クリスマスと誕生日が近い相手へのプレゼントの3つの選び方

誕生日は人それぞれ違います。普通の日に生まれた人もいれば、クリスマス付近に生まれた人や12/24のクリスマスイブや12/25のクリスマス当日が誕生日だって人もいます。

では、そんなクリスマスに生まれた人や、クリスマス付近に生まれた人に誕生日プレゼントをあげようとする場合、あなたならどうしますか?

クリスマスが誕生日の人に巡り合うことはなかなか無いので、どうすれば良いか迷いますよね。そんな時に読んでもらいたいのがこの文章です。

※クリスマス付近がどの日を指すのか人それぞれですが、情報サイト誕プレでは、12月21日から12月30日が誕生日の場合、クリスマスと誕生日が近いと定義します。

1.誕生日とクリスマスが近いので、豪華な誕生日プレゼントを1つに絞る

相手の誕生日とクリスマスが近い場合、一番オーソドックスなプレゼントの仕方が、豪華な誕生日プレゼントを1つにするという方法です。

クリスマスプレゼント代の分だけ、普段の誕生日プレゼントより予算を高くすることができるので、豪華なプレゼントを贈ることが可能です。指輪やネックレスなどのアクセサリーでも良いですし、スノボや温泉などの旅行をプレゼントするのもありです。

また、年末は仕事が忙しい人が多く、忘年会なども多いため、スケジュール調整ができない場合も豪華な誕生日プレゼントを1つに絞るという方法を取ります。

誕生日プレゼントを贈る相手のスケジュールによっては、クリスマスしか空いていなかったり、誕生日しか空いていなかったり、クリスマスも誕生日も予定が空いていない場合があります。

そんな時は、相手に会える日が限られてしまうので、豪華な誕生日プレゼントを1つに絞るしか方法はありません。

豪華な指輪の画像

2.誕生日当日に誕生日プレゼントを贈り、クリスマスにはクリスマスプレゼントというように別々に贈る

確かに、誕生日プレゼントとクリスマスプレゼントをまとめて豪華な誕生日プレゼントにするのも良いアイデアでしたが、情報サイト誕プレでは、誕生日には誕生日プレゼント、クリスマスにはクリスマスプレゼントというように別々のプレゼントにすることをおすすめします。確かに、金銭的に負担が大きいですが、効果は絶大です。

実は、クリスマス付近に生まれた人達は、生まれた時から誕生日プレゼントとクリスマスプレゼントを一緒にされ続けてきた人が大部分を占めます。酷い時なんかは、誕生日プレゼントとクリスマスプレゼントとお年玉をまとめられるという悲惨な状況を経験しています。

別々のプレゼントの画像

そのため、誕生日プレゼントがクリスマス仕様だったり、兄弟や姉妹の場合は、誕生日プレゼントは¥5,000、クリスマスプレゼントは¥5,000なのに、自分の場合は、誕生日プレゼント&クリスマスプレゼントをまとめて¥7,000みたいな、不公平とも思える経験をしているのです。

もちろん、クリスマス付近に生まれた人達はこのようなプレゼントの渡され方に慣れているので、「あぁ、またそのパターンか」程度にしか思わない人も多いですが、中には「ケチりやがって」みたいに思う人や、女性によっては「私の誕生日とクリスマスを一緒にされると冷める」という人もいるのが実情です。

そのような理由で、情報サイト誕プレでは、誕生日には誕生日プレゼントを贈り、クリスマスにはクリスマスプレゼントを別々に贈ることをおすすすめしています。もちろん、誕生日プレゼントはクリスマスっぽくないもの、クリスマスプレゼントはクリスマスっぽいものに分けて渡して下さい。

3.誕生日プレゼントとクリスマスプレゼントのセット戦略

誕生日とクリスマスが近いからこそできる、誕生日プレゼントとクリスマスプレゼントをセットと考えてプレゼントするという方法もあります。

この場合、誕生日プレゼントを渡す予定の日と、クリスマスプレゼントを渡す予定の日に予め会う約束を取り付ける必要があります。そして、誕生日とクリスマスそれぞれの日にプレゼントを渡すのです。

マフラーと手袋の画像

例えば、手袋を誕生日に贈り、マフラー(ストール)をクリスマスに贈ります。もちろん、手袋とマフラーは同じブランドで色のバランスが合うものを選びます。つまり、手袋とマフラーで1セットなのです。

他には、誕生日にDVDを贈り、クリスマスにそのDVDの続編の映画を一緒に見に行くなんてのもありです。DVDと映画がセットなのです。

この方法は、誕生日とクリスマスが近いからこそできるセット戦略なのです。

彼氏や彼女の誕生日が、クリスマスと近い場合のおすすめの誕生日プレゼントとは?

彼氏や彼女の誕生日がクリスマスと近い場合、誕生日プレゼントとクリスマスプレゼントはどうすれば良いのでしょうか。

その場合、情報サイト誕プレでは、旅行に連れて行くことをおすすめします

12月25日クリスマス生まれという人の誕生日の祝い方も参考にして下さい。

もちろん、旅行の代金はあなたが負担。旅行がクリスマスプレゼントに当たります。そして、旅先で誕生日プレゼントを渡しましょう。

旅行という2人の時間を満喫し、誕生日プレゼントとして形に残るものを贈る。これがベストな組み合わせだと思います。

冬の露天風呂の画像

驚愕!クリスマス生まれの知人の家族は凄い誕生日だった!

実は、知人にクリスマスが誕生日の人がいます。珍しいですが、驚く程ではないと思うでしょうか、実はその家族構成が凄いのです。

メリークリスマスの画像

その知人の家族は4人家族なのですが、その家族の誕生日が本当に凄い。意図的に作ったのだろうと言わんばかりの組み合わせです。

本人の誕生日は12月25日クリスマス生まれ、そして母親も同じ12月25日クリスマス生まれ。更に父親は1月1日生まれ、妹も1日1日生まれという驚愕の誕生日の組み合わせなのです。

初めてそれを聞いた時、私は驚愕しました。漫画や映画でも、そんな組み合わせの家族はいませんからね。

本人に聞いた所によると、悲しいことに今まで一度も家族に誕生日とクリスマスを祝ってもらったことがないとのことでした。誕生日プレゼントも無し、クリスマスプレゼントも無しで、お年玉と一緒に正月に現金でもらっていたようです。

世の中には凄い誕生日の人達がいるものですね!

シェアする