酒飲みの誕生日にプレゼントしたいおすすめのお酒18選

趣味がお酒というような飲兵衛に、誕生日プレゼントとしてお酒をプレゼントをすることは良いことです。

間違いなく、喜んでくれます。

しかし、お酒の種類や銘柄選びはすごく難しい。特に、濃い酒やアルコール度数が高いお酒が好きな人達は、お酒に対する感覚が普通の人達と少し違うので、お酒の銘柄選びに慎重にならないといけません。

誕生日プレゼントを贈ろうとしている人が好きな銘柄のお酒を、あなたが知っているのであれば、その銘柄をプレゼントすればOK。

でも、そうでなければ、飲兵衛の私がおすすめするお酒を参考にしてください。

※誕生日パーティーでのお酒の飲み方については、「濃い酒が好きな人の誕生日パーティーでのお酒の選び方と飲み方」をご覧ください。

目次

酒飲みの筆者が好きなお酒は、濃い味のお酒!そしてアルコール度数が高めのお酒!

お酒を飲み始めた時から、燗酒、冷酒問わずに日本酒が大好きでしたが、結婚と子育てを機に、安めで気軽に飲める芋焼酎派になっていました。

でも、子育ても落ち着いてきたこの頃は、また日本酒の魅力にはまってきています。

私が好きなお酒は、一言で言うならば濃い味のお酒。また、何と言ってもアルコール度数はある程度高くないとがっかりしてしまいます。

味に深みがあり、でも甘すぎず切れがあり、後口にもふくよかな味の余韻が残るお酒。また、ちょっとクセのある味や、少し変わったお酒を見つけるとワクワクします

まとめると、以下のようなものが好きです。

  • アルコール度数が高めであること。
  • 味が濃いけれど、甘すぎないこと。
  • キリッと切れがあり、けれどサッパリしすぎないこと。
  • 後味も豊かなもの。
  • 好みの分かれそうなクセのある味や、変わった製法をしているもの。

同じ銘柄でも、同じ味には二度と出会えないものもある

この後、酒好きな私個人が、最近飲んで美味しいと思ったものを、お酒別にご紹介していきます。

たとえ同じ銘柄を購入したとしても、作られた時期や保存環境の違いなどで同じ味には二度と出会えないものも沢山ありますので、 詳しい個別感想は控えますが、一言で言えば、全て、前述した「私の好きなお酒の味」ということになります。

日本酒の中で美味しいと感じた誕生日プレゼント向きの銘柄4選

濃い味が好きとはいっても、大吟醸のように華やかすぎる味のものは甘すぎるように感じる為、普段飲む自宅用にはあまり選びません。

フルーティでありつつも甘すぎず切れがあり、でも、後味にたくさんの余韻を残してくれるような日本酒を選びます。

一概には言えませんが、純米吟醸で生のものが好みの味の場合が多いです。

よって、燗酒よりも要冷蔵のものの方が好みですが、要冷蔵として買った日本酒の味が少しひねてしまっていて口に合わなかった場合には、ぬる燗にして楽しむ場合もあります。

冷酒の画像

さて、日本酒の要冷蔵のものは熱に弱いので、購入直後から冷やせるように、我が家では移動用クーラーボックスを使っています。

一升瓶も入るiglooのクーラーボックスは本当に便利!

[amazonjs asin=”B006H0L7B8″ locale=”JP” title=”igloo(イグルー) クーラーボックス MARINE BREEZE MAXCOLD ULTRA マリーンブリーズマックスコールドウルトラ 50 ROLLER 00045273″]

