別名ハンカチの花、コンロンカの花言葉は変わった言葉

誕生日にコンロンカの花を贈ったり、誕生日プレゼントにコンロンカの花を添えようと考えているなら、「コンロンカの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、コンロンカの花言葉は1語のみです。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、コンロンカの花言葉以外にも、コンロンカの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、コンロンカの花の色や花の品種、コンロンカの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「コンロンカの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

コンロンカの花言葉

コンロンカの花言葉は1種類のみです。詳しい内容を見ていきましょう。

コンロンカの花言葉は、変わった意味の言葉

【1】コンロンカの花言葉神話

コンロンカの花言葉は「神話」という変わった意味の言葉です。

人に贈る花言葉として、ほとんど使う機会がない特殊な部類の花言葉。花屋でコンロンカの鉢植えを買うことができるため、「神話」という花言葉と共にギリシャ神話の一節を贈り、何かしらの想いを伝えるという演出は悪くはないかもしれません。

コンロンカ以外の花言葉を調べたい場合

コンロンカの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからコンロンカの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

コンロンカという植物について

コンロンカという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

コンロンカ属という生物分類に属しているコンロンカ

コンロンカの画像

コンロンカは熱帯植物なので、日本の屋外で育てる場合、沖縄県以外では育てることが困難です。しかしながら、温かい室温の屋内のような環境であれば、育てることは可能です。

ハンカチの木とハンカチの花の違いについて

「ハンカチの花」と「ハンカチの木」は、よく間違えるので注意が必要です。

まず、ハンカチの花は、コンロンカの別名なので、コンロンカのことを指します。

しかし、ハンカチの木は、「ハンカチノキ」という別の植物を指します。ハンカチの木で咲く花が、ハンカチの花という先入観がもたらすこの誤りは、誰もが間違った認識をするものです。ちなみに、ハンカチノキは、ミズキ科ハンカチノキ属なので、科名も属名もコンロンカとは全く異なります。

誕生日の花としてのコンロンカ

コンロンカは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてコンロンカの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、コンロンカ以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のコンロンカ以外の誕生花を調べてください。

コンロンカの英語と名前の由来

コンロンカの英語とその英語の由来、またコンロンカの和名とその和名の由来をご紹介致します。

コンロンカは英語でMussaenda parviflora。その言葉の由来とは?

Mussaendaがコンロンカ属を意味し、parvifloraは小さな花という意味を持っています。コンロンカの特徴を簡潔に表現した英語です。

コンロンカの和名は、崑崙花(コンロンカ)。その言葉の由来とは?

コンロンカは、白色の萼片を雪に見立て、中国の崑崙山という山の名前に因んで崑崙花(コンロンカ)という和名になりました。

コンロンカの花の色や形や開花時期

コンロンカの花の画像

コンロンカの花の開花時期は、7月~9月頃。白色が目立つので、夏の白い花だと認識している人もいるでしょう。

しかし、花びらのように見える白い箇所は、花びらでもなく、葉でもなく、萼片です。コンロンカの花は、黄色の小さな星形の花なのです。

コンロンカの概要

名称コンロンカ
学名Mussaenda parviflora
和名崑崙花(コンロンカ)
その他の名前ムッサエンダ、ハンカチの花
科名アカネ科
属名コンロンカ属
分類熱帯植物
原産地熱帯アフリカ、アジアなど
丈(高さ)50cm~2m程度
強い
弱い
栽培難易度中級者向け
開花時期7~9月頃

※このコンロンカの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする