【誕生日体験談64】親しくない女友達への誕生日プレゼントは消耗品

誕生日体験談その64。64話目の体験談は、女性soranoさん(仮名)の誕生日に関する体験談です。

情報サイト誕プレでは、誕生日や誕生日プレゼントに関する体験談を様々な人にお聞きし、その体験談を掲載しています。この体験談が、皆さんの誕生日の祝い方や誕生日プレゼントの選び方のヒントになれば良いと思っています。

以下の内容は、30代後半soranoさんのお話です。

あんまり親しくない女友達への誕生日プレゼント

友達の誕生日プレゼントって結構悩んでしまいます。すごく仲が良かったり、家族だったり自分の子供であれば、心のこもった形に残るプレゼントがいいかと思いますが、あんまり親しくない友達へのプレゼントって結構難しいです。

私はそんな時は、消耗品をあげるようにしています。

その友達のSNSなどをチェックして、「今どんなことに興味があるのかな?」って調べるのも結構大切です。

この前、女友達は最近コーヒーにはまっているということで、コーヒーやコーヒーに合うという特別な砂糖をプレゼントしたらすごく喜んでくれました。黒糖のような色の砂糖で、コーヒーの苦みとすごく合うみたいなんです。

コーヒーと角砂糖の画像

他にもコーヒーに合うと思ったチョコレートも一緒にセットにしました。そのチョコレートは、海外の可愛らしいパッケージのチョコレート。「コーヒーとチョコレートはやっぱりすばらしい組み合わせかな?」って思います。

お菓子は消耗品ですぐに無くなるので、あまり親しくない女友達のプレゼントにもってこいだと思います。

でも、ここで注意が必要。決して、スーパーですぐに購入できるようなお菓子はプレゼントしてはいけません。海外の可愛いパッケージのお菓子や、そこでしか買えないっていう特別感のあるものがいいと私は思います。プレゼントをすると、相手にもその気持ちはちゃんと伝わります。

また、最近結婚したばかりの女友達に洗剤のプレゼントをしました。

食器用洗剤なのですが、海外のブランドでパッケージが可愛くて私が一目惚れ。絶対に使うものなので、喜んでくれました。

soranoさんの体験談について

soranoさんの言うように、すごく親しいわけではない友達に対する誕生日プレゼントは難しいと言えます。そもそも、好みが分からないという重大な問題があるからです。

そういった時は、消耗品は無難な誕生日プレゼント。特別感がないので、大きな成功もなく、大きな失敗もしない無難な誕生日プレゼントだと言えます。そのため、消耗品をプレゼントするのであれば、soranoさんのように、すぐには買えないような特別感が出るものをピックアップすると良いと言えるでしょう。具体的には、「これ、どこで買えるの?」って言葉が、誕生日プレゼントを貰った人から出たら、大成功です。

※その他の体験談をご覧になりたい場合は、体験談のカテゴリーをご覧下さい。