また当然、自宅では冷蔵庫に入れなくてはいけませんので、冷蔵庫の隙間を考えた上で、一升瓶にするか720mlにするかを選ぶことも重要です。

飲んだ日本酒の画像

最近飲んだ日本酒で、美味しいと感じた銘柄は以下になります。誕生日プレゼントでもらったら、嬉しいと思うものばかりです。

<而今> 純米吟醸 千本錦無濾過生

開けた瞬間はフレッシュな香りが漂い、含むと濃厚で心地よい甘い旨味が優しく広がります。

甘すぎず旨味とのバランスが良く、少し渋みが隠れていて、微発泡で飲み口は爽やか、そして後味には、旨味が一体になりスーッと心地よく消えていきます。

時間が経つと、甘味は控えめながら、熟成感が増して深みがある味になる気がします

※而今の読み方は、「じこん」。純米吟醸の読み方は、「じゅんまいぎんじょう」。千本錦無濾過生の読み方は、「せんぼんにしきむろかなま」。

<大信州>純米吟醸 超辛口

優しく穏やかな香りで、口に含むと米の旨味がひろがり、程よくパンチのある味わいが喉を駆け抜けます。

このお酒は大信州の中でも最もポピュラーなお酒ですが、この他にも好きな味だなと思ってラベルを調べると、大信州のものが多いです。

辛口好きの我が家には笑みがこぼれる、超辛口酒。辛口好きの方には是非お勧めしたいものです。

※大信州の読み方は、「だいしんしゅう」。純米吟醸の読み方は、「じゅんまいぎんじょう」。超辛口の読み方は、「ちょうからくち」。

<羽根屋>純米吟醸 生原酒 煌火

ボトルのラベルに記載されている通り、香り豊かで、華やかな味です。

きれいでピュアな飲み口が特徴らしいですが、そこに華やかな香りと程よい甘味と旨味が加わり、口の中に幾重もの味が広がります。

まさにラベルの通り、心に染みるような優しいお酒です。

※羽根屋の読み方は、「はねや」。純米吟醸の読み方は、「じゅんまいぎんじょう」。生原酒の読み方は、「なまげんしゅ」。煌火の読み方は、「きらび」。

<奈良萬>純米生酒 中垂れ

お酒を搾る時に初めに垂れてくるものを「あらばしり」、途中の部分を「中汲み・中垂れ・中取り」、最後の部分を「責め」と呼びます。

  • 「あらばしり」は、酒袋を積み上げていく途中に流れ出たきたお酒なので、薄く濁っていてアルコール度数は比較的に低めですが、荒削りで華やか、フレッシュな味わい。
  • 「中汲み」は、あらばしりが終わり、少しずつ圧力を加えて垂れてきた部分。とはいえほとんど圧力はかけずに自然に出てきた部分なため、透明で雑味がなく、味と香りのバランスに優れたきれいなお酒、一般的にお酒の良い部分と言われているものです。
  • 「責め」は、最後に圧力をかけて搾った部分である為、雑味が多いですがアルコール分が高く、力強く洗練された味わいで飲み応えがあるのが特徴です。

つまり、この中垂れ(中汲み)は、炭酸ガスを含んでいて大変ジューシーで且つ、飲みやすい部分となります。

マスカット系の香りが爽やかでクセになる味わいです。今後出会えれば、他の部分も是非飲んでみたいです。

※奈良萬の読み方は、「ならまん」。純米生酒の読み方は、「じゅんまいきざけ」。中垂れの読み方は、「なかだれ」。

芋焼酎の中で美味しいと感じた誕生日プレゼント向きの銘柄7選

芋焼酎の中でもサッパリした味よりも、これぞ芋!というような粗削りな味のものが好きです。

でも、粗削りな味ばかりでは飽きてしまうため、サッパリしたものもいくつか用意しています。※サッパリでも、きちんと芋のうまみが感じられるものでなくては駄目。

また同じ銘柄でも、主に白麹と黒麹のボトルがある場合が多いですが、白麹の方が、より芋のうまみが感じられる気がして好みの味である場合が多いです。

焼酎の画像

余談ですが、飲んだ瞬間に、作られた芋の香りしかしないな、と思いながら飲んだ後には、必ず悪酔いして後悔します…

不二才

白麹と言えば、不二才がおすすめ。本当に美味しいと思います。

また、同じ佐多宗二商店のお酒では、「不二才はい」(はいの漢字は、非常用漢字)と「晴耕雨読」も美味しい芋焼酎です。

※不二才の読み方は、「ぶにせ」。晴耕雨読の読み方は、「せいこううどく」。

伊佐美

味の強い芋焼酎です。濃い味が好きなら、良いお酒だと思います。

※伊佐美の読み方は、「いさみ」。

薩摩七夕

芋焼酎が好きな人であれば、おすすめの焼酎です。

※薩摩七夕の読み方は、「さつまたなばた」。

宝山

おすすめは芋麹全量。また、昔は綾紫が好きでしたが今は少しさっぱりの白豊が好みです。

※宝山の読み方は、「たからやま」。

純黒

この純黒シリーズはほとんど好きです。

 純黒・薩摩乃薫 芋焼酎 25度1800ml

 純黒・薩摩乃薫 芋焼酎 25度1800ml
価格:2,052円(税込、送料別)

