日光江戸村で誕生日に普段とは違った祝い方を

日光といえばどこをイメージしますか?

恐らく、日光東照宮をイメージするでしょう。ただ、時代や風情を感じられるところは他にもあります。

そこは、日光江戸村と言い、ここも現代とは違う空気を感じれる場所です。一体どんなところなのか?

そんな日光江戸村へ、誕生日に連れて行ってあげるのも良いです。今回は日光江戸村に誕生日に行く場合についてご紹介させていただきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日光江戸村とはどんなところなのか?

日光江戸村の画像 Byscion_cho

日光江戸村は栃木県日光市にあるテーマパークです。鬼怒川温泉駅からタクシー、バス10分~15分、で今市ICから20分前後、冨士屋観光センター日光東照宮前からは無料送迎バスも出ており、鬼怒川温泉から近く、特に長期休み中は泊りがけで来ている観光客の方が多く訪れます。

パーク内は江戸時代の街並みをイメージして作られていて風情のある形になっています。

地獄寺と言われるお化け屋敷の様なお寺、巨大迷路、花魅が町中を歩く花魅道中、江戸時代の着物に着替えてパーク内を歩く、弓道体験、忍者の劇場やからす屋敷、侍の武芸や生活の体験など当時の文化を体験できることで大人から子供まで楽しめる施設となっています。食事もそば・うどんや肉料理など和食中心に揃っています。

江戸時代へタイムスリップ出来る気分になるコスプレを出来たり、日光江戸村の役者もたくさんいますよ。

営業時間は9時~17時、また冬季(12/1~9/19)は9時半から16時で、休館日は繁忙期を除く毎週水曜日。入場料金は手形と言われ、時間や大人(中学生以上)、子供、シルバーで変わります。公式ホームページの料金をご覧ください。

日光江戸村はオリジナルキャラクターがいます

日光江戸村にはにゃんまげというオリジナルのゆるキャラがいます。ゆるキャラの走りとも言われ古くからいます。

その名の通り、猫にちょんまげのヘアースタイルをしたゆるい感じのキャラクター。江戸時代の町並みにちゃっかり馴染んでいる所が小さな子供も喜びますし、シュールかも知れませんね。

日光江戸村は誕生日に行くとどうか?

日光江戸村は誕生日として連れて行ってあげるのはどうでしょうか?

日光江戸村は誕生日に問題なく行くことができます

日光江戸村では誕生日の方へのサービスなどはありませんが、誰かの誕生日に連れて行くのは問題ないでしょう。

京都太秦映画村のように普段とは違った違う時代の雰囲気を味わえるテーマパークとして観光目的で家族、友達、恋人問わず行くと良い思い出になることでしょう。

お土産やもたくさんあるので、誕生日プレゼントとし購入してあげましょう。

繁忙期は混雑、お食事屋もありますが、場所によっては完売する場合あるので、時期を調節するのも手です。周辺にはホテルもあるので宿泊して日光東照宮や華厳滝など周辺を回るのもいいですね。

日光江戸村の割引やクーポンなどは?

日光江戸村は割引がいくつかあります。公式サイトの割引手形をプリント、JAF会員の割引で7名まで、JTBのコンビニ割引、HISのクーポン提示で10%、クレジットカードのセゾンカードでも10%、神奈川県民共済「わかばカード」も割引対象。どれも割引額が高いので使用しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

Facebook like box
スポンサーリンク
スポンサーリンク