日本の山などで良く見かけるニガナの花言葉は質素な言葉

誕生日にニガナの花を贈ったり、誕生日プレゼントにニガナの花を添えようと考えているなら、「ニガナの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、ニガナの花言葉は2語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、ニガナの花言葉以外にも、ニガナの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、ニガナの花の色や花の品種、ニガナの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「ニガナの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ニガナの花言葉について

ニガナの花言葉は、全部で2種類あります。

【1】ニガナの花言葉質素
【2】ハナニガナの花言葉明るい笑顔の下の悲しみ

1.ニガナの花言葉

ニガナの花言葉は「質素」です。この花言葉も、使える機会が限られています。

ニガナの花の画像 By Norio Nomura

2.ニガナの品種の1つハナニガナの花言葉

ニガナの品種の1つハナニガナの花言葉は、「明るい笑顔の下の悲しみ」です。この花言葉は、決して良い意味の花言葉ではないので、誕生日プレゼントに添える場面はあまりない花言葉でしょう。

ハナニガナの画像 By holydog

ニガナ以外の花言葉を調べたい場合

ニガナの花言葉があなたの希望する意味ではない花言葉の場合、以下のリンクからニガナの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

ニガナの花について詳しく知りたい!

ニガナとは、ニガナ属という生物分類に属した植物です。

ニガナは、日本全土の山や道端に咲いている花です。

誕生花としてのニガナ

ニガナは、以下の月日の誕生花です。誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のニガナ以外の誕生花を調べることができます。

ニガナの英語と名前の由来

ニガナを英語で表記するとNiganaです。

日本が原産の花なので、日本語と同じ読み方です。海外では、単に学名のIxeris dentataと呼ぶことが多いです。

ニガナの和名は、苦菜(ニガナ)です。

名前の由来は、茎や葉に苦味がある白色の汁を含んでいるため、苦菜と呼ばれています。

ニガナの花はどんな花?

ニガナの花は、黄色の花を咲かせます。

花びらは、ニガナの舌状花(花びらに見える部分)は5~7枚(5枚が基本)です。ちなみに、ハナニガナの舌状花は、7~11枚あります。

※ニガナの品種にシロバナニガナという品種もあります。シロバナニガナは、花の色が白色のハナニガナを指します。

ニガナの概要

名称ニガナ
学名Ixeris dentata
和名苦菜(ニガナ)、黄瓜菜(ニガナ)
その他の名前-
科名キク科
属名ニガナ属
分類山野草
原産地日本、東アジア
丈(高さ)20~70cm程度
強い
普通
栽培難易度初級者向け
開花時期5~7月頃

※このニガナの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク