商品券を誕生日プレゼントにしたい時こそ思いやりが大事

例えば手編みのセーターを誕生日にプレゼントされたら、気持ちが重すぎると感じる人もいるでしょう。

では逆に、「この誕生日プレゼントって気持ちがこもっていなくて軽すぎる」と感じるものは何でしょうか。

例えば、誕生日プレゼントが現金。実用的だけど気持ちがこもっていないと感じますね。では、現金に近い性質を持つ商品券が誕生日プレゼントだったらどうでしょう?

恐らく多くの人は、「現金も商品券もほとんど気持ちの軽さは変わらない、少しだけ商品券の方が気遣ってくれたかな。」と答えると思います。

確かに、商品券も現金もほとんど差はありません。しかし、気持ちがこもっていない誕生日プレゼントと言われる商品券でも、ほんの少しだけ工夫をすれば、贈る相手のためになる誕生日プレゼントに変身させることができます。

大事なのは、相手を想う心。誕生日にプレゼントする相手のことを考えた商品券の贈り方をご紹介します。

誕生日に商品券をプレゼントするメリットとデメリットとは?

まず最初に、誕生日プレゼントに商品券を贈る場合のメリットとデメリットを理解しましょう。

誕生日プレゼントが商品券であることのメリット

誕生日に商品券をプレゼントするメリットは、大きく分けると2つあります

1つは、商品券を要らないと思う人はほぼ存在しない点。もう1つは、その商品券を使って、誕生日を迎える本人が自分の欲しいものを買うことができるという点です。

我々は普段、誕生日プレゼントを選ぶ時、相手のことを考えて、相手が本当に欲しいと思っているであろう物をプレゼントします。しかし、相手が欲しい物を完璧に一致させることはかなり難しいことです。

かと言って、本人の口から欲しい物の情報を聞き出すというのも、何だか違うと感じる人もいることでしょう。仮に聞き出せたとしても、建前上の欲しい物で本当に欲しいものは人に言えない物だったりします。

例えば、本人が本当に欲しいものが、美少女系のパソコンゲームであれば他人に欲しいとは言わないでしょう。また、フィギュアの収集を他人に隠していれば、本当はフィギュアが欲しいという真実を教えてくれることはないでしょう。

しかし、商品券であれば、例えそのような趣味がある人でも、本人しか知り得ない物を本人が買うことができるのです。

誕生日プレゼントが商品券であることのデメリット

商品券をプレゼントする場合のデメリットとは、何でしょう。最大のデメリットは、前述の通り、気持ちがこもっていないプレゼントの代名詞である点です。他にも、体積が小さなプレゼントなので、渡した瞬間にプレゼントの中身がおおよそ分かってしまう点です。

商品券を誕生日プレゼントとして贈る場合、相手の趣味に合った商品券を選ぶという気遣いが重要!

上記のメリットとデメリットを見ると、誕生日プレゼントが商品券でも相手が気持ちがこもっていると感じれば、良いプレゼントと言えそうです。

では、どうすれば商品券をプレゼントしても、気持ちがこもっていると感じさせることができるのでしょうか?それは、数ある商品券の中から、相手に合った商品券を選ぶということです。

デパートでよく買い物する人に対しては、商品券の代名詞、全国百貨店共通商品券を誕生日にプレゼントするといい

あまり商品券を使わない人からすれば、商品券と聞くと「全国百貨店共通商品券」を思い浮かべるかもしれません。

全国百貨店共通商品券とは、高島屋東急百貨店三越など、誰もが知っている約400店舗のデパートで使える魅力的な商品券。買い物でお釣りも貰える便利な商品券なので、デパートに良く行く人へ誕生日プレゼントとして全国百貨店共通商品券を渡すのは良いものだと言えます。

プレゼントする相手の好みがあまり分からなければ、誕生日にギフトカードを贈るといい

クレジットカード会社が取り扱うJCBギフトカードや、VJAギフトカード(旧VISAギフトカード)などのギフトカードは、何と言っても使える店が多いため誕生日プレゼントに贈ると喜ばれやすいプレゼントです。

JCBギフトカードの画像 By Masaru Kamikura

JCBギフトカードが使える店舗数は100万店以上、VJAギフトカードが使える店舗数は50万店以上あります。

そのため、これらのギフトカードがあれば、ほぼ何でも買えるため、いまいち趣味が分からない相手の誕生日にプレゼントするのであれば、商品券の一種であるこれらのギフトカードをプレゼントすると良いでしょう。

ただし、お釣りが出ないという欠点があるため、ギフトカードをプレゼントするのであれば、高い方の¥5,000券ではなく、安い方の¥1,000券を多めにプレゼントするのが気遣いだと覚えておいて下さい

コンビニで買い物をする機会が多い人への誕生日プレゼントは、QUOカードがおすすめ

景品でもらう機会が多いQUOカード(クオカード)。QUOカードが使える店は、約5万店舗あります。JCBギフトカードに比べると見劣りしますが、何と言っても大手コンビニエンスストア全てで使うことができるのがQUOカードの特徴です。

