カカリアの花言葉に秘められた片思いの異性向けの言葉

誕生日にカカリアの花を贈ったり、誕生日プレゼントにカカリアの花を添えようと考えているなら、「カカリアの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、カカリアの花言葉は1語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、カカリアの花言葉以外にも、カカリアの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、カカリアの花の色や花の品種、カカリアの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「カカリアの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

カカリアの花言葉について

カカリアの花言葉は、全部で1種類あります。

【1】カカリアの花言葉秘めた恋

カカリアの「秘めた恋」という花言葉は、特に片思いの状態で異性に対して使いたい言葉です。

少し消極的な感じを受ける花言葉ですが、好きな人に対してちょっとだけアピールしたい時に使うと良いかもしれません。

カカリア以外の花言葉を調べたい場合

カカリアの花言葉があなたの希望する意味ではない花言葉の場合、以下のリンクからカカリアの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

カカリアの花について詳しく知りたい!

カカリアとは、エミリア属という生物分類に属した植物です。※元々エミリア属はカカリア属と呼ばれていました。

カカリアの花

カカリアには複数の色の花がありますが、中でも紅色のカカリアの花の色は鮮やかです。鮮やかな色のため、花壇に使われたり、切り花に使われたりする花です。

誕生花としてのカカリア

カカリアは、以下の月日の誕生花です。誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のカカリア以外の誕生花を調べることができます。

カカリアの英語と名前の由来

カカリアを英語で表記するとTassel Flowerです。

カカリアの花は、管状の花が密集して咲きますが、その状態が房飾りのように見えるため、「房飾りの花」を英語にした「Tassel Flower」という英語になったのがカカリアの英語の由来です。

カカリアの和名は絵筆菊(エフデギク)です。

カカリアの花は、まるでその見た目が紅色の絵筆のような見た目なので、絵筆菊と呼ばれるようになりました。

カカリアの和名は、他には紅苦菜(ベニニガナ)という名称もあります。

紅苦菜という名称は、花の色が紅色で、苦菜の一種なので紅苦菜と呼ばれるようになったのが由来です。ここでの苦菜とは、ニガナを指すのではなく、チコリタンポポなど、苦い植物のことを苦菜と呼ぶ場合があることが起源になっています。

カカリアの花はどんな花?

カカリアの花は、小さな花が密集して咲きます。

花の色は、オレンジ色や赤色や黄色などです。 

カカリアの概要

名称カカリア
学名Emilia sagittata
和名紅苦菜(ベニニガナ)、絵筆菊(エフデギク)
その他の名前エミリア
科名キク科
属名エミリア属
分類草花
原産地中国南部、インド東部
丈(高さ)30cm~60cm程度
強い
弱い
栽培難易度やや初級者向け
開花時期5月~10月

※このカカリアの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする