花の色や品種によって変わるエリカの8つの花言葉

誕生日にエリカの花を贈ったり、誕生日プレゼントにエリカの花を添えようと考えているなら、「エリカの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、エリカの花言葉は8語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、エリカの花言葉以外にも、エリカの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、エリカの花の色や花の品種、エリカの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「エリカの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

エリカの花言葉

エリカの花言葉は、全部で8種類あります。花の色や品種によって花言葉が違いますので、注意しましょう。

【1】エリカの花言葉孤独
【2】エリカの花言葉寂しさ
【3】エリカの花言葉裏切り
【4】白色のエリカの花言葉幸せな愛
【5】紫色のエリカの花言葉閑静
【6】ジャノメエリカの花言葉幸運
【7】スズランエリカの花言葉幸せな愛
【8】エリカ・クリスマスパレードの花言葉博愛

花の色に関係ないエリカの花言葉

荒野とは、人も草木もないため、寂しいイメージがする場所です。そんな荒野で育つエリカに対して、「孤独」や「寂しさ」や「裏切り」という花言葉が付けられました。

エリカの一般的な花言葉は、どの言葉も一人ぼっちという状況を表しているため、誕生日に贈る言葉としては向いていません。そのため、エリカの花をプレゼントする場合は、花の色や品種で決まる花言葉を添えてプレゼントするのが鉄則です。

白色の花のエリカの花言葉

白色のエリカの画像 Byconiferconifer

白いエリカの花言葉は、「幸せな愛」という言葉です。

ヨーロッパでは、白色の花のエリカを見つけて、意中の異性に白色のエリカをプレゼントすると幸せになれるという言い伝えがあります。これが由来になり、「幸せな愛」という花言葉が生まれました。従って、あなたが好きな人に花言葉を贈りたい時に、ピッタリの言葉です。もちろん、新婚の夫婦に「これからの生活を幸せに送って欲しい」という願いを込めて贈っても良いでしょう。

紫色のエリカの花言葉

紫色のエリカの画像 ByMarco Lazzaroni

紫色のエリカの花言葉は、「閑静」です。

閑静とは、静かで落ち着いている様子を意味した言葉です。落ち着きのある人に贈る言葉として良いでしょう。

ジャノメエリカの花言葉

ジャノメエリカの画像 ByTANAKA Juuyoh (田中十洋)

ジャノメエリカの花言葉は、「幸運」です。

「幸運」という言葉は、花言葉として贈る時に非常に便利な言葉です。運が良い人はもちろんのこと、「幸運」を祈って花言葉を贈る場合など、どんな時にでも使える言葉だからです。

幸せの花として、「幸運」という花言葉を添えて贈りたいものです。

スズランエリカの花言葉

スズランエリカの画像

スズランエリカの花言葉は、「幸せな愛」です。

白い花のエリカと同じ花言葉。白い花のエリカは、ヨーロッパの言い伝えが由来なので、好きな人に贈るべき言葉ですが、スズランエリカの花言葉は、好きな人に贈っても良い言葉ですが、どちらかと言うと新婚さんに贈った方が良い花言葉です。

エリカ・クリスマスパレードの花言葉

エリカ・クリスマスパレードの画像

エリカ・クリスマスパレードの花言葉は、「博愛」という言葉す。

「博愛」とは、平等に愛するという意味の言葉です。性格に裏表がない人に是非とも贈って欲しい花言葉です。

エリカ以外の花言葉を調べたい場合

エリカの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからエリカの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

エリカという植物について

エリカという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

エリカ属という生物分類に属しているエリカ

エリカの画像 Bycatlovers

エリカとは、南アフリカ原産の植物です。全部で700程度の種類があり、大きく分けるとヨーロッパ原産のエリカと、南アフリカ原産のエリカがあります。ヨーロッパ原産か南アフリカ原産かによって、開花時期、花の形、大きさ、耐暑性、耐寒性などが異なります。

ちなみに、日本では40種類~50種類ほどのエリカが流通しています。

誕生日の花としてのエリカ

エリカは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてエリカの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、エリカ以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のエリカ以外の誕生花を調べてください。

エリカの英語と名前の由来

エリカの英語とその英語の由来、またエリカの和名とその和名の由来をご紹介致します。

エリカは英語でheath。その言葉の由来とは?

エリカは、荒れた大地に自生するツツジ科の低木です。主にイギリスやアイルランドの荒れ地のことを英語でheathと呼ぶため、heathという英語になりました。

エリカの和名は、エリカ。その言葉の由来とは?

エリカの学名、Ericaをそのまま日本語読みしたものが、エリカの和名になりました。ちなみに、エリカを学名で呼ぶのは日本だけです。

エリカの種類について

日本に40~50種類あるエリカの中で、有名な品種は以下の通りです。

ジャノメエリカ(蛇の目エリカ)

蛇の目エリカ(ジャノメエリカ)とは、日本で最もポピュラーなエリカの品種です。2m程の低木で、開花時期は11月~4月頃。ピンク色や薄紫色の花を咲かせます。花の中の花粉袋が、蛇の目に見えることから、蛇の目エリカ(ジャノメエリカ)という名前になりました。

エリカ・ウインターファイヤー

エリカ・ウインターファイヤーは、冬(12月~2月頃)に花を咲かせます。花は、まるで炎のような赤色。40cm~50cm程度の大きさのエリカです。

スズランエリカ(エリカ・フォルモサ)

鈴蘭の花に似ているエリカの一種です。開花時期は2月~5月頃。枝がたくさん分かれ、そこに白色の花をびっしりと咲かせます。大きさは60cm程度。暑さには弱く、少し栽培に手間がかかるエリカです。

エリカ・ダーレンシス

エリカ・ダーレンシスは、寒さにとても強い品種です。霜がおりていても、問題ありません。開花時期は2月~4月頃。花は、ピンク色や白色などの花を咲かせます。大きさは50cm~70cm程度。高温多湿に弱いので、夏場は注意が必要です。

エリカ・クリスマスパレード

エリカ・クリスマスパレードの花は、桃色をしています。クリスマス頃に花が咲き、茎から丈夫にかけてパレードの風景のように花を咲かせるという特徴があります。冬に花を咲かせますが、寒さに弱い品種です。

エリカの花の色や形や開花時期(季節)

エリカの花の画像 ByDerek Keats

エリカの花は、エリカの種類によって花の色が異なります。具体的には、赤色、ピンク色、白色、黄色、オレンジ色、紫色など様々な色の花を咲かせます。

花の形は、主に細長い見た目の花ですが、品種によって若干の違いがあります。そして、密集して咲く傾向があります。

エリカの開花時期は、品種によりますが、1月~6月と9月~12月にかけて様々。そのため、エリカの花の季節は、夏場以外と考えて問題ありません。また、10月~11月頃に咲く花は少ないのですが、晩秋に咲く花なので、10月~11月で花を探す時に重宝します。

エリカの概要

名称エリカ
学名Erica
和名エリカ
その他の名前ヒース、クリスマスパレード
科名ツツジ科
属名エリカ属
分類花木
原産地南アフリカ、北アフリカ、ヨーロッパ
丈(高さ)15cm~300cm程度(メインは20cm~80cm程度)
普通~強い(品種による)
普通~強い(品種による)
栽培難易度中級者向け
開花時期品種による

※このエリカの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする