母への誕生日プレゼントで喜ばれるのは?

毎年両親の誕生日にプレゼントを贈っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、毎年贈っていると、誕生日のプレゼントもネタ切れしてきますよね。
「これは前に贈ったし…」などと、プレゼントがかぶってしまい、意外に家族へのプレゼントも困ってしまうものなんですよね。
一緒に暮らしていれば欲しい物の想像はつきやすいですが、離れて暮らしている方は、母親への誕生日プレゼントに何を贈れば、良いか迷っているのではないでしょうか?

【マッサージ器】

年齢を重ねてくると、大体の方は肩こりや腰痛も出てくるのではないかと思います。
そんな時に喜ばれるのがマッサージ器です。
何十万もするような立派なマッサージチェアでなくても、クッション型のマッサージ器でも充分効果があり、喜ばれると思います。
もし一度でも母親から「腰が痛い」という声を聞いたことがあるのであれば、マッサージ器のプレゼントも視野に入れて良いと思いますよ。

【旅行のプレゼント】

何度もらっても嬉しいプレゼントは「旅行」ではないでしょうか?
温泉旅行や、ちょっと豪勢に海外旅行など、母子水入らずでゆっくりと語らう時間も、母親にとってはとても嬉しい時間のプレゼントになると思います。
親孝行にもなる上に、自分もゆっくり羽を伸ばすことが出来て、一石二鳥の誕生日プレゼントになると思います。

【家電製品のプレゼント】

母親って、なんでもボロボロになるまで使い込んでしまうものだと思います。
壊れかけていても、「もったいないから」と、無理に使っている事もあるのではないでしょうか。
オーブンレンジや炊飯器、掃除機など、もしかなり年季の入っている家電があれば、思い切って新しいものをプレゼントしてあげてはいかがでしょうか?
毎日使用するものなので、本当に喜ばれると思いますよ。

【アンチエイジング系コスメ】

いくつになっても女性は美容へのこだわりがあると思います。
アンチエイジング系の、美容液などのコスメをプレゼントするのも良いかもしれません。
ただ、肌に合わない場合もありますので、肌質などを充分リサーチした上で、誕生日に贈るコスメを選ぶようにしてください。

子供からもらえるものはなんでも嬉しいのが母親だと思いますが、恩返しも兼ねて、時々は思い切ったプレゼントをするのもいいと思います。
もし金欠で予算的に厳しいという場合は、今までの感謝を込めた、手紙を贈ってみるのも、大変喜ばれるのではないかと思います。

お母さんの誕生日には実用的なプレゼントをしよう!

お母さんの誕生日、長い付き合いだけにだんだんネタもなくなり、適当なもので済ませてしまうことってありませんか?そんなマンネリ化したお母さんの誕生日プレゼントのお祝い、改めてちゃんとお祝いしてみませんか?今回はそんなお母さんが喜んでくれそうな、自分ではなかなか欲しいと思っていても買わない、あると便利な実用的なプレゼントをご紹介します。

エプロン

こちらはある程度定番のアイテムですね。すでに持っている、というお母さんでも毎日使うものだから汚れていたりボロボロになっているなら新しいものに買い替えてあげると嬉しいですよね。

パジャマ

こちらも、意外と自分では欲しいと思っていても買わないでいるお母さんが多いようです。たまには、ちょっとオシャレな柄と素材のステキなパジャマを買ってあげると喜んでくれるはずです。

スリッパ

スリッパは、お母さんの分は特に毎日掃除したり料理をしたり、家で使う時間が長いため、すぐに使い古してしまいます。もしお母さんのスリッパがボロボロになっていたら、新しいスリッパを買ってあげるのもおすすめですね。

掃除機

こちらは家電でおすすめのもの。掃除機は使用頻度が多く、その機能が重要視されるところ。

毎日使っていると、もうちょっと軽いものが欲しいとか、コードレスのやつが欲しくなったりします。今は、安くてコンパクトな手軽な掃除機や、ずっと長く使える性能の良い実用的な掃除機がたくさん出ていますので、ずっと欲しいとは思っていたけど買っていなかった、なんていう場合にはもってこいのプレゼントですね。

食器洗浄機

ちょっと奮発する余裕があり、家にないのならこれがおすすめ。

料理を作るのは楽しいけど、その後の食器洗いが憂鬱だったりします。それも料理を作れば毎回付帯して必要になる作業ですから、これが軽減されればなぁ、と思っているお母さんは多いけど、

なかなか実際買えないでいるようです。予算があるならとても実用的ですので、絶対に喜ばれるでしょう。

いかがでしたでしょうか。本当はずっと欲しいと思っていたけど、家計をやりくりしなければならない役割上、自分の欲しいものは後回し、そんなお母さんも多いはず。そんな家族思いのお母さんに、次回の誕生日には日ごろの感謝をこめて、ぜひ実用的なアイテムをチョイスしてみましょう。これ、実はずっと欲しかったの!なんて言ってもらえるとうれしいですね。

シェアする