くら寿司で誕生日を祝ってあげましょう

回転寿司の歴史は1958年、大阪の元禄寿司が始まりとされており、回転寿司はもう日本では、誰もが経験したことがあるかと思います。

海外でも知られていて、 英語ではConveyor belt sushiやSushi go roundとも呼びます。

そんな馴染みが深くなった回転寿司で誕生日を過ごすのも悪くないでしょう。今回は回転寿司の大手の一つ、くら寿司で誕生日を祝う方法などを紹介したいと思います。

くら寿司とは?

くら寿司の画像 ByKeisuke Mutoh

くら寿司とは、回転寿司のチェーン店で、食品に添加物を一切使わないことから「無添くら寿司」とも呼びます。

店舗は、瀬戸、高針、仙台、渋谷、川口市鳩ヶ谷、岐阜、ららぽーとTOKYO-BAYなど、2015年現在全国に370店舗以上展開しています。

また、アメリカのカリフォルニア州、ロサンゼルスにも出店しており、海外でも高評価を受けています。

くら寿司のおすすめネタは、まぐろやサーモン、うなぎ、うに、もちろんネタの値段は、ほとんどが100円。定期的に蟹フェアなどのイベントも行われたりします。

またイベリコ豚丼や天丼、鰻丼、またパイナップルや特製のお茶といった、サイドメニューの豊富さもウリ。また、注文品はオーダーレーンで早く到着します。

そういったことから、ライバル店のスシローなどと比較されることもあるようです。

電話で注文をすると一部商品を除き、お持ち帰り(テイクアウト)できますし、予約や順番待ちはスマホのアプリやケータイ、イーパークから可能なため、混雑状況の確認や、待ち時間の回避ができます。

営業時間等は店舗によりことなりますので、確認をして下さい。

くら寿司で誕生日を祝おう

くら寿司で誕生日はどんな祝い方をすればベストなのでしょうか?

くら寿司は特に子供の誕生日にオススメ

くら寿司のゲームの画像 ByKeisuke Mutoh

くら寿司には漫画のキャラクターがいたり、人気アニメとコラボーレーション。

5皿で1度遊べるびっくらポンのゲームをして当たりが出るとガチャガチャがもらえ、マイメロなどのカプセル景品が当たったり、カードゲームもあったりと、たくさんの子供向けキャンペーンや、コンテンツで楽しませてくれるのが魅力的です。

この事からくら寿司は、小さなお子様の誕生日に連れて行ってあげるのが、ピッタリだと思います。

食事だけに留まらない楽しさを誕生日に味わえるはずです。

くら寿司は自分への誕生日にも祝える

くら寿司は回転寿司なので、入りやすいと思いますし、カウンター席もあるため、一人で回転寿司の利用もしやすいです。

このことから、誕生日に一人で気を使わずにお寿司をたくさん食べたい!なんて時に行ってみるのも良いかもしれません。

くら寿司の誕生日に祝う際に注意したいこと

くら寿司に限らず、誕生日にお寿司を食べる方に注意してほしい方がいます。

それは「妊婦」です。全てがダメなわけではありませんが、鯛やまぐろ、うなぎ、メバチ、カジキなどが挙げられます。

生魚には水銀など良くない成分が含まれていたりするためです。もし妊娠中の妻などの場合は少しだけにしておき、別の誕生日プレゼントを用意するようにしましょう。

くら寿司を誕生日にお得にする方法

くら寿司ではクーポンを手に入れ、不定期に配信されますが、誕生日に利用するとお得にできます。

ではその入手方法を紹介します。まず、携帯会員などのメール配信のクーポンと、アプリのクーポンがあります。メール配信の会員登録をすると不定期でクーポン番号が送られます。

スマホからはくら寿司のアプリをインストールして、イーパークに会員登録して、マイショップ登録するとOKです。

会員になると時期によっては、1皿88円というお買い得な値段になるときもあるので、誕生日に重なることを期待しておきましょう。

シェアする