ホトトギス(杜鵑草)の花言葉は夫婦や恋人同士で贈りたい言葉

誕生日にホトトギスの花を贈ったり、誕生日プレゼントにホトトギスの花を添えようと考えているなら、「ホトトギスの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、ホトトギスの花言葉は3語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、ホトトギスの花言葉以外にも、ホトトギスの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、ホトトギスの花の色や花の品種、ホトトギスの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「ホトトギスの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

杜鵑草(ホトトギス)の花言葉

ホトトギスの花言葉は3種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

ホトトギスの花言葉は、プロポーズ向きの言葉

【1】ホトトギスの花言葉永遠にあなたのもの
【2】ホトトギスの花言葉秘めた意志
【3】ホトトギスの花言葉永遠の若さ

ホトトギスの花言葉には、「永遠にあなたのもの」という花言葉があります。恋人同士で贈り合うのにピッタリのロマンチックな花言葉で、プロポーズに向いた花言葉だと思います。ホトトギスの花束に花言葉を添えて、プロポーズすると良いでしょう。

また、ホトトギスの花言葉には、「秘めた意志」という花言葉もあります。様々な場面で使える花言葉なので、悪くはない花言葉だと言えます。

ホトトギスの花言葉の1つ「永遠の若さ」は、是非とも女性に使いたい花言葉です。しかし、30歳や40歳などの年齢の節目は、女性にとってはとても気になる年齢。このような節目の年齢に対しては、贈らない方が良い花言葉なので注意しましょう。

ホトトギス以外の花言葉を調べたい場合

ホトトギスの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからホトトギスの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

ホトトギスという植物について

ホトトギスという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

ホトトギス属という生物分類に属しているホトトギス

ホトトギスの画像 By Mark Zimmermann

ホトトギスは、日本原産のユリ科の植物。日本全域に生息しており、日陰の多い場所(山野の林の下や崖や岩場など)でよく見られます。

特徴は、何と言っても斑点がついた花です。

誕生日の花としてのホトトギス

ホトトギスは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてホトトギスの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、ホトトギス以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のホトトギス以外の誕生花を調べてください。

ホトトギスの英語と名前の由来

ホトトギスの英語とその英語の由来、またホトトギスの和名とその和名の由来をご紹介致します。

ホトトギスは英語でtoad lily。その言葉の由来とは?

ホトトギスは、後述の通り花に斑点があります。この斑点は、蛙(カエル)に似た斑点です。蛙のような斑点を持つユリ科の植物なので、蛙を意味するtoadとユリを意味するlilyを合わせて、toad lilyと呼ぶようになりました。

ホトトギスの和名は、杜鵑草(ほととぎす)。その言葉の由来とは?

ホトトギスは、後述の通り花に斑点があります。この斑点が、鳥の杜鵑(ホトトギス)の胸に似ているため、杜鵑草(ほととぎす)という和名になりました。

ホトトギスの種類

ホトトギスには、以下の代表的な種類があります。

ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)

ヤマジノホトトギスの画像 By wakanmuri

ヤマジノホトトギスは、山野に自生する品種です。花の色は、白色もしくは紫色。全体的な大きさは小さめです。

ホトトギスは斑点模様が特徴ですが、ヤマジノホトトギスの中には斑点がほとんどないタイプも時々見られます。

ジョウロウホトトギス(上臈杜鵑草)

四国(太平洋側)に自生するホトトギスの1種が、ジョウロウホトトギスです。釣り鐘型の可愛らしい黄色の花を咲かせるのが特徴。

また、ジョウロウホトトギスの中に、キイジョウロウホトトギス(紀伊上臈杜鵑草)という品種も存在します。キイジョウロウホトトギスは、その名の通り、紀伊半島(和歌山県)に自生しているジョウロウホトトギスです。

タイワンホトトギス(台湾杜鵑草)

タイワンホトトギスの画像 By houroumono

タイワンホトトギスは、台湾でよく見られるホトトギスの1種。日本では、西表島(沖縄県)にのみ自生しています。

ホトトギスの花の色や形や開花時期(季節)

ホトトギスの花の画像 By TANAKA Juuyoh (田中十洋)

ホトトギスは、独特の斑点模様の花を咲かせます。花の色は、紫色、白色、ピンク色、黄色。花びらの枚数は6枚、花の大きさは2~3cm程度で数日間咲きます。開花時期は8月~9月なので、夏の花だと言えるでしょう。

ホトトギスの概要

名称ホトトギス
学名Tricyrtis
和名杜鵑草(ほととぎす)
その他の名前トードリリー、油点草(ユテンソウ)
科名ユリ科
属名ホトトギス属
分類草花
原産地日本
丈(高さ)30cm~100cm
普通
強い
栽培難易度やや初級者向け
開花時期8月~9月

※ホトトギスのページは情報サイト誕プレ調べによるものです。

シェアする