【誕生日体験談71】母への誕生日プレゼントに家電を選んだ時の話

誕生日体験談その71。71話目の体験談は、38歳の女性、明日香さん(仮名)の誕生日に関する体験談です。

情報サイト誕プレでは、誕生日や誕生日プレゼントに関する体験談を様々な人にお聞きし、その体験談を掲載しています。この体験談が、皆さんの誕生日の祝い方や誕生日プレゼントの選び方のヒントになれば良いと思っています。

38歳の女性、明日香さん(仮名)が誕生日プレゼントを考えた時の体験談をご紹介します。

実際聞いてみて正解!母が欲しかった家電は意外なものだった

実家の母が62歳の誕生日の時の話です。

毎年、母の誕生日には必ず何かプレゼントを贈っています。離れて暮らしているので手渡しすることはまずないのですが、通販で注文したものが実家の母に届けられるように手続きをしています。

去年の母の誕生日にはまず、「今まで贈ったことのなかった家電がいいな」と思いました。もちろんあまり高いものは買えないのですが、ここ数年かなりシンプルなプレゼントだったので、今年は少し奮発してもいいと思っていたのです。

かなり古くなった電子レンジの買い替えか、それとももっと軽いハンディタイプの掃除機か、美顔器なんかもいいかも、コーヒーメーカーとか欲しいかな?なんていろいろ想像を膨らませていました。

本当は母には何も言わず配達される時にびっくりさせたかったのですが、どうにも決意が固まらないので、仕方なく母に電話することに。「誕生日プレゼントはこれとあれ、どちらがいい?」と選んでもらうことにしました。

ところが母から返ってきたのは意外な言葉。

母の誕生日

「家電を買ってくれるのなら炊飯器がいいかな。保温さえできればいいから。だって持ってないのよ。」

それを聞いて、「えー、うそー!」とかなりびっくりしてしまいました。よく考えれば母はいつも電気鍋でご飯を作っていて、「これが美味しいのよ」と自慢していたので、「炊飯器はいらない人=炊飯器を持っている人」と思いこんでいたのです。

確かに母は炊飯器を持っていなかった、保温ができないのは不便だっただろうに、と思うと、気づいてあげられなかった自分に腹が立ってきたりして、びっくりしたり怒ったり、悲しくなったり大変な一日でした。同時に相談してよかったと強く思いました。

炊飯器の誕生日プレゼント

もちろん誕生日プレゼントは、保温もできて機能もそこそこよい炊飯器をチョイス。予算を少しオーバーしてしまいましたが、これこそまさに必要な買い物だったので本当によかったです。

どちらかと言うと、母より私の方が嬉しかったかもしれません。

明日香さんの体験談について

明日香さんの体験談を聞いて考えさせられるのは、身近な人なのに意外にニーズに気がついてあげられないこともあるんだ、ということ。

プレゼントはサプライズも嬉しいものですが、どうしても欲しがっている物を選びたい、という場合は欲しい物をあらかじめ聞いておくのも大切ですね。

※その他の体験談をご覧になりたい場合は、体験談のカテゴリーをご覧下さい。