デンドロビウムの花言葉は、3つの意味の言葉

誕生日にデンドロビウムの花を贈ったり、誕生日プレゼントにデンドロビウムの花を添えようと考えているなら、「デンドロビウムの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、デンドロビウムの花言葉は3語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、デンドロビウムの花言葉以外にも、デンドロビウムの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、デンドロビウムの花の色や花の品種、デンドロビウムの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「デンドロビウムの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

デンドロビウムの花言葉

デンドロビウムの花言葉は3種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

デンドロビウムの花言葉は、様々な意味合いの3つの言葉

【1】デンドロビウムの花言葉わがままな美人
【2】デンドロビウムの花言葉天性の華をもつ
【3】デンドロビウムの花言葉思いやり

デンドロビウムの花言葉には、「天性の華をもつ」という言葉があります。美を褒めるにしろ、スター気質を褒めるにしろ、良い意味の言葉なので男女問わず贈って良い言葉です。

また、「思いやり」というデンドロビウムの花言葉は、誰に対しても使える便利な言葉です。両親や先生など、日頃お世話になっている方に贈ると良いでしょう。

しかし残念な意味もあります。「わがままな美人」というデンドロビウムの花言葉は、癖がある言葉で、単なる褒め言葉ではなく、嫌味が混じっているので、皮肉を込めたい時に使ってください。

デンドロビウム以外の花言葉を調べたい場合

デンドロビウムの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからデンドロビウムの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

デンドロビウムという植物について

デンドロビウムという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

セッコウ属という生物分類に属しているデンドロビウム

デンドロビウムの画像 ByForest and Kim Starr

デンドロビウムは、洋ランの一種。下記のように種類がとにかく多いのが特徴です。

デンドロビウムの種類(園芸品種)

デンドロビウムは、大きく分けると以下の5つに分類できます。

デンドロビウム・ノビル

デンドロビウム・ノビルの画像 ByMaX Fulcher

デンドロビウム・ノビルは、インドやヒマラヤが原産の種。デンドロビウムの中で最大数の種類をほこり、デンドロビウムといえば一般的にノビル系を指すことが多いです。

節や偽球茎の節ごとに、葉や少数の花が咲き、栽培は簡単という特徴があります。

日本におけるデンドロビウム・ノビル系の品種改良は世界トップクラスで、観賞用やギフトとして人気があります。

花の色は、ピンク色、薄い紫色、白色、黄色、オレンジ色などがあります。

デンドロビウム・ファレノプシス

デンドロビウム・キンギアナムの画像 ByMaja Dumat

デンドロビウム・ファレノプシスとは、デンファレという略称が有名な種。贈答用の花として切り花などが流通しています。ただ、寒さに弱いため、栽培という観点から見るとやや難しい品種になります。

デンドロビウム・ファレノプシスについては、デンファレの花言葉のページをご覧ください。

デンドロビウム・キンギアナム

デンドロビウム・ファレノプシスの画像 ByJungle Rebel

デンドロビウム・キンギアナムは、オーストラリア原産の種。香りもよく、花の色によって香りが違うという特徴があります。

デンドロビウム・キンギアナム系の花の色は白色、ピンク色、オレンジ色、黄色、紫色などです。

デンドロビウム・フォーモサム

デンドロビウム・フォーミディブルの画像

デンドロビウム・フォーモサムは、品種改良されたデンドロビウムで、やや大きめの花を咲かせます

花の色は白色で、花びら弁の中心辺りが黄色くなります。

デンドロビウム・カリスタ

デンドロビウム・ファーメリの画像

デンドロビウム・カリスタは、花がたくさん咲き、その花が垂れ下がっているのが特徴です。

花の色は、黄色や白色やピンク色です。

誕生日の花としてのデンドロビウム

デンドロビウムは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてデンドロビウムの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、デンドロビウム以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のデンドロビウム以外の誕生花を調べてください。

デンドロビウムの英語と名前の由来

デンドロビウムの英語とその英語の由来、またデンドロビウムの和名とその和名の由来をご紹介致します。

デンドロビウムは英語でdendrobium。その言葉の由来とは?

デンドロビウムは、土を介さず、木の上に根を張って生きることができる洋ランです。そのため、ギリシャ語で樹木を意味するdendronと、生活を意味するbionを合わせた英語が変化し、dendrobiumという英名になりました。

デンドロビウムの和名は、デンドロビウム。その言葉の由来とは?

デンドロビウムの学名は、Dendrobiumですが、これをそのまま日本語読みしてデンドロビウムになったのが和名の由来です。

デンドロビウムの花の色や形や開花時期

デンドロビウムの花の画像 Bybk

デンドロビウムは、可愛らしく上品な花を咲かせます。カジュアルな雰囲気も持ち合わせた花ではないでしょうか。

デンドロビウムは、非常に多くの種類があり、種類によって花の咲き方などは様々。花の色は、白色、淡い緑色、ピンク色、赤色、紫色、黄色など様々な色をしています。

開花時期は2月~7月ですが、メインの時期は3月~4月になります。

デンドロビウムの概要

名称デンドロビウム
学名Dendrobium
和名-
その他の名前デンドロビューム
科名ラン科
属名セッコク属
分類ラン
原産地オーストラリア、ネパール、インド、ミャンマー、タイ、ブータンなど(品種による)
丈(高さ)15cm~60cm程度(品種による)
普通~強い(品種による)
弱い
栽培難易度初級者向け~やや初級者向け(品種による)
開花時期2月~7月(品種によるがメインは3月~4月)

※このデンドロビウムの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする