唐糸草(カライトソウ)の花言葉は感受性豊かな人に贈る言葉

誕生日にカライトソウの花を贈ったり、誕生日プレゼントにカライトソウの花を添えようと考えているなら、「カライトソウの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、カライトソウの花言葉は2語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、カライトソウの花言葉以外にも、カライトソウの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、カライトソウの花の色や花の品種、カライトソウの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「カライトソウの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

唐糸草(カライトソウ)の花言葉

カライトソウの花言葉は2種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

カライトソウの花言葉は、感受性豊かな人に贈る言葉

【1カライトソウの花言葉深い思い
【2】カライトソウの花言葉繊細

カライトソウの花言葉は「深い思い」と「繊細」という言葉です。

水に濡れたり、時期が進むにつれて花が下に垂れ下がる姿から生まれた花言葉。感受性豊かで、細かなことに気を配れる人に贈ると良い花言葉だと思います。

カライトソウ以外の花言葉を調べたい場合

カライトソウの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからカライトソウの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

カライトソウという植物について

カライトソウという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

ワレモコウ属という生物分類に属しているカライトソウ

カライトソウの画像 Col Ford and Natasha de Vere

カライトソウは、中部地方の高山地帯に自生する日本原産の植物。寒さに強い花として知られています。

葉の縁はギザギザしており、ピンク色の猫じゃらしのような花を咲かせます。この花は、水に濡れると垂れ下がるという特徴があります。

また、根に含まれているタンニンには止血効果があるので、古くから生薬として使われてきました。

誕生日の花としてのカライトソウ

カライトソウは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてカライトソウの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、カライトソウ以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のカライトソウ以外の誕生花を調べてください。

カライトソウの英語と名前の由来

カライトソウの英語とその英語の由来、またカライトソウの和名とその和名の由来をご紹介致します。

カライトソウの英名は、Karaitosou。その言葉の由来とは?

カライトソウは、日本原産の植物です。そのため、学名のSanguisorba hakusanensisで呼ぶか、カライトソウのローマ字表記であるKaraitosouと呼ぶのが一般的です。

カライトソウの和名は、唐糸草(からいとそう)。その言葉の由来とは?

唐(当時の中国)から伝わった絹の糸のように花が美しいことから、唐糸草(からいとそう)と呼ばれるようになりました。

カライトソウの花の色や形や開花時期

カライトソウの花の画像

カライトソウの花は、猫じゃらしのような見た目の花です。茎の先端に、10cmほどのピンク色の花穂を上から下に付けます。開花時期は7月~10月です。

カライトソウの概要

名称カライトソウ
学名Sanguisorba hakusanensis
和名唐糸草(からいとそう)
その他の名前唐打草(トウウチソウ)、サングイソルバ
科名バラ科
属名ワレモコウ属
分類草花
原産地日本
丈(高さ)50cm~1m
強い
強い
栽培難易度やや初級者向け
開花時期7月~10月

※このカライトソウの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする