レオマワールドは子供の誕生日に行くとよいところ

香川県には、子供を連れて家族で行くのに向いているレオマワールドという施設があります。

四国に住んでいる人や四国付近に住んでいるいる人以外には、あまり馴染みのない場所かもしれませんが、子供を連れていくと子供が楽しんでくれるであろう場所です。

今回は、レオマワールドという場所と子供の誕生日にレオマワールドに行くと良い理由をご紹介いたします。

レオマワールドとはどんな場所?

レオマワールドの画像 ByMartin Lewison

レオマワールドは、香川県丸亀市にあるアミューズメント施設。2004年にリニューアルされ、ニューレオマワールドに改称されました。

営業時間は原則10:00~21:00(時期によって変わる場合あり)。アクセスは岡山駅から1時間程(電車約30分+タクシー約30分)。神戸や広島からでも2時間程で行くことができます。

料金は、プール・乗り物・オリエンタルトリップ(園内の特定のエリア)の有無によって異なり、大人用で1,600円~4,900円します。

※余談ですが、「レジャーは 大西に 任せろ」といういう言葉の頭文字(「レジャーのレ」と「大西のオ」と「任せろのマ」)を取って、レオマワールドと呼ぶようになりました。

ニューレオマワールドのマップの画像 (出典)レオマリゾート/園内マップ

施設の特徴としては、何と言ってもレオマウォーターランドと呼ばれる流水プール。四国最大級なので、夏になると多くの人で賑わいます。

また、ジェットコースター(スペースシップ2056)をはじめとした遊園地もあったり、天然温泉に入れるホテルレオマの森などの宿泊施設も充実しています。

ごっこタウン(ごっこ遊びができる場所)、お化け屋敷、高さ約60mを舞うブランコ、バードフライヤーといった遊べる場所が数多くあるので、子供にとってみれば夢のような国です。

※レオマワールド時代には、歌手の松崎しげるが「めざせREOMA WORLD」というレオマワールドのテーマソングを歌っていました。

レオマワールドは子供の誕生日にうってつけの場所

レオマワールドは、子供が楽しめるアミューズメント施設です。

そのため、子供の誕生日に子供を連れて行くと良い場所だと思います。特に、温水プールを含めたプールのエリアが主なので、夏の時期に生まれた子と一緒に行くのがベスト。

ペティーバードやポーリーバードといったオリジナルキャラクターもいるので、子供も喜んでくれるに違いありません。

また、季節ごとにイルミネーションが違ったり、年末年始にはカウントダウンも行われているので12月生まれの子供を連れて行くのもアリだと思います。

記念撮影をいっぱいして、記念になるお土産を買ったりして、思い出に残る誕生日にすると良いでしょう。

レオマワールドで誕生日を祝うなら宿泊するのも良い

レオマワールドの画像 ByMartin Lewison

四国やその付近に住んでいるのであれば、日帰りでレオマワールドに行くのも悪くはありませんが、レオマワールドにはレオマの森と呼ばれるホテルがあります。

レオマの森では、バイキングやカニの食べ放題もあり、豪華な食事を満喫できます。また、コテージ形式の宿泊場所もあるので、普段とは違った特別な1日の演出にも向いています。

従って、スケジュールと金銭的に余裕があるなら、レオマワールドで宿泊して2dayパスポートを買うなどして2日間遊ぶと良いでしょう。

ちなみに、梅田(大阪)や三宮(兵庫)や岡山や広島からは格安でバスが出ているので、運転免許証がない人でも比較的行きやすいです。また、車で行く時はETCカード提示で入園料が500円割引になったり、コンビニでチケットを買うと割引になるといったサービスもあります。

機会があれば、割引も併用してお得に誕生日をお祝いしてあげると良いでしょう。