【3/16生まれ必見】3月16日の誕生花は全部で5種類

国立公園指定記念日として有名な3月16日の誕生花はスペアミント、ペパーミント、クチナシ、ハナズオウ、レウイシアの5種類です。誕生花は国や地域によって異なりますが、日本における一般的な3月16日の誕生花をご紹介しています。このページでは、スペアミント、ペパーミント、クチナシ、ハナズオウ、レウイシアがどのような花なのか、そして誕生日プレゼントとして適しているのかを情報サイト誕プレが考察した結果を記載しています。また、3月16日のそれぞれの誕生花における花言葉やより詳しい花の情報が書かれたページへのリンクもありますので、気になる花があればご覧下さい。

【3月16日の誕生花】スペアミント

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

スペアミントの花の画像 ByChristoph Zurnieden

3月16日の誕生花の1つは、スペアミントです。

紅茶やガムなどの飲食品、そして身体に良い効能を持つスペアミントは穂になって花が咲いていきます。優しい人に贈る意味を持っています。開花時期は夏の7月からなため3月に咲いた状態で手に入れることは難しいです。

※スペアミントに関する詳しい内容は、スペアミントの花言葉のページをご覧下さい。

【3月16日の誕生花】ペパーミント

情報サイト誕プレおすすめ度★★★★★ (5段階評価中5[素晴らしい])

ペパーミントの花の画像

3月16日の誕生花の1つは、ペパーミントです。

上記のスペアミントともう1つ代表的なペパーミントも地味ですが穂になり紫やピンクの花が咲きます。こちらも開花時期は6月からなため誕生花には贈れないです。

※ペパーミントに関する詳しい内容は、ペパーミントの花言葉のページをご覧下さい。

【3月16日の誕生花】クチナシ

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

3月16日の誕生花の1つは、クチナシです。

白い花で花束にもできるクチナシは幸せや喜びを意味し、女性の贈答花として人気です。是非贈りたい花と言えますが残念ながら6月から開花時期になりますので誕生花には咲いていないため難しいです。

※クチナシに関する詳しい内容は、クチナシの花言葉のページをご覧下さい。

【3月16日の誕生花】ハナズオウ

情報サイト誕プレおすすめ度★☆☆☆☆ (5段階評価中1[悪い])

3月16日の誕生花の1つは、ハナズオウです。

開花時期は4月からになるハナズオウは濃いピンク、紫のような花が咲き綺麗ですが木なことと、花言葉が良くない意味が多い為に誕生花には無理です。

※ハナズオウに関する詳しい内容は、ハナズオウの花言葉のページをご覧下さい。

【3月16日の誕生花】レウイシア

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

3月16日の誕生花の1つは、レウイシアです。

レウイシアは鮮やかにピンクになる花で鉢植えなどに使います。4月から開花時期なため、やや遅くに手に入れるかするならば遅れないこともないです。

※レウイシアに関する詳しい内容は、レウイシアの花言葉のページをご覧下さい。

情報サイト誕プレが3月16日の誕生花が誕生日プレゼントに合う花なのか評価した結果

3月16日の誕生花の中には、プレゼント用の花が存在します

3月16日の誕生花は5種類ありますが、中でもレウイシアがオススメです。

どれも開花時期に含まれないため、難しいですがどうしてもというなら一番近いレウイシアが見た目、花言葉から良い花と言えます。

※3月16日以外の誕生花は、365日の誕生花の一覧をご覧下さい。

情報サイト誕プレおすすめ度について

3/16の全ての誕生花には、「情報サイト誕プレおすすめ度」という星5つ~星1つの5段階で評価された表があります。この評価は、以下の要因をもとに算出した内容になります。

  • 花の見た目…「見栄えが良い花なのか、見栄えが良くない花なのか」を評価の要因にしています。花束として贈ることができる花は気軽に贈れるため評価は高く、鉢植えの場合は評価は低めにしています。
  • 開花時期…「3月16日が花の開花時期に含まれているか」を鉢植えの場合は評価の要因にしています。花束として贈ることができる花の場合は、ハウス栽培をしている花であれば開花時期については考慮していません。
  • 花言葉…「その花が持つ花言葉が良い意味なのか、悪い意味なのか」を評価の要因にしています。

シェアする