節約志向のお金がかからない4つの誕生日プレゼント

あなたにとって、大切な家族や友達の誕生日は毎年訪れます。当然、大切な人が生まれた日だから、しっかりお祝いをしてあげたいし、お祝いに手を抜きたくないと考えるはずです。

しかし、大切な人が多ければ多いほど、誕生日プレゼントでの出費が悩みの種。

そんな人のために、心はこもっているけど節約志向のお金がかからない誕生日プレゼントをご紹介します。

※誕生日プレゼントに手料理をプレゼントする場合など、意図的にお金をかけたくない場合は、「お金をかけない誕生日プレゼント」をご覧下さい。

あまりお金がかからない誕生日プレゼントの代名詞は本

誕生日に小説などの本をプレゼントするのは、お金がほとんどかからないためオススメです。

漫画本は全巻揃っている必要があるため費用が高くなりますが、小説などは1冊のみプレゼントするだけで、金額も1,000円程度なので誕生日プレゼントとしては非常にリーズナブルです。

本屋の画像

基本的にどのタイトルの本であっても、大きく価格は違わないので、プレゼントする相手の誕生日直前に話題になっている本を買って贈ると良いでしょう。

※本屋にお願いすれば、きれいに包装してくれるので、買う時はコンビニではなく本屋にして下さい。

お菓子の詰め合わせやお菓子リュックは、見た目に対してお金がほとんどかからない誕生日プレゼント

ポテトチップス、チョコレート、ガム、グミ、うまい棒などのお菓子は、1点当たり数十円~数百円程度です。

そんなお菓子をたくさん集めると、お金がほとんどかからない割に見た目はゴージャスな誕生日プレゼントのできあがり。特にうまい棒は単品としての値段が安く、色もカラフルなので、そのうまい棒を寄せ集めて誕生日にプレゼントするとあまりお金がかかりません。

ちなみに、2014年頃から韓国の女子高生を発祥として、人気に火が付いたお菓子リュックにするという方法もあり。お菓子リュックを作るのには、多少のセンスと若干の手間がかかりますが、ほとんどお金がかからない誕生日プレゼントにも関わらず、初めて手にした人は感動します。

お菓子リュックとは、お菓子をOPPテープなどで止めてリュック型に成形した物を指します。もちろん、リュックの中にちょっとした物も入るという代物です。特に女性に対する誕生日プレゼントにおすすめです。

ドライフラワーキャンドルは、お金がかからない誕生日プレゼント

もしドライフラワーキャンドルに興味があるなら、ドライフラワー教室のレッスンを受けてみましょう。その教室で作った作品を誕生日プレゼントに流用すれば、お金はかかりません

ちなみに、ドライフラワーキャンドルは、お好きな生花をお花屋さんで買ってきて、ドライフラワーにし、それをキャンドルに混ぜ入れることによって作ることができます。費用は3,000円程度。

キャンドルの材料は、100円均一でも用意可能。ドライフラワーにしたいお花は5~6本。手作り用の蝋燭とそれを溶かす為の湯銭ができる小さな鍋、キャンドルの型が2つ程度あれば簡単に作れます。

手作りレジンアクセサリーも、あまりお金がかからない誕生日プレゼント

レジンアクセサリーは、3,000円程度で作れるアクセサリーです。

レジンとは、樹脂のこと。UV、つまり紫外線で液体が個体に硬化するもので、作りたい形を自由にデザインすることができます。太陽の光で簡単に固まるので、レジンアクセサリーは誰でも手軽に作れるハンドメイド作品と言えます。

レジンの画像

今では手芸屋などでも良く売られているレジン液。レジン用の型を使って、小さなピアスやイヤリング、ペンダントトップなどを作ることができます。

小さな丸や楕円の型などを使って、可愛いデザインのコラージュ用紙や専用のパーツなどを埋め込んだり、お祝いをする相手のイニシャルの文字パーツを入れたり、とにかく相手が喜ぶデザインを考えて固め、穴をあけてパーツを付ければ立派なアクセサリーになります。機会があれば、検討してみて下さい。

大事なのは気持ち。お金がほとんどかかっていなくても大丈夫

お金がかからない誕生日プレゼントを贈る場合、「お金がかかっていないと思われたらどうしよう」と思うかもしれませんが気にする必要はありません。

例えお金がほとんどかかっていなくても、誕生日プレゼントであることに変わりありません。大事なのは誕生日を祝う心。自信を持って、プレゼントを渡してあげてください。

シェアする