ムラサキハナナの花言葉は人格のある人に贈る言葉

誕生日にムラサキハナナの花を贈ったり、誕生日プレゼントにムラサキハナナの花を添えようと考えているなら、「ムラサキハナナの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、ムラサキハナナの花言葉は3語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、ムラサキハナナの花言葉以外にも、ムラサキハナナの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、ムラサキハナナの花の色や花の品種、ムラサキハナナの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「ムラサキハナナの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

ムラサキハナナの花言葉

ムラサキハナナの花言葉は3種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

ムラサキハナナの花言葉は、良く出来た人物に贈る言葉

【1】ムラサキハナナの花言葉知恵の泉
【2】ムラサキハナナの花言葉優秀
【3】ムラサキハナナの花言葉聡明

ムラサキハナナの花言葉は、三国志の諸葛孔明が広めたと言われ、そこから「知恵の泉」「優秀」「聡明」の意味を持ちます。

聡明は人格が優れ、賢いことを意味します。どれもよく出来た立派な言葉で人格がある人に贈る言葉と言えるでしょう。

ムラサキハナナ以外の花言葉を調べたい場合

ムラサキハナナの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからムラサキハナナの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

ムラサキハナナという植物について

ムラサキハナナという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

オオアラセイトウ属という生物分類に属しているムラサキハナナ

ムラサキハナナの画像 ByTANAKA Juuyoh (田中十洋)

ムラサキハナナは中国原産のアブラナ科の植物です。諸葛孔明が戦の場で食料として植えたことから、諸葛菜(しょかっさい)とも言われます。

また、南京のゆかりの花で日中戦争を繰り返さないという思いから平和の花やピースフラワーとも言われます。

ムラサキハナナは紫花菜と書き、花菜は菜の花を意味し、紫色の菜の花ということです。

葉はギザギザしており、長円形の形をしています。群生するとなかなか風情があるので庭などに植えられます。

誕生日の花としてのムラサキハナナ

ムラサキハナナは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてムラサキハナナの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、ムラサキハナナ以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のムラサキハナナ以外の誕生花を調べてください。

ムラサキハナナの英語と名前の由来

ムラサキハナナの英語とその英語の由来、またムラサキハナナの和名とその和名の由来をご紹介致します。

ムラサキハナナは英語でChinese violet cress。その言葉の由来とは?

中国原産の紫色の花でアブラナ科の2つの植物(cress)を指したことからChinese violet cressとなりました。

ムラサキハナナの和名は、大紫羅欄花(おおあらせいとう)。その言葉の由来とは?

大きな紫羅欄花(あらせいとう)の花から大紫羅欄花(おおあらせいとう)となりましたがはっきりとした由来は分かっていません。

ムラサキハナナの花の色や形や開花時期

ムラサキハナナの花の画像 ByKware Ji

4弁花の十字架のような紫色の花を咲かせます。大根の花に似ているので花大根の別名があります。開花時期は3月~5月頃。

ムラサキハナナの概要

名称ムラサキハナナ
学名Orychophragmus violaceus
和名大紫羅欄花(おおあらせいとう)
その他の名前花大根(はなだいこん)、平和の花、ピースフラワー、諸葛菜(しょかっさい)
科名アブラナ科
属名オオアラセイトウ属
分類草花
原産地中国
丈(高さ)30cm~50cm
弱い
強い
栽培難易度やや初級者向け
開花時期3月~5月

※このムラサキハナナの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする