トリトマの花言葉は、秘めた一途な恋の想いを表した言葉

誕生日にトリトマの花を贈ったり、誕生日プレゼントにトリトマの花を添えようと考えているなら、「トリトマの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、トリトマの花言葉は2語あります。花言葉は花の色や品種などによって、異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、トリトマの花言葉以外にも、トリトマの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、トリトマの花の色や花の品種、トリトマの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「トリトマの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

トリトマの花言葉について

トリトマの花言葉は、全部で2種類あります。

【1】トリトマの花言葉切実な思い
【2】トリトマの花言葉恋するつらさ

どれも大切な人への恋慕の情を寄せたものになっています。恋をしている。けれど、片思いなので成就するか不安。そんな時は言葉では伝えにくいものです。

代わりに、トリトマの花言葉に想いを乗せて伝える。それもまたロマンチック。そう言った大切な人がいる人へ贈る花言葉です。

トリトマ以外の花言葉を調べたい場合

花言葉があなたの希望する意味ではない花言葉の場合、以下のリンクからトリトマの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

トリトマの花について詳しく知りたい!

トリトマとは、シャグマユリ属という生物分類に属した植物です。

トリトマの画像 By Torquay Palms

トリトマとは、南アフリカに主に分布しており、日本には明治中頃にやってきました。頑丈で、大きい植物で日当たりの良い所を好むので、一般家庭など、狭いスペースでの栽培はあまり向きません。日本では、小型の園芸品種が、主に栽培されています。

誕生花としてのトリトマ

トリトマは、以下の月日の誕生花です。誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のトリトマ以外の誕生花を調べることができます。

トリトマの英語と名前の由来

トリトマを英語で表記するとtorch lilyです。

トリトマの英語の名前の由来は、先端の花の色が赤く燃えるたいまつの様に見えます。その状態を表して、たいまつの百合=torch(たいまつ)lily(百合)と名付けられました。

トリトマの和名は、赤熊百合(シャグマユリ)です。

トリトマの和名の名前の由来は、赤熊百合(シャグマユリ)、赤い葉が、赤く染めた白熊の毛、まるで赤熊(しゃぐま)の様に似ていることから命名されました。

トリトマの花はどんな花?

トリトマは、葉の中心の花茎の先の上部に無数の赤色や黄色やオレンジ等、グラデーションの暖色系が広がり、とても綺麗で、鮮やかです。

また大きいですので、何本も連なる見栄えは壮大です。

トリトマの花の画像 By Sids1

トリトマの概要

名称トリトマ
学名Kniphofia
和名赤熊百合(シャグマユリ)
その他の名前トーチリリー、クニフォフィア
科名ユリ科
属名シャグマユリ属
分類草花
原産地南アフリカ
丈(高さ)60~120cm程度
強い
強い
栽培難易度やや初級者向け
開花時期5月~11月

※このトリトマの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする