濃い酒が好きな人の誕生日パーティーでのお酒の選び方と飲み方

誕生日パーティーで、お酒が大好きな人を祝う場合もあるでしょう。

このお酒じゃないとダメという頑固者の誕生日は別ですが、様々なお酒が飲めて、酒に強い人の誕生日であれば、お酒を出す順番や酒の肴も決めておきたいものです。

今回は、そんな酒好きの誕生日を祝う場合の酒にまつわる話&酒の飲み方についてです。

※ちなみに、酒好きに酒を贈りたいなら、「酒飲みの誕生日にプレゼントしたいおすすめのお酒18選」をご覧ください。

誕生日パーティーのメインの酒を何にするか決めよう!

グルメにおいて肉料理(ステーキなど)がメインディッシュであるように、実は、酒好きにもその日のメインの酒というのが存在します。

そのため、誕生日を祝ってあげようとする人が、何系のお酒が好きなのかのリサーチが絶対必要です。

メインの酒の画像

ちなみに、我が家では、日本酒かワインのどちらかがメインのお酒です。そのため、その日のテーマとして、メインのお酒をワインにするか日本酒にするのかだけは決めておきます

なぜならば、ワインと日本酒の場合とでは、メインのおつまみが変わってきてしまうことが多いからです。

つまり、お酒にもメインという位置づけがあり、それが我が家では日本酒かワインかということになり、メインの料理によってお酒が、またはメインのお酒によって料理が、変わるのです。

誕生日でも誕生日でなくても、お酒を飲む順番は大事

基本的に、さっぱりした炭酸系のお酒からスタートして、だんだん濃い味に変えていくのがお酒を飲むポイントです。順番は以下の通り。

  1. シャンパン…スタートはシャンパンがベスト。誕生日パーティーなら、乾杯にピッタリなお酒です。
  2. ビール
  3. 日本酒…味のサッパリしたものから飲み始め、大吟醸などは最後に取っておきます。また濁りのあるタイプは、まずは濁る前の上澄みをそ~っと入れて飲んでから、混ぜた味も楽しみます。
  4. 焼酎
  5. ウイスキー

※その日のメインの酒がワインの場合、上記の3の辺りでワインを飲みます。日本酒も両方飲む場合には、先に日本酒を通常より少なめに飲み、ワインに移ります。

※ワインは、赤限定です。白を飲むくらいなら日本酒だけの方が無難です。

※ワインの場合には、赤でも少し冷やしておくと良いと思います。

酒好きな人の誕生日パーティーなら、お酒に合う料理とおつまみ選びは重要

酒を決めてから料理を決めても良いですし、料理を決めてから酒を決めても良いですが、私は以下の内容がお酒に合う料理やおつまみだと思います。

お酒に合うおすすめ料理

シャンパンやビールは、前菜から濃い味のものまでOKですが、 お刺身には絶対に日本酒を飲みたくなるものです。

サッパリ味から芳醇なタイプの日本酒が数本そろっているのであれば、 サッパリなお刺身、薄味の煮物、濃い味の炒め物、脂っこい揚げ物など幅広い味のおつまみにも合わせられ、日本酒だけでも十分に楽しると思います。

刺し身の画像

日本酒を一通り飲み終えてしまっても、まだ食事中であれば、焼酎をロックで飲みましょう。焼酎は味の主張が強いので、油ものの時にはよく合うと思います

体に氷が入るとクールダウンできるので、夏の暑い時期にも、冬に熱い鍋を囲む時にも焼酎のロックはうってつけ。

その鍋料理には、日本酒も焼酎もどちらもよく合いますが、お肉の種類や出汁の味によってメインに飲むものが変わります。※詳しくは以下をご覧ください。

  • 牛(昆布出汁)…日本酒、焼酎ともにOK
  • 豚(味噌味)… 焼酎メイン
  • 鶏(白濁・塩)…→日本酒メイン

チーズフォンデュには、必ず赤ワイン。その他、ハンバーグや、鉄板焼きでヒレの塊肉やニンニクなどを食べる時には、ワインを飲みましょう。

もちろん、飲んでばかりでも体が心配ですので、必ず、お水か炭酸水を作って飲むように心がけてください。

炭酸水の画像

我が家では、炭酸水ができる機械(GREEN HOUSEのツイスパソーダ)を使い、浄水器で浄水した水で、作り立ての炭酸水を飲んでいます。

炭酸水を作る機械はいろいろあり悩みましたが、水以外(ジュースや紅茶など)でも炭酸にできること、場所をとらないこと、カートリッジが購入し易いことなどの理由でこの機械に決めました。

さて、ここでご飯とお酒は終わりではありません。

最後の締めのご飯や麺類を食べた後には、ちょっと甘いデザートやバースデーケーキの出番です。そんな時には、やはりウイスキーが最適

つまみにはチーズ、ナッツはもちろんですが、甘いチョコやバター系などのお菓子でも合います。

我が家の定番は、焼きカマンベールチーズです。

簡単&おすすめのおつまみ

私がオススメするおつまみは以下の通りです。自宅で誕生日パーティーをする時に、実践してみてください。

焼きカマンベールチーズ

焼きカマンベールチーズを一口大に切り、チーズが乗る同じくらいの大きさ(厚さは5mm~1cm)に切ったパンに乗せて、オーブントースターでこんがりとろ~りと焼いて、お好みで黒コショウをふります。

お酒に合うおつまみなのはもちろんのこと、子供にも好評です。

万能おつまみ、銀杏

我が家では、銀杏割り用のペンチ、金鹿工具製作所のギンナンクンが大活躍。

[amazonjs asin=”B001TV3JS4″ locale=”JP” title=”金鹿工具製作所 ギンナンクン(ギンナン割)”]

ペンチで軽く割れ目を入れた銀杏を、適当な封筒(茶色でも白でも何でも可)に入れて、封筒のフタを2回程折り、電子レンジで温めます。

パンパンと3~4個はじける音がするまで熱したら完成。

お好みで塩をふったり、醤油を付けたりして食べます。ホクホクで美味しくて、お酒に合います

燻製たまご・チーズ

永谷園の燻製の素があれば、漬け込むだけで燻製風味が楽しめます。

[amazonjs asin=”B00URBM7FS” locale=”JP” title=”永谷園 わが家は名酒場 燻さずできる!燻製の素 98g”]

また、Panasonicのスモーク&ロースターけむらん亭は、燻製時に出るあのニオイと煙を脱臭・除煙するうえに、魚焼き器としても使用できるので、我が家で使っています。

[amazonjs asin=”B0118SY0V2″ locale=”JP” title=”Panasonic スモーク&ロースター けむらん亭 ブラウン NF-RT1000-T”]

お酒といっても飲み方はいろいろある!知っておきたいお酒の飲み方

お酒が好きな人は、とにかくお酒に関して新しい知識に飢えています。そのため、こんな飲み方を披露すると、喜んでくれるでしょう。

お酒にイチゴを混ぜて飲む

日本酒にイチゴをポトンと落とし、混ぜて飲むのもおすすめです。日本酒が苦手な人でも飲みやすいはず。

見た目も可愛らしく、時間がある時には前日からイチゴやブルーベリーとともに漬け込んでおくとフルーティなサングリアの完成です。

酔ってきたら、ボンベイ・サファイヤで気分転換してもいい

ボンベイ・サファイヤがドラマに出た時期には、売り切れ続出していましたが、今は普通に買えるので重宝します。

香りが高くアルコール度数が高めのジンなのでロックもお勧めですが、ソーダ水+生ライムを搾ったもの(グレープフルーツジュースなどでも)で飲むと良いと思います。

夏場にはもちろんぴったりですし、箸休め?ならず酒休め、で飲むことが多いです。気分転換になると思います。

バーで誕生日を祝うなら、「ジャック・ター」というカクテルを振る舞おう

横浜発祥のカクテル、ジャック・ター。最大の難関は、横浜以外では名称だけ知られていて、作れるお店が少ないということです。

最近では作れるお店も増えてきているらしく嬉しい限りですが、でもここで安心してはいけません。

自分好みのジャック・ターにしてもらうためには、必ずお酒の指定をしなければなりません。 「ダークラムはロンリコ151、サザンカンフォートは40度のもの、ライムはフレッシュライム、ジュースでシュガーシロップは入れないで」といった感じです。

クラッシュドアイスであれば最高です。

ダークラムはロンリコが無い場合も多いですが、他のものでもよいので151であることが肝心。

また、加糖されたコーディアルライムジュースの場合には、ロンリコ151を多めにしてもらいます。

つまり甘い味はアルコール度数で制する、です。 151があった時には、151コーク(コーラで割ったもの)もおすすめです。

アルコール度数が低い酒が嫌という酒好きも納得のゆず酒

甘くて度数の低いゆず酒は嫌!そこで見つけたのが、このゆず酒。

ベースが泡盛なので、酒飲みにも喜ばれる酒です。

こだわりの自家製の梅酒を伝授する

我が家では、梅がスーパーに並ぶ季節になると必ず、梅酒を作ります。

ポイントは、一般的なレシピの氷砂糖の量を半分にすること

※砂糖が少ないと痛みく、辛かったりするという話も聞くので、自己責任でお願いします。もちろん、我が家では駄目になったことは今のところありません。

使う酒の種類によって飲めるくらいに漬かる時期はまちまちですが、大抵は6ヶ月を過ぎた辺りから飲み始めています。

梅酒の画像

使用するお酒にも拘ります。スーパーに並んでいるお酒などは使用しません。梅酒のために、泡盛、ウイスキー、焼酎など2~3種類のお酒を使用します。

ちなみに、2015年はこの2つを使用して、梅酒を作りました。

<<久米島の久米仙 古酒 35度>>

<<瑞泉 青龍 泡盛 30度>>

それぞれに漬かっていく速さが違うことや、漬かって行くにつれ味が変化していくため、その過程での何種類もの味を楽しめます。自家製のお酒の作り方を教えれば喜ばれるでしょう。

※自家製の梅酒は、酒税法を守った上で作りましょう。

酒が好きならグラスにもこだわりたい!誕生日こそ高級グラスを使いたい!

我が家では、日本酒はおちょこでは飲まず、ワイングラスで飲みます

ワインと同じで、空気に触れることによって味が変わりやすい日本酒の特性を、逆に生かしながら楽しめるからです。また、ワイングラスの足を持つことにより手の温もりよる温度変化を防ぐこともできます。

ただし、グラスの大きさに合わせて日本酒を入れすぎると、味がすぐに拡散してしまうので、少しずつ入れて、本来の味を楽しむように注意しています。

これに氷を1個入れて飲むと、また違った味を楽しめ、日本酒が苦手な女性もイメージが変わることでしょう。

酒好きの人は、私のような少し違った飲み方や知識を欲しています。日本酒用に作られた特別なワイングラスも存在するので、誕生日プレゼントにグラスを贈り、その場で飲んでもらうというのも一興です。

また、バカラの高級グラスで飲むお酒も格別なので、バカラのグラスに注いだお酒を、酒が好きな人に振る舞っても良いでしょう。