【4/21生まれ必見】4月21日の誕生花は全部で2種類

民放の日として有名な4月21日の誕生花は桜、ニゲラの2種類です。誕生花は国や地域によって異なりますが、日本における一般的な4月21日の誕生花をご紹介しています。このページでは、桜、ニゲラがどのような花なのか、そして誕生日プレゼントとして適しているのかを情報サイト誕プレが考察した結果を記載しています。また、4月21日のそれぞれの誕生花における花言葉やより詳しい花の情報が書かれたページへのリンクもありますので、気になる花があればご覧下さい。

【4月21日の誕生花】桜(サクラ)

情報サイト誕プレおすすめ度★★★☆☆ (5段階評価中3[普通])

桜の花の画像

4月21日の誕生花は桜です

日本人が愛する花と言えば桜。例年、花見をする人も多く本来であれば評価は最高にしたいのですが、4月21日の誕生花として見た場合、評価が分かれるため「普通」にしました。

4月21日生まれの人に桜の花を贈る場合、大きく分けると3つの方法があります。

1つは、花見に連れて行くこと。東北地方や北海道であれば桜が満開の時期かもしれませんが、その他の地域では既に桜は散ってしまっています。一般的に4月21日は、花見の時期から逸脱してしまっています。

2つ目は、桜の花束をプレゼントすること。これも1つ目の理由と同様に、桜の開花の時期をやや過ぎてしまっているので、入手しにくいため評価はあまり高くありません。もちろん、入手しにくいというだけで、手に入れることはできます。また、桜の盆栽であれば、容易に手に入れることができます。

3つ目は、桜のイラストが描かれた製品をプレゼントすること。4月21日生まれの人に、誕生花をモチーフにした製品を贈ることは悪いことではありません。これであれば、プレゼントとして成立します。

以上のことから、時期的な問題で評価が分かれてしまうため、「普通」という評価にしました。

※桜に関する詳しい内容は、桜の花言葉のページをご覧下さい。

【4月21日の誕生花】ニゲラ

情報サイト誕プレおすすめ度★★★★☆ (5段階評価中4[良い])

ニゲラの画像 By Manu766

4月21日の誕生花は、ニゲラです。

4月21日は、ニゲラの開花期間に含まれるので、4月21日生まれの人にニゲラを贈ることは可能。やや独特な風貌をした花なので、一風変わった花束をプレゼントしたい時に役立ちます。

ニゲラはメインの花というよりは、サブの花といった感じなので、メインになるような大輪の花とニゲラで花束にしてプレゼントするのが良いと思います。

※ニゲラに関する詳しい内容は、ニゲラの花言葉のページをご覧下さい。 

情報サイト誕プレが4月21日の誕生花が誕生日プレゼントに合う花なのか評価した結果

4月21日の誕生花は、プレゼントすることができる花です

特にニゲラの花は、花言葉も良い意味でちょっと変わった個性のある花なので、プレゼントする花として面白いと思います。濃い水色が好きな人へ贈ってあげると、更に良いでしょう。

また、桜の花も4月21日生まれの人にプレゼントできる花です。時期的な問題で少しだけ制約がありますが、誰もが知っている美しい花なので、プレゼントすると喜ばれることでしょう。

※4月21日以外の誕生花は、365日の誕生花の一覧をご覧下さい。

情報サイト誕プレおすすめ度について

4/21の全ての誕生花には、「情報サイト誕プレおすすめ度」という星5つ~星1つの5段階で評価された表があります。この評価は、以下の要因をもとに算出した内容になります。

  • 花の見た目…「見栄えが良い花なのか、見栄えが良くない花なのか」を評価の要因にしています。花束として贈ることができる花は気軽に贈れるため評価は高く、鉢植えの場合は評価は低めにしています。
  • 開花時期…「4月21日が花の開花時期に含まれているか」を鉢植えの場合は評価の要因にしています。花束として贈ることができる花の場合は、ハウス栽培をしている花であれば開花時期については考慮していません。
  • 花言葉…「その花が持つ花言葉が良い意味なのか、悪い意味なのか」を評価の要因にしています。

シェアする