槐(えんじゅ)の花言葉は女性に向けた意味が3語

誕生日に槐の花を贈ったり、誕生日プレゼントに槐の花を添えようと考えているなら、「槐の花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、槐の花言葉は3語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、槐の花言葉以外にも、槐の花について詳しい情報を掲載しています。つまり、槐の花の色や花の品種、槐の英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「槐の花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

槐(えんじゅ)の花言葉

槐の花言葉は3種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

槐の花言葉は、贈ると喜ばれる言葉

【1】槐の花言葉上品
【2】槐の花言葉幸福
【3】槐の花言葉慕情

槐の花言葉は「上品」「幸福」「慕情」です。

槐は古くから縁起の良い木とされていました。そして仏教と同じ頃に伝わり、尊敬の対象とされていたことから、「上品」「幸福」の意味を持ち、異性を恋い慕う気持ちを表す「慕情」もあります。

贈るなら、結婚した人や上品な年上の女性、または付き合い始めた恋人に贈るのが良いでしょう。

槐以外の花言葉を調べたい場合

槐の花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクから槐の花言葉以外の花言葉を調べることができます。

槐という植物について

槐という植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

エンジュ属という生物分類に属している槐

槐の画像 ByTim Sheerman-Chase

槐(えんじゅ)とは中国原産のマメ科の落葉性の樹木です。

日本には仏教が伝わった頃にこの槐も伝わったと言われています。現在の日本でも大気汚染に強いため、街路樹として見かけることが出来ます。また、建築材としても使われることもあります。

開花期が過ぎると数珠のような実をつけます。

また古く周の時代に大臣の位で槐位(かいい)という朝廷の3つの最高位があり、これは槐が尊い木とされており、3本の植えられていた槐に向かって座った習わしがあります。

誕生日の花としての槐

槐は、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えて槐の花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、槐以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日の槐以外の誕生花を調べてください。

槐の英語と名前の由来

槐の英語とその英語の由来、また槐の和名とその和名の由来をご紹介致します。

槐は英語でJapanese Pagoda Tree。その言葉の由来とは?

Pagodaとは仏教、ヒンズー今日の多層の塔を意味します。そして槐の木は仏教が伝わった頃に伝わりました。このことからJapanese Pagoda Treeとなりました。

槐の和名は、槐(えんじゅ)。その言葉の由来とは?

和名の由来は古名の恵爾須(えにす)といった言葉からきており、これはイヌエンジュという植物のことでここから変化して、現在の槐(えんじゅ)になりました。

槐の種類について

槐の中で、有名な品種は以下の通りです。

シダレエンジュ

シダレエンジュの画像 Byd’n’c

槐の変種で最高種とされています。沢山の葉や枝が枝垂れる(しだれる)様は見事です。

槐の花の色や形や開花時期

槐の花の画像 Bycandiru

白色の蝶のような形の花を円錐状に沢山咲かせます。開花時期は7月~8月頃です。

槐の概要

名称
学名Styphnolobium japonicum
和名槐(えんじゅ)
その他の名前槐樹(かいじゅ)、黄藤(きふじ)
科名マメ科
属名エンジュ属
分類落葉高木
原産地中国
丈(高さ)~25m
強い
強い
栽培難易度中級者向け
開花時期7月~8月

※この槐の花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする