【1/22生まれ必見】1月22日の誕生花は全部で5種類

ジャズの日として有名な1月22日の誕生花はキャラウエイ、アンスリウム、アネモネ、黄梅、ギョリュウバイの5種類です。誕生花は国や地域によって異なりますが、日本における一般的な1月22日の誕生花をご紹介しています。このページでは、キャラウエイ、アンスリウム、アネモネ、黄梅、ギョリュウバイがどのような花なのか、そして誕生日プレゼントとして適しているのかを情報サイト誕プレが考察した結果を記載しています。また、1月22日のそれぞれの誕生花における花言葉やより詳しい花の情報が書かれたページへのリンクもありますので、気になる花があればご覧下さい。

【1月22日の誕生花】キャラウェイ

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

キャラウェイの花の画像 ByInAweofGod’sCreation

1月22日の誕生花の1つは、キャラウェイです。

白い花を分けてまとめて咲かせるキャラウェイは6月に開花する花で鉢などに植えます。この時期は寒くさいていないので、贈ることはできません。好きな人に贈るととっても喜ばれる花言葉を持っています。

※キャラウェイに関する詳しい内容は、キャラウェイの花言葉のページをご覧下さい。

【1月22日の誕生花】アンスリウム

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

1月22日の誕生花の1つは、アンスリウムです。

アンスリウムは花のように見える色づいた部分が花ではなく真ん中の突起物が花になります。そして花は生えてなくても観葉植物として贈ることは見た目的に悪くもないので可能です。花言葉は恋や情熱、美しさとあるので恋人の女性などに贈るのが好ましいです。

※アンスリウムに関する詳しい内容は、アンスリウムの花言葉のページをご覧下さい。

【1月22日の誕生花】アネモネ

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

1月22日の誕生花の1つは、アネモネです。

アネモネは花色が多く花束にして贈れる花ですが、開花時期は少し後の2月からになります。どうしても贈るなら待つしかありません。愛や恋を表す言葉多く、恋人へ贈りたいですが、贈るのにはふさわしくない意味もあるので注意。

※アネモネに関する詳しい内容は、アネモネの花言葉のページをご覧下さい。

【1月22日の誕生花】黄梅

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

黄梅の花の画像 ByKenichiro MATOHARA

1月22日の誕生花の1つは、黄梅です。

黄梅は1月から3月にかけて咲く黄色い花の低木です。低木なので盆栽にして贈りましょう。美を表す花言葉などがあるので年上の女性などがイメージに合うでしょう。

※黄梅に関する詳しい内容は、黄梅の花言葉のページをご覧下さい。

【1月22日の誕生花】ギョリュウバイ

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

1月22日の誕生花の1つは、ギョリュウバイです。

ギョリュウバイは2月から咲くピンクや白の花で、盆栽や鉢植えにしますので贈るならそういった形になります。花言葉は大人の恋愛、夫婦向けの言葉なのでそういった相手へ贈りたいです。

※ギョリュウバイに関する詳しい内容は、ギョリュウバイの花言葉のページをご覧下さい。

情報サイト誕プレが1月22日の誕生花が誕生日プレゼントに合う花なのか評価した結果

1月22日の誕生花の中には、プレゼント用の花が存在します

1月22日の誕生花は5種類ありますが、中でもアネモネがオススメです。

アネモネが一番開花時期も近く、花束にすると栄えるため誕生花に贈りやすいのではないでしょうか?

※1月22日以外の誕生花は、365日の誕生花の一覧をご覧下さい。

情報サイト誕プレおすすめ度について

1/22の全ての誕生花には、「情報サイト誕プレおすすめ度」という星5つ~星1つの5段階で評価された表があります。この評価は、以下の要因をもとに算出した内容になります。

  • 花の見た目…「見栄えが良い花なのか、見栄えが良くない花なのか」を評価の要因にしています。花束として贈ることができる花は気軽に贈れるため評価は高く、鉢植えの場合は評価は低めにしています。
  • 開花時期…「1月22日が花の開花時期に含まれているか」を鉢植えの場合は評価の要因にしています。花束として贈ることができる花の場合は、ハウス栽培をしている花であれば開花時期については考慮していません。
  • 花言葉…「その花が持つ花言葉が良い意味なのか、悪い意味なのか」を評価の要因にしています。

シェアする