卒業や卒園、転勤に贈れる、別れや門出、再会、出発を表した花言葉

3月、4月は寒い冬が終わり暖かくなってきて気持ちも明るくなってきますが、卒業や就職、転勤と出会いと別れのシーズンでもあります。

一緒にまだまだいたいけれど、どうしても離れてしまわなければならない時もあります。

そんな時は悲しまず、相手を応援、「また会う日まで。」という意味を込めて意味にあった花を贈ってあげましょう。きっと相手には良き思い出として残ってくれます。

暫く会えない時や別れてしまう時に贈ってあげたい花言葉を持つ花10種類

卒業や就職などで離れ離れになってしまう時に贈ってあげたい代表的な花をご紹介しましょう。

ガーベラ

ガーベラの画像 Byliz west

前向きな意味が数多くあるガーベラですが、もちろん卒業などで離れてしまう相手に贈ることが出来ます。ガーベラの花言葉には「希望」「常に前進」とこれからの未来を明るく祝える意味があります。

花の色に関係ない意味を持つので、相手のイメージにあった花色や数色まとめて選ぶと良いです。

スイートピー

多数の色があり、歌としても有名なスイートピー。スイートピー全般の花言葉に意味には「門出」離れてしまうという「別離」という意味もありますが、この際は問題ない意味と言えます。

やはり、スイートピーと言えば赤いスイートピーが有名なので、赤色、または前向きなイメージや純潔さのイメージがある白色などもおすすめではないでしょうか。

紫苑

紫苑の画像 By F. D. Richards

薄い紫色の数cmの花をいくつか咲かせる紫苑には4つ花言葉の意味があり、離れてしまう場合にピッタリな意味を全て揃えています。切り花や鉢植えとして贈れます。

紫蘭

紫蘭の画像 ByTakashi Hososhima

紫色の花をいくつかつける紫蘭は開花時期も3月からと時期的にもちょうどよく、紫苑とも同色なので相性が良いです。単体として贈るなら例えば、他の意味から恋人と入学、就職で遠距離になってしまう場合に、鉢に植えて贈るのがベストです。

ハハコグサ

ハハコグサの花の画像 By영철 이

黄色く小さな粒みたいな形をつけるハハコグサは地味ですが、母から子へ贈っても良い花と言えます。名前の由来が母と子が寄り添うことに由来しているからです。

息子や娘が進学や就職で実家を離れてしまう場合、母から子へこのハハコグサを選んでも良いでしょうね。

勿忘草(わすれなぐさ)

ライトブルーやピンクの花をしている勿忘草には、名前の通りの意味がたくさんです。離れてしまう相手の関係に関わらず贈れます。男性の友人や恋人だとライトブルー、女性だったならばピンクを選ぶと良いですよ。

サネカズラ

サネカズラの花の画像

薄いクリーム色の花が咲く、サネカズラは実を実らせるので、花とのイメージから鉢植えにすると良いです。主張はしない見た目ですが、中々趣はありますよ。同性の友人向けと言えるかもしれません。

都忘れ

名前の通り和の見た目を感じさせてくれる都忘れは、薄い紫色をしています。「別れ」などは場合によってはマイナスな意味ですが、離れてしまう相手に贈るには「また会う日まで」とあるので問題ありません。

「短い恋」とあるので、例えば思いを打ち明けれなかったけど離れてしまう、好きな人へ贈るのも場合によってはアリかも知れません。くれぐれも恋人には贈らないように注意です。

サクララン

サクラランの画像 ByDonald Hobern

星の形が集まってボールのような花が咲く、サクラランには「人生の出発」「人生の門出」といった意味があり、出会いと別れ共に通じる意味があります。

観賞価値も高く、他の品種であるシャムサクラランにも「幸福の訪れ」とこちらでも贈れる意味があります。

矢車草

矢車草の花の画像 Bypeganum

白く小さな花を密集させて咲かせる矢車草ですが「出発」「幸福感」など離れてしまうけど良いことがあるように、と願っている相手に良いです。

以上が卒業や就職を機にしばらく会えない場合に贈ると良い代表的な花たちです。卒業式などの日に渡してあげるとよりいっそういいですし、メッセージカードを添えてあげると尚喜んでもらえるでしょう。

シェアする