【4/17生まれ必見】4月17日の誕生花は全部で2種類

世界ヘモフィリアデーとして有名な4月17日の誕生花はアイリス、黄菖蒲の2種類です。誕生花は国や地域によって異なりますが、日本における一般的な4月17日の誕生花をご紹介しています。このページでは、アイリス、黄菖蒲がどのような花なのか、そして誕生日プレゼントとして適しているのかを情報サイト誕プレが考察した結果を記載しています。また、4月17日のそれぞれの誕生花における花言葉やより詳しい花の情報が書かれたページへのリンクもありますので、気になる花があればご覧下さい。

【4月17日の誕生花】アイリス

情報サイト誕プレおすすめ度★★★★★ (5段階評価中5[素晴らしい])

アイリスの画像 Byliz west

4月17日の誕生花のアイリスは、花束にしてプレゼントするのにオススメの花です。

花束としても贈れ、花瓶に入れて飾ることもでき、存在感があるので一輪挿しにしても生きる花です。特に、4月17日生まれで青色や紫色が好きな人にはピッタリな花。

花言葉も良い意味なので、贈る花としてとてもオススメです。ちなみに、アイリスとはアヤメ属の総称なので、花束を贈る時は、花言葉を誤解されないように花言葉を添えて贈るようにしましょう。

※アイリスに関する詳しい内容は、アイリスの花言葉のページをご覧下さい。

【4月17日の誕生花】黄菖蒲(キショウブ)

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

黄菖蒲の画像 ByDonald Hobern

4月17日の誕生花の黄菖蒲は、水際に生息する植物です。

園芸が趣味の人にプレゼントするなら問題ないかもしれませんが、園芸をやらない一般人に対しては贈るべきではない花です。

見た目こそキレイな花ですが、切り花としても使われない花なので、4月17日生まれの人には他の花を贈った方が無難だと思います。

※黄菖蒲に関する詳しい内容は、黄菖蒲の花言葉のページをご覧下さい。 

情報サイト誕プレが4月17日の誕生花が誕生日プレゼントに合う花なのか評価した結果

4月17日の誕生花は、誕生日に花をプレゼントするならアイリスが非常に良いというのが結論です。

4月17日生まれの人に花を贈る機会があれば、アイリスをプレゼントすべきです。花も美しく、花言葉も良い意味。それでいて知名度も比較的高い花なので、きっと喜んでくれるでしょう。

※4月17日以外の誕生花は、365日の誕生花の一覧をご覧下さい。

情報サイト誕プレおすすめ度について

4/17の全ての誕生花には、「情報サイト誕プレおすすめ度」という星5つ~星1つの5段階で評価された表があります。この評価は、以下の要因をもとに算出した内容になります。

  • 花の見た目…「見栄えが良い花なのか、見栄えが良くない花なのか」を評価の要因にしています。花束として贈ることができる花は気軽に贈れるため評価は高く、鉢植えの場合は評価は低めにしています。
  • 開花時期…「4月17日が花の開花時期に含まれているか」を鉢植えの場合は評価の要因にしています。花束として贈ることができる花の場合は、ハウス栽培をしている花であれば開花時期については考慮していません。
  • 花言葉…「その花が持つ花言葉が良い意味なのか、悪い意味なのか」を評価の要因にしています。

シェアする