秋明菊(シュウメイギク)の花言葉は別れが近い時に使う言葉

誕生日にシュウメイギクの花を贈ったり、誕生日プレゼントにシュウメイギクの花を添えようと考えているなら、「シュウメイギクの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、シュウメイギクの花言葉は2語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、シュウメイギクの花言葉以外にも、シュウメイギクの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、シュウメイギクの花の色や花の品種、シュウメイギクの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「シュウメイギクの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

秋明菊(シュウメイギク)の花言葉について

シュウメイギクの花言葉は2種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

シュウメイギクの花言葉は別れの言葉

【1】シュウメイギクの花言葉忍耐
【2】シュウメイギクの花言葉褪せていく愛

シュウメイギクの花言葉は、「忍耐」と「褪せていく愛」という2つの花言葉です。

「忍耐」も「褪せていく愛」という言葉も、結婚生活や恋人との同棲が苦痛で、既にパートナーへの愛情が無いという状態を表した言葉です。

そのため、シュウメイギクをプレゼントする場合は、花言葉の意味を誤解されてないように気をつける必要があります。但し、離婚したい場合や恋人と別れたい場合には、嫌味としてこれらの花言葉を贈るといった使い方もできます。

シュウメイギク以外の花言葉を調べたい場合

シュウメイギクの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからシュウメイギクの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

シュウメイギクという植物について

シュウメイギクという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

イチリンソウ属という生物分類に属しているシュウメイギク

シュウメイギクの画像 By Esther Westerveld

シュウメイギクは、国を問わず人気のある花。特にヨーロッパでは人気があり、日本国内では北海道以外の地域で見ることができます。

上品な見た目の花を咲かせるので、生け花や茶花としてよく用いられます。

主な秋明菊の種類と言えば、一重咲きの濃いピンク色の花を咲かせるダイアナなど。ポットに入った状態で販売されているので、容易に購入できます。

誕生日の花としてのシュウメイギク

シュウメイギクは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてシュウメイギクの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、シュウメイギク以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のシュウメイギク以外の誕生花を調べてください。

シュウメイギクの英語と名前の由来

シュウメイギクの英語とその英語の由来、またシュウメイギクの和名とその和名の由来をご紹介致します。

シュウメイギクは英語でJapanese anemone。その言葉の由来とは?

シュウメイギクは、中国や台湾が原産の花ですが、ヨーロッパへは日本を経由して伝わりました。

学名がAnemone hupehensisなので、日本から伝わったAnemone hupehensisという意味で、Japanese anemoneという英名になりました。

シュウメイギクの和名は、秋明菊(しゅうめいぎく)。その言葉の由来とは?

シュウメイギクは秋の季節に花を咲かせます。また、その花はに近い見た目です。そのことから、秋明菊(しゅうめいぎく)という名称になりました。

ちなみに、シュウメイギクの別名は貴船菊(キブネギク)ですが、これは京都府京都市左京区鞍馬貴船町付近にたくさん咲いていたことから、貴船菊と呼ばれるようになりました。

シュウメイギクの花の色や形や開花時期

シュウメイギクの花の画像 By TANAKA Juuyoh (田中十洋)

シュウメイギクの花は、5~6cm程度の花。品種によって一重咲きの花も八重咲きの花があります。花の色は白色やピンク色。

茎の先端から根元にかけて順番に花が咲いていくのが特徴。開花時期は8月~11月頃です。

シュウメイギクの概要

名称シュウメイギク
学名Anemone hupehensis
和名秋明菊(しゅうめいぎく)
その他の名前貴船菊(キブネギク)
科名キンポウゲ科
属名イチリンソウ属
分類草花
原産地中国、台湾
丈(高さ)30~150cm
普通
強い
栽培難易度やや初級者向け
開花時期8月~11月頃

※シュウメイギクのページは情報サイト誕プレ調べによるものです。

シェアする