スノーフレークの花言葉は純粋な心の持ち主に贈りたい4つの言葉

誕生日にスノーフレークの花を贈ったり、誕生日プレゼントにスノーフレークの花を添えようと考えているなら、「スノーフレークの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、スノーフレークの花言葉は4語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、スノーフレークの花言葉以外にも、スノーフレークの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、スノーフレークの花の色や花の品種、スノーフレークの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「スノーフレークの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

スノーフレークの花言葉について

スノーフレークの花言葉は4種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

スノーフレークの花言葉は、綺麗な心の持ち主にピッタリの言葉

【1】スノーフレークの花言葉純粋
【2】スノーフレークの花言葉純潔
【3】スノーフレークの花言葉汚れなき心
【4】スノーフレークの花言葉清潔

スノーフレークの花言葉は、真っ白なスノーフレークの花の色を表現した言葉ばかりです。基本的に、白色の花は清楚系の意味の花言葉を持ちます。

スノーフレークの場合、花びらの先端にある黄緑色の斑模様が、より一層、白い花を引き立てるため、「純粋」や「純潔」や「汚れなき心」や「清潔」というスノーフレークの花言葉が誕生したという経緯があります。

そのため、心が綺麗な人に贈ると良い言葉ばかり。主に、小さな子どもに贈る花言葉として良いと思います。

スノーフレーク以外の花言葉を調べたい場合

スノーフレークの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからスノーフレークの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

スノーフレークという植物について

スノーフレークという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

スノーフレーク属という生物分類に属しているスノーフレーク

スノーフレークの画像 ByAshley Basil

スノーフレークとは、ヨーロッパ原産の球根植物です。

鈴蘭のような花を咲かせ、細長い葉が水仙に似ているので、鈴蘭水仙(スズランスイセン)という別名もあります。

スノーフレークは、見た目こそ綺麗な花ですが、球根には毒を持っているので取り扱いに注意してください。

誕生日の花としてのスノーフレーク

スノーフレークは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてスノーフレークの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、スノーフレーク以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のスノーフレーク以外の誕生花を調べてください。

スノーフレークの英語と名前の由来

スノーフレークの英語とその英語の由来、またスノーフレークの和名とその和名の由来をご紹介致します。

スノーフレークは英語でSummer snowflake。その言葉の由来とは?

スノーフレークは、原産地であるヨーロッパにおいては夏に開花します。現地では開花時期は夏なので、summer snowflakeという英語になりました。

スノーフレークの和名は、大待雪草(おおまつゆきそう)。その言葉の由来とは?

スノーフレークの花は、待雪草(まつゆきそう)と呼ばれるスノードロップの花に似ています。スノーフレークの方が、待雪草よりも大きいため、大待雪草(おおまつゆきそう)という和名になりました。

スノーフレークの花の色や形や開花時期

スノーフレークの花の画像 ByIan Martin

スノーフレークの花は、白色をした花です。花びらの先端に、黄緑色の斑点が入っているのが特徴です。花の形は釣鐘状、花の大きさは1.5cm程度、6枚の花びらを持ち下向きに咲きます。

スノーフレークの開花時期は、日本では3月~4月頃です。

スノーフレークの概要

名称スノーフレーク
学名Leucojum aestivum
和名大待雪草(おおまつゆきそう)
その他の名前鈴蘭水仙(スズランスイセン)
科名ヒガンバナ科
属名スノーフレーク属
分類球根
原産地地中海沿岸、中央ヨーロッパ
丈(高さ)20cm~50cm程度
-(休眠)
強い
栽培難易度初級者向け
開花時期3月~4月頃

※このスノーフレークの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする