金木犀(キンモクセイ)の花言葉は人に贈ると良い言葉

誕生日に金木犀の花を贈ったり、誕生日プレゼントに金木犀の花を添えようと考えているなら、「金木犀の花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、金木犀の花言葉は4語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、金木犀の花言葉以外にも、金木犀の花について詳しい情報を掲載しています。つまり、金木犀の花の色や花の品種、金木犀の英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「金木犀の花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

金木犀(キンモクセイ)の花言葉

金木犀の花言葉は4種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

金木犀の花言葉は、良い意味の言葉

【1】金木犀の花言葉謙虚
【2】金木犀の花言葉謙遜
【3】金木犀の花言葉気高い人
【4】金木犀の花言葉陶酔

金木犀の花言葉には、「謙虚」や「謙遜」という言葉があります。

これらの花言葉は、腰が低い人への褒め言葉になるので、そういった点を褒めたいという相手に贈ると良いでしょう。

そして、金木犀の花言葉には、「気高い人」という言葉もあります。

強い香りのわりに控えめな印象の花であり、短い期間で一斉に花が散ることから「気高い人」という花言葉が生まれました。「気高い人」とは、「品格が高い人」という意味なので褒め言葉に当たります。上品だと思う相手に贈ると言葉として、ピッタリな言葉だと思います。

また、金木犀の花言葉には、「陶酔」という言葉もあります。

「陶酔」という花言葉は、酒に使われることから生まれた言葉。うっとり浸るという意味合いの言葉なので、恋に酔っている人や趣味に酔っている人など、様々な場面で使える花言葉だと思います。

金木犀以外の花言葉を調べたい場合

金木犀の花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクから金木犀の花言葉以外の花言葉を調べることができます。

金木犀という植物について

金木犀という植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

モクセイ属という生物分類に属している金木犀

金木犀の画像 Bysnak

金木犀(きんもくせい)は、強い香りが特徴的な樹木

樹高は5m前後で、日本(北海道や東北地方北部は除く)でも見かける植物です。匂いの他には、厚めの尖った葉が特徴で、きめ細やかでギザギザしています。

よく似た植物に銀木犀(ギンモクセイ)という植物があるのですが、金木犀は銀木犀の変種に当たります。銀木犀と金木犀の違いは、銀木犀の花の色は白色で、金木犀の花の色はオレンジっぽい色である点。共に知名度が高い植物です。

もちろん鑑賞用として庭を彩る樹木ですが、何と言っても甘い香りが魅力的。この香りは、香水やトイレの芳香剤に使われているため、金木犀の匂いを嗅いだことがない人でもすぐ分かる匂いだと思います。

また、花を漬けたものは、お酒やキンモクセイ茶といった飲料やジャムにもなり、香りには食欲を抑える効果があるので、ダイエットに効果があるとされています。※お茶にする場合、甘い香りが良ければ金木犀のお茶、清涼感ある香りが良ければジャスミンのお茶が良いと思います。

ちなみに、金木犀には葡萄のような果実も実ります。

※金木犀は、中国では丹桂(たんけい)と呼ばれ、丹はオレンジ色、桂はモクセイの仲間を指します。また、学名のOsmanthus fragrans var.aurantiacusは、香りを意味するosme、花を意味するanthos、香りを意味するfragrans、オレンジ色を意味するaurantiacusを意味します。

※金木犀の名所としては、静岡県の三嶋大社や群馬県の永明寺などが有名です。都内であれば、光が丘公園や国営昭和記念公園などで見られます。

誕生日の花としての金木犀

金木犀は、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えて金木犀の花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、金木犀以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日の金木犀以外の誕生花を調べてください。

金木犀の英語と名前の由来

金木犀の英語とその英語の由来、また金木犀の和名とその和名の由来をご紹介致します。

金木犀は英語でfragrant orange colored olive。その言葉の由来とは?

金木犀は香りがするという特徴の植物であり、オレンジ色っぽい花を咲かせます。また、オリーブの葉に似た葉をつけるという特徴があります。そのため、これらの特徴を英語で表現したfragrant orange colored oliveという英名になりました。

※fragrantは香りがするという意味。orange coloredはオレンジ色を意味し、oliveはオリーブを意味します。

金木犀の和名は、金木犀(きんもくせい)。その言葉の由来とは?

金木犀の樹の皮は、動物の犀(さい)の皮に似ています。また、金色の花が咲くので、金木犀(きんもくせい)と呼ばれるようになりました。

金木犀の種類について

約30種類ある金木犀の中で、有名な品種は以下の通りです。

柊木犀(ヒイラギモクセイ)

柊木犀は、銀木犀との雑種。金木犀の一種に入れても問題ないと思います。

棘があり、5mm程の大きさの白色の花を咲かせます

四季咲きキンモクセイ

園芸用として、四季咲き金木犀が存在します。1年のうちに、何回も花を咲かせるので、運が良いと春に咲く金木犀を見ることができるかもしれません。

金木犀の花の色や形や開花時期(季節)

金木犀の花の画像 ByKazuhiro Tsugita

金木犀の花は、小さなオレンジ色の花です。開花時期は9月~10月の間で1週間ほど咲きます。秋の花と言って問題ないと思います。

※金木犀の中には、二度咲きと言って春にも咲く場合がありますが、基本的には9月~10月が咲く時期です。

金木犀の概要

名称金木犀
学名Osmanthus fragrans var.aurantiacus
和名金木犀(きんもくせい)
その他の名前桂花(ケイカ)、丹桂(タンケイ)、木犀花(モクセイカ)
科名モクセイ科
属名モクセイ属
分類花木
原産地中国
丈(高さ)3m~6m
普通
やや弱い
栽培難易度やや初級者向け
開花時期9月~10月

※この金木犀の花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする