職場の同僚との絆が深まる誕生日の祝い方

勤務先の同僚やアルバイト仲間の誕生日は、どのようにお祝いすると良いのでしょうか?

せっかく同じ会社に就職したり、同じアルバイト先で出会えた仲間なので、しっかりとお祝いしてあげたいと考える人も多いことでしょう。とはいえ、あくまで仕事仲間なので、同僚との関係性にもよりますが、同僚が男性であったとしても女性であったとしても、土曜日や日曜日などの休日のプライベートな時間まで使ってお祝いするのは気が引けます。

そんな会社の同僚やアルバイト仲間の誕生日を祝う際、どのように祝えば良いのか、おすすめの祝い方をご紹介します。

同僚の人数が多い会社なら、共同購入で同僚の誕生日を祝うのがおすすめ!

もし、あなたが多くの同僚に恵まれていたり、飲食店など多くのスタッフがいる職場でアルバイトをしている場合、同僚のみんなで少しずつお金を出し合い、共同購入した豪華な誕生日プレゼントを贈るのがおすすめです。

特に、同僚の人数が多い会社の場合、職場で多くの人達から個別に誕生日プレゼントを貰うと、家に持って帰るのも大変です。そのため、同僚のみんなで豪華な誕生日プレゼントを1つ贈るのが良いのです。更に、色紙などに誕生日を祝う寄せ書きを書いて誕生日プレゼントに添えるとより喜ばれるでしょう。

企画者リレーの画像

ここでおすすめなのが、共同購入の企画者リレーです。

前回、誕生日を祝ってもらった人が、次の誕生日の人の誕生日にどのようにお祝いするか決め、共同購入する誕生日プレゼントの調整をしたり、寄せ書きのお願いをして調整するというものです。飲食店のアルバイト同士の場合、シフトの関係があるため調整はなかなか大変ですが、企画する人は、次の誕生日の人のことを知るように努力しますし、1年を通してみれば全ての人が当事者意識を持つようになり、同僚同士の絆も深まります。

会社の近くにバースデーにサプライズしてくれる店があるなら、仲の良い同僚を飲み会として誘い、サプライズ演出すると良い!

よく飲みに行くような仲の良い同僚であれば、普段の飲み会と装って誕生日のサプライズをすると良いでしょう。

まず、仲の良い同僚の誕生日が近付いてきたら、いつも通り飲み会に誘います。誕生日当日はプライベートな予定があるかもしれないので、誕生日前後の日程を選ぶのが無難です。

次に、誕生日のサプライズプランがある店や、サプライズ演出に協力してくれる馴染みの店があれば、予約しましょう。ここで注意すべきことは、職場の近くやいつも飲み会を開いている街でなければいけない点です。あまりに遠いと、普通の飲み会だと思っている本人に嫌がられる可能性があるからです。

誕生日のサプライズプランは店によって異なりますが、最後のデザートやドルチェの時に、お皿のプレートに名前やメッセージを書いてくれたり、バースデー用の音楽を流して店内を祝福ムードにしてくれたり、シャンパンやスパークリングワインをサービスしてくれたりします。

同僚が少ない職場なら、誕生日プレゼントを渡すか、食事を奢る程度でOK!

同僚が少ない職場の場合、人数にもよりますが、ランチなどを奢り誕生日プレゼントを渡すのがおすすめです。

もちろん、誕生日プレゼントを渡すだけでも、ランチやディナーを奢るだけでも構いません。誕生日を祝うという姿勢が重要なのです。

同僚の画像

普段は、仕事の意見で衝突することがあって嫌な思いをしたり、中にはウマが合わない同僚やアルバイト仲間もいるでしょう。しかし、職場の同僚は、基本的に毎日顔を合わせる大切な仲間達で、お互い協力し合うビジネスパートナーでもあります。

しかし、そんな会社の同僚やアルバイト仲間へ、日頃の感謝を述べる機会はほとんどないのが実情です。同僚の誕生日は、日頃の感謝を述べる絶好の場です。

誕生日のお祝いが、同僚との絆を深めるきっかけになることも多いので、同僚の誕生日は積極的に祝うのが良いでしょう。

シェアする