QUOカードの画像

そのため、コンビニ好きの人にQUOカードを誕生日プレゼントとして渡すと喜んでくれます

額面も300円、500円、700円、1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円のものがあり、カードの柄も豊富にあるので、予算や柄に合わせてプレゼントすることが可能です。テレフォンカードのようにカード式で、中身が無くなるまで使えるのも魅力的です。

スマートフォンをよく使う人への誕生日プレゼントは、Google PlayギフトカードかiTunesカードがおすすめ

誕生日プレゼントと言えば、ついつい物を考えがちですが、電子データをプレゼントするというコンセプトで誕生日プレゼントを選ぶというのもありです。

例えば、スマートフォンでネイティブアプリなどのゲームをよくやる人は、ゲーム上で課金をすることがあるのですが、その課金で使えるのが、Google PlayギフトカードやiTunes Cardです。

プレゼントする相手のスマートフォンの機種のOSがAndroidであれば、Google Playギフトカード。iPhoneであれば、iTunes Cardをプレゼントします。より一層、スマートフォンを楽しめるようになるので、喜んでくれるはずです。

GooglePlayギフトカードの画像 By Clive Darra

飲食店に良く行く人への誕生日プレゼントにも、商品券は有効

普段よく行くような飲食店にも、その店独自の商品券があります。基本的に誰もが知っているような飲食店であれば、商品券が存在すると思った方が良いです。

普段、スターバックスコーヒーでコーヒーを飲む機会が多い人に対しては、スターバックスカードが有効です。「これで美味しいコーヒーでも飲んでね。」という一言を添えると、気持ちがこもっていることが伝わるでしょう。

また、マクドナルドに行くことが多い人に対しては、マックカードをプレゼントすると良いでしょう。「好きな時にマックポテト食べてくれよ。」と言った感じの言葉を添えると、良いと思います。

本や漫画が好きな人への誕生日プレゼントは、全国共通図書カードがいい

図書券だった時代を含めると、誰もが一度は使ったことがあるのが図書カードでしょう。

図書カードは、参考書を買う時にも、漫画本を買う時にも使える本のための商品券です。普段、お金をケチるために立ち読みしている本も、図書カードがあれば買おうとするかもしれません。

そんな本が好きな人への誕生日プレゼントなら、図書カードを選んで贈るのも良いと思います。

旅行が趣味の人の誕生日プレゼントは、旅行券もあり

知っている人はあまり多くないかもしれませんが、JTB旅行券などの旅行券と呼ばれる商品券が存在します。

例えば、毎月旅行に行く友人などにプレゼントするのは、悪くない選択です。旅行費用の足しにしてもらう感覚でプレゼントすると良いでしょう。

重くて誕生日プレゼントに渡しにくいものでも、商品券なら渡しやすい

例えば、食べ盛りの子供を抱え、家計のやり繰りに困っているママ友がいたとします。そんなママ友の誕生日に何をプレゼントしたら良いかというと、家計の足しになるものがママ友の悩みも解消できるのでベストでしょう。しかし、現金は渡しにくい。では、お米をプレゼントするのはどうかと考えると、重いので渡しにくい。

そんな時こそ商品券。商品券の一種に、以下のような「おこめ券」と呼ばれる商品券があるのです。

おこめ券なら嵩張らないため、誕生日にもプレゼントしやすく、「誕生日おめでとう。食べ盛りの子供達がいて大変でしょ。何にするか迷ったけど、家族を大事にできるプレゼントにしたよ。」と言った言い方で、おこめ券を渡せば、商品券は気持ちがこもっていないという感じを出さずにプレゼントすることができるのです。

おこめ券の画像

(C)全国米穀販売事業協同組合:「全国共通おこめ券5枚(5kg相当分)」の画像。

妻にお小遣いを減らされてしまって、毎晩晩酌に飲んでいたお酒の本数が減ってしまった可哀想な男友達がいる場合も、商品券を誕生日プレゼントとして渡すのには適しています。この場合、誕生日プレゼントに酒を贈りたいところですが、まとまった量では重いためプレゼントしにくいという欠点があります。

そんな時は、商品券の一種のビール券や清酒券を贈ると良いでしょう。「誕生日おめでとう。これ誕生日プレゼント。小遣い減らされて大変でしょ。どうするかは自由だけど、よかったら使ってな。」というように、商品券の一種であるビール券や清酒券を渡すと、気持ちが分かってくれていると喜ばれることでしょう。

商品券を誕生日にプレゼントする場合に、最も大事なこと

商品券を誕生日プレゼントに贈ろうとする上で、最も大事なことは贈る相手のことを考えて商品券を選び、一言言葉を添えることです。

コンビニが好きならQUOカード、本が好きなら図書カードといった具合に、相手の好みに近いジャンルの商品券をプレゼントするのが良いのです。もちろん、その際に、「誕生日おめでとう。好きな漫画本を選んでね。」と言ったように、一言添えると商品券をもらった相手も、考えてくれてるなという実感を得ることでしょう。

シェアする