木蓮(モクレン)の花言葉は自然を尊ぶ2つの言葉

誕生日に木蓮の花を贈ったり、誕生日プレゼントに木蓮の花を添えようと考えているなら、「木蓮の花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、木蓮の花言葉は2語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、木蓮の花言葉以外にも、木蓮の花について詳しい情報を掲載しています。つまり、木蓮の花の色や花の品種、木蓮の英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「木蓮の花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

木蓮の花言葉

木蓮の花言葉は2種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

木蓮の花言葉は自然を尊ぶ言葉ばかり

【1】木蓮の花言葉自然への愛
【2】木蓮の花言葉崇高

木蓮の花言葉は、「自然への愛」と「崇高」です。

「崇高」とは、美学上の概念で、主に自然に対して使われることが多い言葉です。例えば、「崇高なる富士山」のような使い方をします。

木蓮の花言葉は、どちらも自然を尊ぶ花言葉と言っても過言ではないでしょう。なかなか使う機会のない花言葉ですが、決して悪い意味の花言葉ではありません。

木蓮以外の花言葉を調べたい場合

木蓮の花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクから木蓮の花言葉以外の花言葉を調べることができます。

木蓮という植物について

木蓮という植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

モクレン属という生物分類に属している木蓮

木蓮の画像 By Tatters

木蓮は、北朝鮮の国花に指定されている花です。強い香りが特徴的。

白亜紀(約1億4500万年前~6600万年前)の地層から、木蓮の化石が発見されており、発見された地層の位置から、1億年以上前には既に木蓮が存在していたと考えられています。このことから、現在確認されている地球最古の庭木だと考えられています。

ハクモクレン(白木蓮)は違う花

ハクモクレン(白木蓮)と木蓮は、同じ花だと思われがちですが、違う花です。

確かに、同じモクレン属ですが、ハクモクレンは木蓮よりも大型で、ハクモクレンは白色の花を咲かせます。

単に花の色の違いというわけではなく、違う花なので注意しましょう。

こぶしと木蓮の違い

こぶしと木蓮を、同じ花だと勘違いしている人がいるため、このパラグラフでは、こぶしと木蓮の違いを説明します。そもそも、なぜ、こぶしと木蓮が混同されるようになったかと言うと、日本語の漢字の使い方と、中国から日本に木蓮が伝わった経緯によります。

昔、木蓮は中国から観賞用の花としてではなく、漢方として伝わりました。当時の漢方名は、辛夷(しんい)です。そのため、暫く、木蓮は辛夷(しんい)と呼ばれていました。その後、観賞価値があることが分かり、現代のように木蓮という呼び名に変わったのです。

対して、こぶしは、漢字で書くと辛夷(こぶし)です。つまり、「辛夷の花」と漢字で書くと、木蓮と辛夷(こぶし)、どちらの意味にも取れてしまうので、同じ花だと勘違いする人が増えてしまったのです。ちなみに、両方共、モクレン科モクレン属。近縁の花で近い性質を持っています。

しかし、花の見た目は大きく違います。画像については、この木蓮の花言葉のページとこぶしの花言葉のページを見比べていただければと思います。

誕生日の花としての木蓮

木蓮は、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えて木蓮の花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、木蓮以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日の木蓮以外の誕生花を調べてください。

木蓮の英語と名前の由来

木蓮の英語とその英語の由来、また木蓮の和名とその和名の由来をご紹介致します。

木蓮は英語でMulan magnolia。その言葉の由来とは?

まず、magnoliaという英語は、モクレン属を指します。このmagnoliaは、フランスのPierre Magnolというモンペリエ第一大学の植物学の教授に因んで付けられました。

Mulanは、中国の伝承文芸の主人公のムーラン(日本語では木蘭)に因んで付けられました。そのため、Mulan magnoliaと呼ばれるようになったのです。

木蓮の和名は、モクレン(木蓮・木蘭)。その言葉の由来とは?

木蓮の和名はモクレンですが、漢字で木蓮と書く場合と、木蘭と書く場合があります。昔、モクレンは、漢字で「木蘭」と書いていました。モクレンの花がラン(蘭)の花に似ていたためです。しかし、現代では、モクレンの花は、ランよりもハス(蓮)の方が似ているため、「木蘭」から「木蓮」に変わったのです。

木蓮の花の色や形や開花時期

木蓮の花は、4月に紫色(ピンク色にも見えます)の花を咲かせます。紫色と言っても、花の外側が紫色で、花の内側は白色の花です。

木蓮は、別名、紫木蓮(シモクレン)と呼ばれており、「紫木蓮」の漢字からも分かるように、花の色が別名になっている花なのです。

木蓮の概要

名称木蓮(モクレン)
学名Magnolia liliiflora(Magnolia quinquepeta)
和名モクレン(木蓮・木蘭)
その他の名前紫木蓮(シモクレン)、ハネズ、モクレンゲ
科名モクレン科
属名モクレン属
分類庭木
原産地中国
丈(高さ)4m~25m程度
強い
強い
栽培難易度やや初級者向け
開花時期4月

※この木蓮の花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

Facebook like box
スポンサーリンク
スポンサーリンク