※純黒の読み方は、「じゅんくろ」。

明るい農村

安くて美味しい芋焼酎です。

○【芋焼酎】明るい農村 1800ml

○【芋焼酎】明るい農村 1800ml
価格:2,571円(税込、送料別)

※明るい農村の読み方は、「あかるいのうそん」。

六代目百合

人気の芋焼酎です。酒豪の方には、35度の方をプレゼントしても良いでしょう。

※六代目百合の読み方は、「ろくだいめゆり」。

誕生日プレゼントにもらえたら嬉しい希少な黒糖焼酎のハナタレ!最高の銘柄1選!

ハナタレとは、「初留垂れ(初垂れ)」と呼ばれる最初の部分を集めた焼酎のことです。

初垂れは少量しか取れないため、非常に希少なもので、且つボトルや箱も変わったものが多いのでプレゼントにもお勧めです。

度数が高めなので注意が必要ですが、好きな方にはたまらない一品だと思います。

南の島の貴婦人

冷凍庫でキンキンに冷やしても、固まらずトロッとします。おちょこに氷を1個入れて飲むのがお勧めです。

このハナタレは、蝶の模様で可愛らしいボトルなので、酒好きな女性への誕生日プレゼントにもおすすめです。

※南の島の貴婦人の読み方は、「みなみのしまのきふじん」。

日本で唯一の国産黒糖ラム酒!珍しくそして美味しいので、誕生日プレゼントにおすすめの銘柄!

黒糖焼酎ではなくてラム酒なの?と出会った時に衝撃を受け、飲んでみて更に衝撃を受けたお気に入りのお酒です。

奄美群島に属する徳之島で唯一高岡醸造が蒸留する国産ラム酒です。

ルリカケス

色合いは、オーク樽で貯蔵されていますので、琥珀色をしています。そのままで飲んでもトロッとして甘味があって大変美味しいですが、飲み口とは違いかなりの度数ですので、飲みすぎには要注意です。

少しのお水かロックで飲むと甘味がさらに際立って、後を引かずに美味しいです。

かくゆう私も飲み口の良さに騙されて飲みすぎてしまい、ヒビの入ったグラスに気づかずに手をぐいっと入れて洗ってしまい、割れたグラスにグサッと…しかし強いお酒を飲みすぎた直後であった為に、縫合時の麻酔が全く効かず麻酔無し状態で縫合…という事件がありました。

スコッチウイスキーの中で美味しいと感じた銘柄5選

私は、ウイスキーの中でも、スコッチウイスキーが好きで、バーボンは苦手です。

スコッチウイスキーとは、イギリス北部のスコットランド地方で蒸留・熟成させたウイスキーの総称で、私の好きなスコッチウイスキーは、 モルトウイスキー(大麦麦芽を単式蒸留器を使用して2回蒸留したものが一般的)であり、 シングルモルト(ひとつの蒸留所で作られたモルトウイスキーを瓶詰めしたもの)でもあります。

つまり、分類の仕方によって呼び方が変わるためにややこしいのですが、さらには、地域別にも分類されて呼ばれているので簡単にご紹介しておきます。

※ウイスキーを地域で分類したものの1つがスコッチウイスキー。そして、そのスコッチウイスキーを原料や蒸留方法で分類したものの1つがモルトウイスキー。更に、モルトウイスキーを製造工程で分類したものの1つがシングルモルトです。

ウイスキーの画像

スコッチウイスキー(モルトウイスキーでシングルモルト)は以下のように分類できます。

  1. ハイランド(スペイサイドを分類する場合もあり)…穏やかなピートで、深みのある円やかさ
  2. ローランド…軽い
  3. アイラ…強いピートで、重厚な個性
  4. キャンベルタウン…ローランドとアイラの中間的

私が好んでいるのは、この中でも強いピート香(正露丸のような香り)で重厚な味のアイラ地域のものが多いです。

Bunnahabhain(ブナハーブン)

