役立つ情報!誕生日ケーキのサイズが簡単に分かる早見表

誕生日のお祝いごとに欠かせないものの1つと言えば、バースデーケーキです!

誕生日ケーキと言ってもケーキにはたくさんの種類があります。オーソドックスなホールケーキ、デコレーションケーキ(キャラデコケーキ)、中心に穴の空いたシフォン型ケーキ、ケーキの型が四角いものなど。

ケーキの形やデザインは、あらかじめ決めやすいと思いますが、大きさを迷ってしまう方もいるのではないでしょうか?

今回はそんな人達のために、ケーキのサイズ一覧表をご紹介します。誕生日ケーキ選びの参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

誕生日ケーキのサイズを表す号数について

バースデーケーキのサイズの画像 ByNorio NAKAYAMA

ホール状の誕生日ケーキのサイズは、何cmというような言い方はしません。代わりにケーキの大きさは、全て号数という単位で決められています。

号数とはケーキ全体の大きさを表し、1号当たり約3cmの直径になります。

つまり、4号ケーキなら大きさは12cm、5号ケーキなら直径は15cmになり、6号ケーキなら何センチになるかというと18cm、ケーキ7号サイズなら何センチかはもうお分かりですね。3×7の21cmになります。

それでは以下にケーキの号数と、ケーキサイズに合った目安人数を表にしますので、そちらを参考にすると早いでしょう。

誕生日ケーキのサイズ早見表と利用人数

以下が、一般的なホールケーキの号数とサイズと利用人数の早見表になります。誕生日ケーキ選びの参考になれば良いと思います。

ケーキのサイズ(号数)ケーキの直径ケーキサイズに合ったおすすめ人数
4号12cm2名~4名
5号15cm4名~6名
6号18cm6名~8名
7号21cm8名~12名
8号24cm12名~14名
9号27cm15名~17名
10号30cm18名~20名

ケーキの各サイズに合った人数について

よくあるシチュエーション別で、その状況に合ったケーキのサイズをご紹介致します。

カップルでお祝いする場合のケーキのサイズ

よくあるシチュエーションとして、カップルで誕生日のお祝いをする事が想定できます。

カップルで誕生日を祝う場合、ホールケーキやクリスマスケーキなら2人用なので、12cmの4号サイズにするのが無難

但し、彼女が小食な場合は、三角ケーキを2つ用意したり、更に小さい3号サイズのケーキにするというのもアリです。

一般家庭において誕生日をお祝いする場合のケーキのサイズ

両親で小さい子供の誕生日をお祝いする場合、ケーキのサイズは4号サイズで問題ありません。

逆に、祖父母を入れたり、複数の子供がいる家庭は、5号サイズのケーキや6号サイズのケーキにするのが無難。例えば6人家族の場合、5号サイズのケーキでも良いですが、大は小を兼ねるので6号サイズのケーキにした方が良いと思います。

大人数の場合は、ケーキのサイズを間違えないようにするべき

大人数で行う誕生日パーティ用に誕生日ケーキを用意する場合、ケーキのサイズを間違えると場がしらけます。

特に、ケーキが足りないのが一番の問題。誕生日パーティーのような場は、余っても良いレベルのバースデーケーキ(13号ケーキや16号ケーキなど)を用意するようにしましょう

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

Facebook like box
スポンサーリンク
スポンサーリンク