誕生日にバラの花束を贈るのは?

薔薇の花ほど、華やかで豪華な雰囲気をかもし出してくれる花はないのではないでしょうか。美しい薔薇ですが、色や本数で花言葉が違うことをご存じですか。そんな薔薇の持ついくつかの花言葉を使って、大切なあの人に、あなたが心にしまっている大事な気持ちを伝えてみませんか。

[薔薇の花束の力を借りてプロポーズしましょう]

覚悟を決めて今日こそ彼女にプロポーズしようと覚悟を決めてる男性の皆さん!
そんな日に赤い薔薇の花言葉「あなたを愛する」を活用してみてはいかがでしょうか。ちなみに薔薇の本数108本が「結婚して下さい」という意味です。108本の薔薇を花束にして、一生に一度の勝負の日を最高の日にしてみませんか。
ここで気を付けたいのは、108本もの薔薇をデートの最初に渡してしまって、身動きとれなくなったというような失敗をしないように、どのタイミングで渡すかを入念にプランニングしておくことです。
薔薇の持つ花言葉の力と貴方のハートで勝負しましょう!

[父の日に贈る薔薇の花束]

もうすぐ父の日がやってきますね。
お父さんとは、日頃余り話す機会がない女性のあなたも、この日を使って感謝の気持ちを伝えたいと考えていませんか。父の日に向けて色々な商品が並んでいるショップの前で何をプレゼントしようかと悩んだ時、「尊敬」が花言葉の白い薔薇の花束を贈ってはどうでしょうか。
父の日に、白い薔薇の花束を贈ることは、アメリカが発祥の地ですが、最近、日本でも段々根付いてきているようです。
何本贈ったらよいのか迷った時には、両親に贈る時に最適とされる「最愛」が花言葉の11本をお勧めします。
男性が花束をもらうと照れくさいと思うお父さんもいるでしょうが、自宅で、「尊敬」の花言葉を書いたカードを添えて贈れば、きっとあなたの感謝の気持ちは伝わることでしょう。

[愛の告白に薔薇の花束をプレゼントしましょう]

学生の貴方、就職したばかりで予算がない貴方、本数が多いだけが花束ではありません。
女性にとって、花束をもらって感激しない人はいないでしょう。
しかも赤い薔薇が花束にされていたら、貴方の気持ちを少なからず察することが出来る女性は多いはずです。
数本の薔薇の花束だからこそ、少ない本数に込められた気持ちが、心を揺さぶることもあるのです。
例えば3本の薔薇の花言葉は「愛しています・告白」。6本は「あなたに夢中」です。
数本の薔薇の花束に、貴方のハートから溢れそうな愛を託して、大好きな彼女に贈ってみて下さい。貴方の気持ちが大好きな彼女に届くことを願っています。

今回、薔薇の持つ花言葉について調べるまで、本数にも「意味」があることを知りませんでした。
何年も前、クリスマスに年下の大学生から3本の赤い薔薇の花束をプレゼントされたことがあります。少ない本数だからこそ彼の気持ちが尊く、嬉しくて、ドライフラワーにしてずっと飾っていました。その時、3本の本数に込められた意味を知っていたら、また違った人生を歩いていたかもしれません。

シェアする