似顔絵を描いてプレゼントしよう

<描いてもらえると嬉しい似顔絵>
次は友達や家族にどんなプレゼントを用意しようと思っていますか。
絵を描くことが得意なら、本人の似顔絵をプレゼントすれば、喜んでもらうことができるでしょう。
似顔絵は他の人から見て自分がどう見えているかを確認することもできますし、自分の分身のような存在でもあります。
そんな似顔絵をプレゼントされる機会というのは、意外と少ないと思います。
ずっと大事に持っていてもらえるような似顔絵をプレゼントするポイントをまとめました。

【1.直接本人をモデルにする】

直接本人をモデルにするようなリアルな似顔絵も、絵が上手な人は是非挑戦してみてください。
モデルになってもらう場合は、どんな姿勢で描くかやどんな場所で描くかなども重視しなければなりません。
こういった細かいところまで、似顔絵をプレゼントする本人と打ち合わせして決めていく必要があります。
また、せっかくモデルになってもらうなら、髪型やファッションなども本人が一番好きなものにしてきてもらいましょう。
モデルになってもらうのは時間がかかるので、プレゼントする相手を疲れさせないように配慮しながら、似顔絵を描いていくと良いでしょう。

【2.写真を見ながら似顔絵を描く】

本人をモデルにした方がよりリアルな似顔絵を描くことができますが、サプライズで似顔絵をプレゼントしたいなら写真を見ながら似顔絵を描くこともお勧めです。
写真なら静止しているので似顔絵も描きやすいと思います。
たくさんの写真の中から一番本人らしい写真を探し、似顔絵を描いてみましょう。

【3.本人を可愛いキャラクター化した似顔絵】

似顔絵はリアルなものが本格的で喜ばれますが、リアルなものだけでなく可愛らしい本人に似ているキャラクターを描いても嬉しいものだと思います。
この場合は似顔絵をプレゼントする本人の特徴をよくつかみ、性格や好きなものなども含めた上で似顔絵を描き進めていくのが良いのではないでしょうか。
自分に似た可愛いキャラクターにプレゼントされる人もきっと喜ぶこと間違いありません。

<似顔絵をプレゼントする時は本格的なものを贈るのも、他のプレゼントに添えるのもお勧め>

似顔絵をプレゼントするなら本格的に描いて額に入れたり、少し小さなものを描いて写真立てなどに入れても素敵だと思います。
他にもプレゼントがあるなら一緒に添えるメッセージカードに描くのも良いでしょう。
是非、喜ばれるような似顔絵の贈り方をしてみてください。

シェアする