見た目より利用価値が多いことからつけられたホルトソウの花言葉

誕生日にホルトソウの花を贈ったり、誕生日プレゼントにホルトソウの花を添えようと考えているなら、「ホルトソウの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、ホルトソウの花言葉は1語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、ホルトソウの花言葉以外にも、ホルトソウの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、ホルトソウの花の色や花の品種、ホルトソウの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「ホルトソウの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

ホルトソウの花言葉

ホルトソウの花言葉は1種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

ホルトソウの花言葉は、贈るのには適さない意味があります。

【1】ホルトソウの花言葉見せかけ

ホルトソウは見た目に反して用いられることがあり、そこから「見せかけ」といった意味を持ちます。

ただ「見せかけ」は普通はあまり良い意味ではありませんので贈るのには向かない花といえるでしょう。

ホルトソウ以外の花言葉を調べたい場合

ホルトソウの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからホルトソウの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

ホルトソウという植物について

ホルトソウという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

トウダイグサ属という生物分類に属しているホルトソウ

ホルトソウの画像 ByRoberto Verzo(旧URLは、https://www.flickr.com/photos/verzo/)

ホルトソウは西南アジア原産のトウダイグサ科の植物です。

丈夫な草で柔らかい緑い色の小さな果実が出来ます。ホルトソウの種子をポルトガルから輸入されていたオリーブ油に見立てて偽っていたことがありました。これがホルトソウの名前の由来や花言葉の由来になっています。

ホルトソウの実で刀を磨いたり工業用油としても使われていたり、種を続随子(ぞくずいし)といって利尿剤として漢方に利用されていました。

※ホルトソウには毒があり、炎症を起こすので注意して下さい。

誕生日の花としてのホルトソウ

ホルトソウは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてホルトソウの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、ホルトソウ以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のホルトソウ以外の誕生花を調べてください。

ホルトソウの英語と名前の由来

ホルトソウの英語とその英語の由来、またホルトソウの和名とその和名の由来をご紹介致します。

ホルトソウは英語でCaper Spurge。その言葉の由来とは?

ホルトソウの和名は、ホルトソウ。その言葉の由来とは?

ホルトというのはポルトガルの略で、ポルトガルから伝わったためホルトソウとなりました。

ホルトソウの花の色や形や開花時期

5月~6月頃、葉と葉の間に小さな花を咲かせます。

ホルトソウの概要

名称ホルトソウ
学名Euphorbia lathyris
和名ホルトソウ
その他の名前クサホルト、続随子(ぞくずいし)
科名トウダイグサ科
属名トウダイグサ属
分類草花
原産地西南アジア
丈(高さ)50cm~70cm
強い
栽培難易度
開花時期5月~6月

※このホルトソウの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする