心が通じた時にこそ贈りたいススキの花言葉

誕生日にススキの花を贈ったり、誕生日プレゼントにススキの花を添えようと考えているなら、「ススキの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、ススキの花言葉は1語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、ススキの花言葉以外にも、ススキの花について詳しい情報を掲載しています。ススキの花の色や花の品種、ススキの英語での呼び方や名前の由来などです。情報サイト誕プレでは、「ススキの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

ススキの花言葉

ススキの花言葉は1種類のみです。詳しい内容を見ていきましょう。

ススキの花言葉は言葉が通じた時に贈るべき言葉

【1】ススキの花言葉心が通じる

ススキの花言葉は「心が通じる」という言葉のみです。

この花言葉は非常に良い意味なので、人に贈りやすい花言葉だと思います。何だか最近落ち込んでいて元気が無い人や、仲が深まった人など色々な人に贈ることができます。特に友達や家族に贈ると良い花言葉です。

ススキ以外の花言葉を調べたい場合

ススキの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからススキの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

ススキという植物について

ススキという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

ススキ属という生物分類に属しているススキ

ススキの画像 By ume-y

ススキとは、秋の七草の1つに数えられる有名な植物。十五夜(旧暦8月15日)と言えば、お月見とススキとお餅といった感じで、日本人にとって馴染み深い植物と言えます。

ススキは秋の風物詩として鑑賞することが多く、日本には数多くのススキが見られる名所があります。

関東で言えば、箱根(仙石原すすき草原)は絶好の観光スポット。一面に広がる銀色のススキは見事なものです。

関西で言えば、兵庫(砥峰高原)や奈良(曽爾高原)も素晴らしい観光スポットだと思います。特に夕日もしくは朝日をバックにしてススキを見るのが良いと思います。

誕生日の花としてのススキ

ススキは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてススキの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、ススキ以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のススキ以外の誕生花を調べてください。

ススキの英語と名前の由来

ススキの英語とその英語の由来、またススキの和名とその和名の由来をご紹介致します。

ススキは英語でJapanes silver grass。その言葉の由来とは?

ススキは日本が原産の植物。その色がまるで銀色のように見えることから、「日本原産の銀色の草」という意味のJapanese silver grassという英名になりました。

ススキの和名は、(すすき)。その言葉の由来とは?

ススキは、すくすく育つ植物です。その「すくすく」という言葉が変化し、「すすき」という和名になりました。

ススキの種類

ススキの中で有名な品種は以下の通りです。

鷹の羽薄(タカノハススキ)

タカノハススキの画像 By Quinn Dombrowski

タカノハススキは、葉に白い斑点や黄色い斑点が入ったススキ。斑点という特徴以外には、一般的なススキとの大きな違いはありません。

ちなみに英語ではZebra grassと呼ばれており、まるでシマウマのような模様が入っているという認識をされています。

ハチジョウススキ

ハチジョウススキは、一般的なススキよりも茎が太いという特徴があるススキです。少し太いと感じるススキの多くは、ハチジョウススキだと思って問題ありません。

ススキの花の色や形や開花時期(季節)

ススキの花の画像 By 영철 이

ススキは、枝分かれした枝に多数の小さな花を咲かせます。花の色は白色で、その無数の白い様は晩秋にぴったりな風情です。すすきの開花時期は9月~10月なので、秋~晩秋の季節の花だと言えるでしょう。

ススキの概要

名称ススキ
学名Miscanthus sinensis
和名すすき(薄)
その他の名前尾花(オバナ)、茅(カヤ)
科名イネ科
属名ススキ属
分類山野草
原産地日本、中国、台湾、朝鮮半島
丈(高さ)1m~2m程度
強い
強い
栽培難易度初級者向け
開花時期9月~10月

※ススキのページは「情報サイト誕プレ調べ」によるものです。

シェアする