【2/7生まれ必見】2月7日の誕生花は全部で5種類

北方領土の日として有名な2月7日の誕生花はヒヤシンス、アカメヤナギ、梅、オレアリア、勿忘草の5種類です。誕生花は国や地域によって異なりますが、日本における一般的な2月7日の誕生花をご紹介しています。このページでは、ヒヤシンス、アカメヤナギ、梅、オレアリア、勿忘草がどのような花なのか、そして誕生日プレゼントとして適しているのかを情報サイト誕プレが考察した結果を記載しています。また、2月7日のそれぞれの誕生花における花言葉やより詳しい花の情報が書かれたページへのリンクもありますので、気になる花があればご覧下さい。

【2月7日の誕生花】ヒヤシンス

情報サイト誕プレおすすめ度★★★★☆ (5段階評価中4[良い])

ヒヤシンスの花の画像 ByMark Dixon

2月7日の誕生花の1つは、ヒヤシンスです。

球根植物で有名なヒヤシンスは水に挿すイメージがありますが、花束にもできます。花色も多く花言葉もそれにより変わりますが、やや贈り難い花言葉をいくつかもっていることからその点にだけは注意です。

※ヒヤシンスに関する詳しい内容は、ヒヤシンスの花言葉のページをご覧下さい。

【2月7日の誕生花】アカメヤナギ

情報サイト誕プレおすすめ度★☆☆☆☆ (5段階評価中1[悪い])

アカメヤナギの花の画像

2月7日の誕生花の1つは、アカメヤナギです。

猫の尻尾のような花のアカメヤナギは10mを越す木になります。誕生花として贈る花ではないです。花言葉も耐え忍ぶ意味で贈る意味を持ってはおりません。

※アカメヤナギに関する詳しい内容は、アカメヤナギの花言葉のページをご覧下さい。

【2月7日の誕生花】梅

情報サイト誕プレおすすめ度★☆☆☆☆ (5段階評価中1[悪い])

2月7日の誕生花の1つは、梅です。

ピンクや白の花が咲く梅は2月は開花時期ですが、木ですので誕生花として贈答するには難しいでしょう。花言葉は品性を表し、特に女性などに贈ると喜んでもらえる花言葉です。

※梅に関する詳しい内容は、梅の花言葉のページをご覧下さい。

【2月7日の誕生花】オレアリア

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

2月7日の誕生花の1つは、オレアリアです。

オレアリアは黄色または白い花が咲き、鉢に植えます。4月から開花時期なため咲いた状態では贈ることはできませんが、女性が嬉しいと思える花言葉の意味を持っています。

※オレアリアに関する詳しい内容は、オレアリアの花言葉のページをご覧下さい。

【2月7日の誕生花】勿忘草

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

2月7日の誕生花の1つは、勿忘草です。

可憐な花姿の勿忘草は、鉢植えとして育てられることが多い花です。花言葉も見た目や名前同様愛情や友情などの意味を持っています。3月あたりから咲く花です。

※勿忘草に関する詳しい内容は、勿忘草の花言葉のページをご覧下さい。

情報サイト誕プレが2月7日の誕生花が誕生日プレゼントに合う花なのか評価した結果

2月7日の誕生花の中には、プレゼント用の花が存在します

2月7日の誕生花は5種類ありますが、中でもヒヤシンスがオススメです。

花の知名度、花束にできること、花色も豊富なことからヒヤシンスが一番ですが先ほども言ったように花言葉にだけは注意が必要です。

※2月7日以外の誕生花は、365日の誕生花の一覧をご覧下さい。

情報サイト誕プレおすすめ度について

2/7の全ての誕生花には、「情報サイト誕プレおすすめ度」という星5つ~星1つの5段階で評価された表があります。この評価は、以下の要因をもとに算出した内容になります。

  • 花の見た目…「見栄えが良い花なのか、見栄えが良くない花なのか」を評価の要因にしています。花束として贈ることができる花は気軽に贈れるため評価は高く、鉢植えの場合は評価は低めにしています。
  • 開花時期…「2月7日が花の開花時期に含まれているか」を鉢植えの場合は評価の要因にしています。花束として贈ることができる花の場合は、ハウス栽培をしている花であれば開花時期については考慮していません。
  • 花言葉…「その花が持つ花言葉が良い意味なのか、悪い意味なのか」を評価の要因にしています。

シェアする