらわた」や「わた」と読みますが、衣類の中に綿の毛を詰める様子を腸に見立てたことから、綿(わた)と呼ぶようになったのが和名の由来です。

綿の花の色や形や開花時期

綿の花の画像 ByKumar’s Edit

綿の花は、淡い黄色をした花で、中心部分が赤黒くくすんでいます。花びらは5枚で、渦を巻いたような形状をしています。

開花時期は7月~9月頃になります。

綿の概要

名称綿
学名Gossypium
和名綿(わた)
その他の名前コットン
科名アオイ科
属名ワタ属
分類草花
原産地アジア圏、中南米(但し、熱帯地域か亜熱帯地域限定)
丈(高さ)60cm~150cm
強い
弱い
栽培難易度中級者向け
開花時期7月~9月頃

※この綿の花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする