【誕生日体験談36】身の丈に合った誕生日鬼怒川旅行

誕生日体験談その36。36話目の体験談は、女性まっぴーさん(仮名)の誕生日に関する体験談です。

情報サイト誕プレでは、誕生日や誕生日プレゼントに関する体験談を様々な人にお聞きし、その体験談を掲載しています。この体験談が、皆さんの誕生日の祝い方や誕生日プレゼントの選び方のヒントになれば良いと思っています。

以下の内容は、2004年、まっぴーさんが21歳の時のお話です。

彼の誕生日に行った低予算で身の丈に合った鬼怒川旅行

彼の誕生日を祝うために、2人で栃木県の鬼怒川へ一泊で旅行に行きました

彼のためにインターネットで、鬼怒川沿いの旅館を頑張って探して予約したのです。当時、学生だったため予算があまりなく、少し古めの旅館になってしまいましたが、部屋から川が見える清掃の行き届いた場所でした。

鬼怒川の画像

初日は、鬼怒川でライン下りを楽しみました。6月でしたがよく晴れていて、舟から見える緑色の景色が本当に気持ちよかったです。舟を降りた場所から駐車場までバスで移動するのですが、その待ち時間で寄ったお店で食べたかき氷が、今まで食べた物の中でも一番おいしいと思えるぐらいフワフワで口溶けの良いかき氷で、今でもあの味が忘れられません。

本当に記念になる体験でした。

彼の運転で旅行していたため、次の日は宇都宮まで移動。有名な餃子店に寄って、お昼ごはんを食べました。メニューはほぼ餃子とご飯しかないというお店でしたが、着いた時にはすでに行列ができていて、2人で順番を待ちました。

このお店も事前に私がインターネットでチェックしていた場所。誕生日に餃子ということで、洒落た感じにはなりませんでしたが、本物の美味しさに彼も大満足だったようです。

豪華なディナーではありませんでしたし、ホテルのスイートルームでもありませんでしたが、私達の身の丈に合った思い出に残る誕生日旅行でした。

まっぴーさんの体験談について

何事も身の丈に合った思い出作りが重要です。いくら1年に1度の誕生日だからと言って、背伸びをして豪華な部屋に泊まる必要はありません。豪華な料亭に行く必要もありません。学生であれば、生活に影響が出ない範囲の予算で、誕生日の過ごし方を過ごすべきです。

まっぴーさんの体験談は、そのお手本のような誕生日の過ごし方です。低予算の誕生日旅行。洒落た食事でなくても、その土地で一番美味しい食べ物。

素敵じゃありませんか。このような誕生日の祝い方が。

特に学生の場合、彼女や彼氏に対して見栄を張る必要はありません。予算内でできそうなプランを立てて、誕生日を祝うのが大事なのです。

※その他の体験談をご覧になりたい場合は、体験談のカテゴリーをご覧下さい。