アイラっぽくないですが、美味しいと思います。オシャレな感じがする見た目です。

CAOLILA(カリラ)

このクサイ感じがたまりません。まさにアイラモルト。

BRUICHLADDICH(ブルイックラディ)

可愛らしい見た目のボトルなので、誕生日プレゼントにもピッタリだと思います。

味ももちろんお墨付き。

ARdbeg(アードベック)

アイラの中のアイラといった感じの王道の味です。

ボトルや箱もシックな感じがするので、誕生日プレゼントにもおすすめのウイスキーです。

Scapa(スキャパ)

やや甘めだと思います。癖があまりないウイスキーです。

お酒が好きな人への酒のプレゼント選びの参考になると嬉しい!

私の好みばかり、芳醇で濃厚な18種類のお酒を紹介しました。特に濃い味や、クサイにおいのお酒が好きな人が好むお酒ばかりだと思います。

居酒屋でお酒を嗜む程度の人へのプレゼントとしては微妙なラインナップかもしれませんが、私のようにお酒が大好きな人への誕生日プレゼントとしては喜ばれると自負しています

酒飲みの人へのプレゼントに困っているなら、参考にしていただければ幸いです。

ちなみに、濃厚な酒が好きって程でもない人に、お酒をプレゼントする場合、以下を参考にしてください。

誕生日に日本酒をプレゼントする場合の選び方

誕生日を迎える人が、燗酒が好きか冷酒が好きかによって選ぶ日本酒が変わります。

  • 燗酒or冷酒のどちらが好きか分かる場合 …熱燗が好きなら、本醸造。冷酒が好きなら、純米吟醸や生酒などのその時期に発売されたばかりのものがオススメです。
  • 燗酒or冷酒のどちらが好きか分からない場合…フルーティな純米吟醸や、高級感のある大吟醸が無難です。

<<日本酒をプレゼントする場合の注意点>>

生酒などの傷みやすい日本酒を宅急便などで贈る場合には、必ずクール便を使いましょう。きちんと冷蔵しないと劣化してしまうからです。

誕生日にワインをプレゼントする場合の選び方

誕生日プレゼントを贈る相手が、赤ワインか白ワインか、どちらが好きか分かる場合には、リカーショップの店員さんに選んでもらうのも1つの手です。

もしそれも分からない場合には、特別感を出すために、その人の誕生年のワイン(例えば1990年1月1日生まれの人なら、1990年物のワイン)をプレゼントすると喜ばれるでしょう。

誕生日に焼酎をプレゼントする場合の選び方

焼酎で一番重要なことは、好みの原材料が、芋・麦・米・黒糖のどれであるのかです。

それが分かっていれば、比較的有名な銘柄を選んでおけば無難。また、同じ原材料の焼酎でも、濃い味とサッパリ味のものを2本セット(900ml×2本)で選べば良いでしょう。

※本当に酒好きな方へ贈るのであれば、前述したようなハナタレや古酒などのアルコール度数が非常に高く、希少で珍しいものや、瓶や箱が変わっていて綺麗なものも、喜ばれると思います。

誕生日にウイスキーをプレゼントする場合の選び方

ウイスキーをプレゼントするなら、プレゼントする相手の好みを知っておきたいものです。

最低限、 バーボン、モルトウイスキー、ジャパニーズウイスキーの中でどれが好みかだけでも知っておく必要があります

バーボン好きであれば比較的選びやすいのですが、モルトウイスキー、もしくはジャパニーズウイスキー好きの方への誕生日プレゼントの場合には、銘柄の違いにかなりのこだわりがあると見ていいので、必ず好きな銘柄を下調べするべきです。

誕生日にブランデーをプレゼントする場合の選び方

有名なものが多いので選びやすいはずです。また、高級なブランデー(バカラの容器に入ったブランデー)は、箱も豪華なので予算さえ合えばプレゼントしやすいものです。

但し、1つだけ要注意。それは、ウイスキーとブランデーを間違えてはいけないということ。

ウイスキーが好きな人にブランデーをプレゼントしたり、ブランデーが好きな人にウイスキーをプレゼントしたりしないようにしましょう。同じ茶色の液体だからといって、味は全く違います。