【4/20生まれ必見】4月20日の誕生花は全部で2種類

郵政記念日として有名な4月20日の誕生花は芝桜、ディモルフォセカの2種類です。誕生花は国や地域によって異なりますが、日本における一般的な4月20日の誕生花をご紹介しています。このページでは、芝桜、ディモルフォセカがどのような花なのか、そして誕生日プレゼントとして適しているのかを情報サイト誕プレが考察した結果を記載しています。また、4月20日のそれぞれの誕生花における花言葉やより詳しい花の情報が書かれたページへのリンクもありますので、気になる花があればご覧下さい。

【4月20日の誕生花】芝桜(シバザクラ)

情報サイト誕プレおすすめ度★★★☆☆ (5段階評価中3[普通])

芝桜の花の画像 Bychoco

4月20日の誕生花は芝桜です

芝桜は匍匐性のある植物なので、用途としては園芸用。庭や花壇に植えれば、それは見事な景色を楽しめます。

園芸が趣味の人に贈る花としては良いと思いますが、園芸が趣味でなければ贈る花としては正直なところ微妙です。そういった時は、山梨県本栖湖など日本各地の芝桜の名所に行き、満開の芝桜を鑑賞すると良いでしょう。花を贈るのではなく、満開の芝桜の景色とその香りをプレゼントするというのが無難でしょう。

※芝桜に関する詳しい内容は、芝桜の花言葉のページをご覧下さい。

【4月20日の誕生花】ディモルフォセカ

情報サイト誕プレおすすめ度★★★☆☆ (5段階評価中3[普通])

ディモルフォセカの花の画像 ByGeorgios Liakopoulos

4月20日の誕生花は、ディモルフォセカです。

比較的初心者でも容易に育てることができ、鮮やかな色の花を付ける植物なので、園芸が趣味の人はもちろんのこと園芸を始めたばかりの人に贈っても問題ない花です。

美しい花が咲いたディモルフォセカの鉢植えは、プレゼント用として悪くはないと思います。

※ディモルフォセカに関する詳しい内容は、ディモルフォセカの花言葉のページをご覧下さい。 

情報サイト誕プレが4月20日の誕生花が誕生日プレゼントに合う花なのか評価した結果

4月20日の誕生花は、園芸好きの人にプレゼントするのであれば問題ありません

4月20日の誕生花は2つありますが、どちらの花も鉢植えで売られている花で、庭に植えたり、そのまま鉢植えで育てるタイプです。一戸建てに住んでいる人や、植物を育てるのが好きな人にプレゼントするなら問題ありません。しかし、園芸が趣味でない人にプレゼントしようとしているなら、他の花を選んだ方が良いでしょう。

※4月20日以外の誕生花は、365日の誕生花の一覧をご覧下さい。

情報サイト誕プレおすすめ度について

4/20の全ての誕生花には、「情報サイト誕プレおすすめ度」という星5つ~星1つの5段階で評価された表があります。この評価は、以下の要因をもとに算出した内容になります。

  • 花の見た目…「見栄えが良い花なのか、見栄えが良くない花なのか」を評価の要因にしています。花束として贈ることができる花は気軽に贈れるため評価は高く、鉢植えの場合は評価は低めにしています。
  • 開花時期…「4月20日が花の開花時期に含まれているか」を鉢植えの場合は評価の要因にしています。花束として贈ることができる花の場合は、ハウス栽培をしている花であれば開花時期については考慮していません。
  • 花言葉…「その花が持つ花言葉が良い意味なのか、悪い意味なのか」を評価の要因にしています。

シェアする