ハハコグサの花言葉は母親の心情を表した3つの言葉

誕生日にハハコグサの花を贈ったり、誕生日プレゼントにハハコグサの花を添えようと考えているなら、「ハハコグサの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、ハハコグサの花言葉は3語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、ハハコグサの花言葉以外にも、ハハコグサの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、ハハコグサの花の色や花の品種、ハハコグサの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「ハハコグサの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

ハハコグサの花言葉

ハハコグサの花言葉は3種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

ハハコグサの花言葉は、母の気持ちが込められた言葉

【1】ハハコグサの花言葉いつも思う
【2】ハハコグサの花言葉無償の愛
【3】ハハコグサの花言葉忘れない

ハハコグサの花言葉は母親と子のように寄り添う形から「いつも思う」「無償の愛」「忘れない」という花言葉を持ちます。

どれも母親の心情を表した言葉で、母親から子供に贈るのに最適な花言葉だと言えます。母子草(ハハコグサ)という名前にピッタリですね。

ハハコグサ以外の花言葉を調べたい場合

ハハコグサの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからハハコグサの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

ハハコグサという植物について

ハハコグサという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

ハハコグサ属という生物分類に属しているハハコグサ

ハハコグサの画像 By영철 이

春の七草の一つで、御形(ごぎょう)の名前で登場します。春咲きに咲く花で、日本でも道端や田んぼ付近で見られます。

葉を七草粥に入れたり、茎も食べられる植物。蓬(よもぎ)の前には、ハハコグサが草餅に使われていた程、昔は食用として広く知られていました。

誕生日の花としてのハハコグサ

ハハコグサは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてハハコグサの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、ハハコグサ以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のハハコグサ以外の誕生花を調べてください。

ハハコグサの英語と名前の由来

ハハコグサの英語とその英語の由来、またハハコグサの和名とその和名の由来をご紹介致します。

ハハコグサは英語でJersey Cudweed。その言葉の由来とは?

ハハコグサは、葉や茎に白い毛が生えますが、この特徴がCudweedという北半球の北部に咲く雑草の特徴に似ています。そして、ハハコグサは、イギリスのジャージー(Jersey)地区でよく見られたため、Jersey Cudweedという英語になりました。

ハハコグサの和名は、母子草(ははこぐさ)。その言葉の由来とは?

葉や茎に白い毛が生え、ほうけだつことから別名「ほうこぐさ)という名前が付いています。この「ほうこぐさ」という名前が転訛し、母子草(ははこぐさ)と呼ばれるようになりました。

ハハコグサの花の色や形や開花時期

ハハコグサの花の画像 By영철 이

春先の4月~6月にかけて、黄色い小さな花が粒のように連なって咲きます。特段、美しい花というわけではなく、普段見かける一般的な草花です。

ハハコグサの概要

名称ハハコグサ
学名Gnaphalium affine
和名母子草(ははこぐさ)
その他の名前御形(ゴギョウ・オギョウ)、ホウコグサ
科名キク科
属名ハハコグサ属
分類草花
原産地日本、朝鮮、中国、マレーシア、インド
丈(高さ)10cm~30cm程度
弱い
強い
栽培難易度初級者向け
開花時期4月~6月

※このハハコグサの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする